« 「日光・鬼怒川沿いにSL列車=東武鉄道、58年ぶり-栃木」の記事を読む | トップページ | 行きの足を確保する(奥日光 »

2017.08.20

「海行くキリコ継承に助っ人 穴水の大漁祭りに学生43人」の記事を読む

 「日光・鬼怒川沿いにSL列車=東武鉄道、58年ぶり-栃木」という記事を読んだ。

 2017年8月15日、石川県穴水町沖波の諏訪神社の大漁祭りが行われ、キリコ5基が海で豪快に乱舞したそうだ。
 少子高齢化で祭りの存続が危ぶまれる中、昨年度に続くインターンシップ事業で県内の大学生43人がキリコを担ぎ、地元住民からは伝統継承の若き「助っ人」を歓迎する声が上がっているという。

 祭りのインターンシップ事業では、県と奥能登4市町、金大、金沢星稜大などで構成する能登キャンパス構想推進協議会が担い手不足の解消を目指して実施しているそうだ。
 大漁祭りのキリコは高さ約7m、重さ約1.5tあり、水を含むとさらに重みが増し、1基を40人ほどで担ぐ。沖波地区は人口約260人で、65歳以上が6割近くを占める。道本巌夫区長は「学生の参加がなければ、キリコを5基全て出すことはできなかった。協力は非常にありがたい」と感謝しているという。

 こうして地域のお祭が続いて行くのはやっぱりいいことだよなと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「日光・鬼怒川沿いにSL列車=東武鉄道、58年ぶり-栃木」の記事を読む | トップページ | 行きの足を確保する(奥日光 »

*201508能登のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/65686834

この記事へのトラックバック一覧です: 「海行くキリコ継承に助っ人 穴水の大漁祭りに学生43人」の記事を読む:

« 「日光・鬼怒川沿いにSL列車=東武鉄道、58年ぶり-栃木」の記事を読む | トップページ | 行きの足を確保する(奥日光 »