« 「古代の岩窟墓発見 鮮やかな壁画も、早大調査隊」の記事を読む | トップページ | 宿を予約する(京都) »

2017.02.04

「日光東照宮 節分祭にぎわう みこが鬼を鎮める舞も披露」の記事を読む

 「日光東照宮 節分祭にぎわう みこが鬼を鎮める舞も披露」という記事を読んだ。

 2017年2月3日、厄よけのための節分祭が日光市山内の日光東照宮で開かれたそうだ。五重塔の前に設けられた舞台から豆や菓子がまかれ、多くの参拝者でにぎわったという。

 日光東照宮での節分祭は、儀式としては江戸時代から続いており、豆まきの前に、四人のみこが舞台で舞を披露。サカキの木と鈴の付いた短刀を持ち、太鼓の音に合わせて振りながら鬼を鎮めたそうだ。弓の弦を鳴らして災難を防ぐ神事も行われたという。

 その後、祈祷をした年男や年女が舞台に上がり、豆や菓子を投げたそうで、豆が入った袋の中には当たりもあり、それを取った人は節分祭が終わった後、和菓子などと交換していたという。

 人混みは苦手だけれど、こういうお祭のときに出かけるのも楽しそうだなと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「古代の岩窟墓発見 鮮やかな壁画も、早大調査隊」の記事を読む | トップページ | 宿を予約する(京都) »

*200706日光のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/64849700

この記事へのトラックバック一覧です: 「日光東照宮 節分祭にぎわう みこが鬼を鎮める舞も披露」の記事を読む:

« 「古代の岩窟墓発見 鮮やかな壁画も、早大調査隊」の記事を読む | トップページ | 宿を予約する(京都) »