« 宿を予約する(鬼怒川) | トップページ | 「ギザの大ピラミッドで新たに2つの”空洞”発見、調査チーム」の記事を読む »

2016.10.18

「昭和の山岳夜行、再び…紅葉を見に行く”日光夜行”浅草発10月15・21・22日」の記事を読む

 「昭和の山岳夜行、再び…紅葉を見に行く”日光夜行”浅草発10月15・21・22日」という記事を読んだ。

 2016年10月15日、21日、22日の3日間、紅葉トップシーズンをむかえた日光に、浅草23時55分発、日光に早朝到着する夜行列車「日光夜行」が走るそうだ

 「日光夜行」は、北千住・新越谷・春日部に停車し、東武日光に2時16分に到着、朝日がのぼる6時ごろ前まで車内で過ごせるという。車両は東武特急「きりふり」「ゆのさと」などを担う300系で、6両のうち1両は女性専用車両設定になるそうだ。全席にブランケットとスリッパが付くという。

 浅草・北千住・新越谷・春日部の各乗車駅から、東武日光駅までの往復割引運賃と、往路の特急料金、東武日光~湯元温泉間のバス往復運賃をセットにし、東武トップツアーズ各支店で完全予約制で販売され、浅草駅発の場合は、大人7500円・こども4900円だそうだ。

 また、東武日光~湯元温泉間の往路のバスは「専用バス」で、東武日光駅前を4時に出発し、途中、中禅寺温泉、竜頭の滝、赤沼などに停車し、湯元温泉に5時15分頃に到着するという。
 復路は定期路線バスで、2日間有効。同一方向に限り何度でも乗り降りできるそうだ。

 ずっと前に日光に行った際、タクシーの運転手さんから、日光に泊まって朝一番にいろは坂を上り、午前中に降りてくれば渋滞に巻き込まれずに紅葉を楽しめると教えてもらったことを思いだした。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 宿を予約する(鬼怒川) | トップページ | 「ギザの大ピラミッドで新たに2つの”空洞”発見、調査チーム」の記事を読む »

*200706日光のその後」カテゴリの記事

*200906奥日光のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/64357914

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の山岳夜行、再び…紅葉を見に行く”日光夜行”浅草発10月15・21・22日」の記事を読む:

« 宿を予約する(鬼怒川) | トップページ | 「ギザの大ピラミッドで新たに2つの”空洞”発見、調査チーム」の記事を読む »