« スリランカ旅行記5日目 | トップページ | スリランカ旅行記6日目その1 »

2016.10.28

「熊野古道40キロを追加登録 ユネスコ世界遺産委」の記事を読む

 「熊野古道40キロを追加登録 ユネスコ世界遺産委」という記事を読んだ。

 2016年10月24日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は、熊野古道で知られる世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に、近年の調査で特定された参詣道約40kmを追加することを承認したそうだ。
 登録対象の参詣道は計約350kmに延びるという。

 追加されるのは熊野参詣道の中辺路と大辺路、高野参詣道のうち、和歌山県内に位置する22区間で、2004年に世界遺産になった後、草木に埋もれていた古道が新たに発掘されるなどしたことから、政府が1月に追加を申請していたものが認められた。
 構成資産の追加は「石見銀山遺跡」(島根県)に続き国内で2例目だそうだ。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« スリランカ旅行記5日目 | トップページ | スリランカ旅行記6日目その1 »

*200604熊野古道のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/64412600

この記事へのトラックバック一覧です: 「熊野古道40キロを追加登録 ユネスコ世界遺産委」の記事を読む:

« スリランカ旅行記5日目 | トップページ | スリランカ旅行記6日目その1 »