« 「マチュピチュ、TPPで入場料半額…ペルー検討」の記事を読む | トップページ | 「奥日光、例年より早めの秋化粧…紅葉が見頃に」の記事を読む »

2015.10.17

「伊勢神宮125社で"神嘗祭"始まる 初穂を神にささげ感謝する」の記事を読む

 「伊勢神宮125社で"神嘗祭"始まる 初穂を神にささげ感謝する」という記事を読んだ。

 2015年10月15日、伊勢神宮125社で「神嘗祭」が始まったそうだ。
 国家繁栄、五穀豊穣などを願う「神嘗祭」は、今年の初穂を神にささげ感謝する祭りで、伊勢神宮で執り行われる年間1600余りの祭典の中で最も重要とされているという。
 約2000年前から台風の日でも風の日でも継続され、もともとは新穀が出そろう日本の風土に合わせた旧暦の9月17日を祭日として定めていたそうだ。

 祭典は内宮で15日17時から、無事に祭典が行われるようにと「興玉神祭」が行われ、続けて、神職が祭典奉仕をしてもいいかどうかを占う「御卜」を行う。
 外宮及び内宮で、22時から「由貴夕大御饌」、16日の深夜2時から「由貴朝大御饌」が執り行われ、その後も12時から「奉幣」、18時から「御神楽」が続くという。

  「由貴夕大御饌」「由貴朝大御饌」は、この上なく貴い「神様の食事」のことをいい、アワビや伊勢エビなど約30品目が並ぶそうだ。
 「奉幣」は勅使により天皇陛下からの幣帛を奉納することをいう。

 神嘗祭は、今月25日まで続くそうだ。
 一般人の我々が見ることはできないのだろうなと思った。ちょっと、残念である。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「マチュピチュ、TPPで入場料半額…ペルー検討」の記事を読む | トップページ | 「奥日光、例年より早めの秋化粧…紅葉が見頃に」の記事を読む »

*200802伊勢志摩のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/62495163

この記事へのトラックバック一覧です: 「伊勢神宮125社で"神嘗祭"始まる 初穂を神にささげ感謝する」の記事を読む:

« 「マチュピチュ、TPPで入場料半額…ペルー検討」の記事を読む | トップページ | 「奥日光、例年より早めの秋化粧…紅葉が見頃に」の記事を読む »