« 烏場山 山歩き旅行記の入口を作る | トップページ | 無事、帰宅する(大山) »

2019.05.19

湯の澤鉱泉旅行記2日目

2019年5月6日(月曜日)

 6時に目覚ましをかけ、起きてすぐ元気に朝風呂に行った。
 昨夜と同じ、檜風呂の方だ。
 今回もまた他のお客さんはいらっしゃらず、貸し切りでゆっくりと汗を流した。気持ち良い。

20190506_075447 電車の時間に間に合うように駅までの送りをお願いしたところ、9時20分出発と言われていた。
 そのためか、8時からの予定が、7時45分くらいにはお部屋に「朝食の準備ができました」の電話があった。有難い。
 お食事処に行くと、昨日と同じ席に朝食が用意されていた。
 やっぱり、納豆は定番だなぁと思う。
 ぺろりと平らげた。

 朝食後は、精算したり、荷造りしたり、朝ドラ見たり、おやつをいただいたりしつつまったりし、9時15分にはチェックアウトした。
 駅まで送っていただく車を待つ間、女将さんが宿の前で記念写真を撮ってくださった。嬉しい。

20190506_094817

 9時半頃に山方宿の駅に到着した。
 切符を窓口で購入する。SUICAは使えず、確か、切符の自動販売機もなかったように思う。
 駅に置かれていたスタンプを押してみたら、潰れてしまって何のスタンプだか全然判らなかった。残念である。

 駅からももちろんだし、水戸までの車窓からも、野生っぽい藤の花をたくさん見ることができた。
 9時49分発の電車に乗って、何とか座る席は確保できた。
 高校生くらいの若者が多い、ような気がする。GW最終日だし、近場で友達と遊ぼうといった雰囲気である。

 11時前に水戸駅に到着し、コインロッカーに荷物を預けたり、帰りの特急の指定席を購入(というか、指定)を行ったりしてから、11時21分発のバスに乗って偕楽園に向かった。
 車窓からはひたすら道の左右を見て「お昼ごはんを食べられそうなお店」を探す。水戸は、駅前よりも京成百貨店がある辺りの方が繁華街っぽい。それでも、今日はお休みのお店が多いようだ。

20190506_113901  バスの終点で降りると、目の前に常磐神社の階段があった。
 お参りして御朱印をいただこうと、ゆっくり登り始める。
 今日の天気は曇りかと思えば、意外と日差しがあって暑いくらいだ。
 常磐神社は(後で知ったところでは)水戸光圀と徳川斉昭をお祭りした神社だそうだ。境内の資料館には、水戸光圀の木像もあるらしい。

20190506_123937  常磐神社のお隣が、目的である偕楽園だった。
 東門から入る。入園料無料だとここで初めて知った。太っ腹である。
 すぐ横にある偕楽園駅も梅の時期にしか使われないし、偕楽園に行って判ったことは「やっぱり偕楽園は梅の花の時期にくるべきだ」ということだった。当たり前である。
 ちなみに、6月初旬には梅の実の収穫が行われるそうで、そちらはちょっと興味がある。

 とは言いつつ、藤棚があったり、たんぽぽが咲いていたり(「たんぽぽだ〜!」と言っていたら、通りかかった歩ランティアガイドの方に「たんぽぽで騒いでいるんじゃあ、都会の人だね」と言われたり)、ツツジが咲いていたり、大きな桜の木があったり、千波湖を見下ろせたり、(行かなかったけれども)好文亭という徳川斉昭が設計したと言われる建物が残っていたり、気持ちのいい場所だった。

20190506_124038 20190506_120632

20190506_120533 20190506_121527

20190506_122240 20190506_123705

 偕楽園の周辺にはバス停がいくつかあって、かつ、バス会社も2系統ある。
 どこのバス停がどのバス会社のバスのものなのか、今ひとつ観光客には判りにくい。
 それでも、何とかそれほど待たずに13時1分発のバスに乗り込み、水戸駅を目指した。

 偕楽園のベンチで柏餅のおやつを食べたとはいえ、そろそろお昼どきである。
 駅に到着する前、京成百貨店を過ぎた辺りでバスを降り、駅方向に歩きつつお昼ごはんを食べられそうなお店を探す。
 これが、なかなかない。
 GW最終日でもある月曜日、お休みしている飲食店が多いようだ。

20190506_135426 20190506_134700 かなり水戸駅近くまで歩き(腹ごなしにはちょうど良かったかも知れない)、みまつホテルの中にあるレストランに入った。
 これが(意外なことに言っては失礼かもしれないけれど)当たりで、サラダビュフェには、スープやカレー、温泉玉子もあって、得した気分である。
 私は石焼きハンバーグを頼み、お姉様方は中華メニューを頼んでいらした。
 ドリンクバーもあって、コーヒーをいただきながら14時頃、のんびり遅めのランチをいただいた。

 水戸駅には14時45分に戻った。
 お姉様方の特急は15時25分発の日立なので、40分一本勝負でお買い物である。
 エクセルみなみのワンフロアがお土産物専用っぽくなっていて、3人で突入だ。

 お姉様が納豆を買うならここと決めていらした天狗納豆はどうしても外せないらしい。
 マネして私も購入する。
 母へのお土産に幸田商店で干し芋を買っていたら、お二方も釣られたように購入していらした。

 お二方は、特急ひたちに乗るべく先にホームに向かった。
 私はもう少しだけ時間があったので、サザコーヒーでコーヒー豆を購入する。ニュージーランドで購入した豆が結構な勢いで減っていて、そろそろなくなりそうだったのでちょうど良い。
 GW最後の2日間の温泉旅行は、なかなか充実していた。

 湯の澤鉱泉旅行記1日目 <-

|

« 烏場山 山歩き旅行記の入口を作る | トップページ | 無事、帰宅する(大山) »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201905湯の澤鉱泉の始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 烏場山 山歩き旅行記の入口を作る | トップページ | 無事、帰宅する(大山) »