2018.11.25

赤倉温泉旅行に出発する

 今日(2018年11月25日)から1泊2日で母と赤倉温泉に行ってくる。

 

 赤倉温泉は母のリクエストで、どうやら雲海を見たいらしい。
 果たして見ることができるかどうか微妙なところだ。

 

 1日目に小布施に行って北斎展を見ようと計画したため、出発が早い。我が家最寄りのバス停から始発バスに乗る。
 ホテルに泊まってフレンチをいただいて、温泉でゆっくりしてこようと思う。
 結局、2日目の予定はまだ決まっていないけれど、何とかなるだろう。

 

 先週辺りからいきなり寒くなって、随分と「暖かい」支度をした持ち物リストは以下に。

続きを読む "赤倉温泉旅行に出発する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.19

旅行社からメールが届く(赤倉温泉)

 2018年11月25日から1泊2日の温泉旅行の宿は、私にしては珍しく旅行社のカウンターに出向いて、取ってもらった。
 大抵はネット予約をしているので、国内旅行でツアーでなく旅行社を利用するのは本当に久しぶりである。

 そうしたところ、出発の1週間前である2018年11月19日、旅行社から「出発が近づいて来ています」というメールが届いて驚いた。
 こんなに至れり尽くせりだったとは! という感じである。

 そのメールには、何故かチェックイン時間ではなくチェックアウト時間が明記されていて、不思議だなぁと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.13

帰りの足を確保する(赤倉温泉)

 赤倉温泉旅行で、行きの長野までの新感線指定席はえきねっとで確保した。
 帰りの長野からの新感線は、時間も読めないことだし、できれば北陸新幹線のかがやきに乗ってみたいなぁという気持ちもあり、2018年11月13日、金券ショップで回数券を購入した。

 何時頃に帰ることになるか、お天気次第・気分次第のところがあるので、当日に指定席を押さえようと思っている。
 長野から新感線で帰る前に、信濃美術館の東山魁夷館に行きたいと思って調べたら、そもそも改装中のため全面休館していた。残念である。

 母が11月29日から趣味のサークルのお仲間と箱根に行くそうなので、早めの帰宅にしようと思いつつ、2日目をどうするか考え中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.26

行きの足を確保する(赤倉温泉)

 今日(2018年10月26日)、東京ー長野間の新幹線指定席を確保した。

 赤倉温泉ってどうやって行くんだろうと思って調べたら、長野からしなの鉄道で妙高高原に行き、そこからホテルの送迎があるようだ。

 1日目に小布施に行って北斎展を見たいので、出発がどうしても早くなる。
 それなら少しでも家を出る時間が遅くてもいいようにと最初は「かがやき」を利用しようと思って確認したら、残念ながらえきねっと割引の設定がない。
 しかし、ここは経費節減を優先し、長野到着が少し早くなるけれど、えきねっとの10%割引を利用して「あさま」の指定席を確保した。

 帰りは何時になるかよく判らないので、当日に指定席を押さえればいいかしらと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.09

宿を予約する(赤倉温泉)

 ここのところ仕事があまりにもストレスフルなので、その進行等々はすべて無視して、2018年の自分の誕生日は休んでやろうと思っていた。
 休んだらやっぱり旅行でしょうと思って行き先を探し、母が珍しく「故宮博物院に行きたい」と言うので、母と二人の初海外を目論んだところ、実際に提案してみると「やっぱり国内でいいわ」と言う。

 11月の行き先として、赤倉温泉が浮かんだ。
 こちらも前々から母が「行きたい」と言っていた場所である。雲海が見たいらしい。

 雲海のベストシーズンについて色々な情報があって結局よく判らなかったので、運を天に任せることにする。
 「誕生日」というよりは「誕生日近く」の旅行になったけれど、2018年10月5日、宿を予約した。
 簡単に予約が取れたから、逆に、雲海の時期ではないのかも、と若干不安に思ったりしている。

 調べてみたら、小布施で北斎の企画展がやっているので、そちらにも立ち寄ろうかと母に尋ねたところ、「北斎展にぜひ行きたい」と言う。
 合わせて、事前予約が必要なホテルの夕食について、フレンチと和食とグリルだったら何が食べたいかと聞くと、「夕食はフレンチがいい」と言う。
 70代なのに、和食ではなくてフレンチを選ぶとは、健康な胃袋で何よりだ。私の胃袋よりもよっぽど健康である。

 10月9日、もう一度旅行会社に行って夕食の予約を19時からフレンチでお願いした。
 JRとのセットプランにすると若干のお得を享受できるそうだけれど、その代わり指定の変更はできないということだったので、行き帰りの足は別に確保することに決め、宿代の支払いを済ませた。

 往路に小布施に行こうとするとほぼ電車は確定されるので、早めに予約をしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽