« 京都旅行記(2016)2日目その1 | トップページ | 京都旅行記(2016)2日目その2 »

2016.12.23

「永平寺が唐門を初の一般開放」の記事を読む

 「永平寺が唐門を初の一般開放」という記事を読んだ。

 2016年12月31日の夜、曹洞宗大本山永平寺は、唐門を一般の初詣客に開放するそうだ。
 唐門が一般開放されるのは鎌倉時代の開山以来初めてだという。

 唐門の一般開放時間は12月31日23時から2017年1月1日3時までの4時間で、唐門を通り抜け、山門で参拝することができるそうだ。
 また、唐門の開放前の31日20時から唐門隣の圓通門も開放されるという。
 元日の6時から17時までは、圓通門のみが解放される。
 通用門から入る通常の拝観は31日16時半までと2017年1月2日8時以降になる。
 この辺りのルールがちょっと複雑だ。

 また山門や唐門がライトアップされるそうだ。

 えちぜん鉄道の永平寺初詣ツアーは、12月31日22時50分までに永平寺口駅に集合し、バスで移動するというものだそうあ。募集人員は45人で参加費は大人2500円。26日17時半まで受付だそうだ。
 車を持っていない私には朗報である。
 来年以降の予定は未定だそうだし、もう少し早く知っていたら永平寺に初詣プランも考えたのになぁと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 京都旅行記(2016)2日目その1 | トップページ | 京都旅行記(2016)2日目その2 »

*201002永平寺のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/64665528

この記事へのトラックバック一覧です: 「永平寺が唐門を初の一般開放」の記事を読む:

« 京都旅行記(2016)2日目その1 | トップページ | 京都旅行記(2016)2日目その2 »