« 「その国の旅を終えて100の質問(カンボジア編)」に答える | トップページ | ニュージーランド旅行記6日目その3 »

2020.01.13

ニュージーランド旅行記6日目その2

2019年1月31日(木曜日)

20190131_11375520190131_112955 マッケイ滝を出発してしばらくは前後に歩いている人がいて、前になったり後ろになったりしながら歩いた。
 道は相変わらず細い。
 11時半過ぎに27マイルの標識を通過する。

 空は完全に晴れ渡り、結構な暑さである。
 景色の良いところに来て、グループで写真を撮っている方々がいらしたので、全員揃った写真のシャッターを切ったら、こちらの写真も撮ってくださった。
 有難い。

20190131_11541920190131_115434 片側は壁のような岩で、反対側から別の岩が突き出しているようになっているような箇所もある。
 細い。
 ついでに足下には木が倒れていて踏み越えなくてはならない。
 その踏み越えるところに滑り止めが施されていて、芸が細かいよ、至れり尽くせりだよと思う。

20190131_12055820190131_120522 12時過ぎにポセイドン・クリークにかかる吊り橋を渡る。
 マッケイ滝の先はずっとエイダ湖に沿って歩いており、エイダ湖に注ぎ込む(あるいはエイダ湖から流れ出る)川を何度か渡った、と思う。
 暑くなって大汗をかいているので、水辺は気持ち良い。

20190131_121914 どうも私は28マイル標識を見逃し、その昔はガイドさんが電話していたという「テレグラフ・ポイント」を見逃したらしい。
 今はないけれど(衛星電話を使っているのだと思う)、昔は、ミルフォード・トラックに沿って、スタート地点のグレイド桟橋から終点のミルフォードサウンドまで、電話線が敷かれていたそうだ。
 そして、テレグラフ・ポイントまで到達すると、ガイドさんはミルフォードサウンドに電話し、サンドフライポイントまで迎えの船を呼んでいたという。

20190131_123748 12時半前に29マイル標識を通過した。
 そこからすぐ木々の間から右手にエイダ湖が見えて来た。
 そして、道は徐々に上り勾配となり、崖を削ったような道になる。

 このロッキーカッティングは、ミルフォード・トラックで一番最後に開通した区間だという。崖を削らなくてはならなかったのだから、難工事であり大工事だったのだろう。
 アイルランド人の鉱夫たちにより、1898年に完成されたそうだ。
 ロッキーカッティングの上り始めのところに、その旨を書いたプレートがはめ込まれているらしいけれど、こちらも私は見逃してしまった。

 のんびりマイペースで歩いていたつもりが、時々、一心不乱に歩いてしまっていたようだ。
 「今日はずっと緩やかな下り」と思っていたので、時々現れる上り道がえらくきつく感じる。
 どこかで一緒になったかずあきさんに「登り坂が出てくると心が折れる」と言ったところ「それは言い得て妙だ」とえらく喜んでくれた。きっと同じように感じていたのだと思う。

20190131_124238 ロッキーカッティングを登り切ると、眼下にエイダ湖の一部と思われる砂州を見ることができた。
 こういう景色を見られると、少しばかり元気が出る。
 ロッキーカッティングを過ぎてからも、道は緩やかに上ったり下ったりしていたと思う。
 ずっと森の中を歩く感じだったので、先が全く見通せない。
 時々、前後になった方々が話す声が聞こえて来て、少しほっとしたり、焦ったりしたくらいである。

20190131_130857 アップダウンとは別に、時々「雨が降ったらここは川になるんだろうな」という溝が道を横切っていることがある。
 青空になって今日は雨は降らないよねというお天気になってからも、添乗員さんは「(歩いているときに)足首くらいは水没するかも」と言い続けていた。
 昨日が雨だったからということもあるし、実際に添乗員さんは腰まで水に浸かって歩いたこともあると言う。
 今回はラッキーで、深くてもトレッキングシューズの靴底より浅いくらいの水しかなかった。

20190131_132735 13時20分、ジャイアントゲート滝手前にあるランチシェルターに到着した。
 このランチシェルターの手前にあった筈の30マイルの標識を見逃したらしい。
 標識があるなぁ、何だろうと思って横道をのぞき込んだら、添乗員さんが東屋にいるのが見えた。
 雨の場合は、ここでランチ休憩になるそうで、お手洗いもある。
 この日はいいお天気だったので、お手洗いだけ済ませて、ジャイアントゲート滝が見える河原(湖の岸辺なのかも知れない)でお昼にしましょうと声をかけていただいた。

 ランチシェルターを出て、ジャイアントゲート・ブリッジを渡ると、ジャイアントゲート滝が見えた。
 河原(なのか湖岸なのか)に降りて、適当な倒木を椅子代わりにしてトレッキングシューズを脱ぐ。
 ザックから朝作ったサンドイッチを取り出して食べる。デザートはオレンジだ。
 お天気もいいし、滝のマイナスイオンも気持ちがいい。靴を履いていないのも気持ちがいい。
 ここではホットドリンクのサービスがないので、昨夜からペットボトルにティーバッグを入れて紅茶を作り、持参している。

20190131_134713 サンドイッチを食べ終わって一休みし、靴下も脱いで水に入ってみた。
 冷たい。
 ここで泳いでいる人もいたけれど、とんでもない。十分ビールくらいは冷やせそうな、キーンと冷えた水である。
 ずっと歩いて来た足をクールダウンさせるには気持ちいいけれど、足先だけでもずっと入っていられないし、ここで泳ぐなんてとんでもないという感じだ。

 パシャパシャやって気が済んだところで岸に戻り、元の倒木に座って足を乾かす。河原は土ではなく石なので、汚れは気にしなくていい。
 ここまで首に巻いてきた手ぬぐいで足を拭き、よれて気持ちが悪かった五本足の靴下も脱いでしまう。行程はあと2時間弱というところだし、上り下りもほぼないので問題ないだろう。
 新しい手ぬぐいを首に巻いて、出発準備完了である。
 ガイドさん4人のリーダーであるララちゃんと記念写真を撮ってもらい、14時に出発した。

20190131_142815 14時15分に31マイルの標識を通過し、コケとシダの森の中を歩いて行く。
 ランチ休憩を挟んだので、前後にツアーメンバーの方がいらしたり、人の気配があるのも、これはこれでいいものである。
 それでも、ペースを落とし、緑の中、緑と水の気配がたくさん含まれた空気を吸いながら、頭を空っぽにしてただ一人で歩く。

 14時45分に32マイルの標識を通過した。
 ここから先は、囚人たちが作った道が続き、道幅も広くなり、アップダウンはほぼなくなってひたすら平坦な道を歩くことになる。
 ますます、頭は空っぽだ。

20190131_15130020190131_145444 32マイル標識から少し歩いた道の真ん中に(推定)ウェカがいた。
 何人もでカメラを構えて写真を撮っても、ウェカの方は全くこちらを頓着していない。
 人に慣れているというより、人に危害を加えられるとは思ったこともない、という感じに見える。

 そんな寄り道をしても、歩きやすい道だからか順調に歩けてしまって寂しい。
 木々の間から、川(だと思う)が見えるなぁと思ったら、すぐその先に33マイルの標識があった。
 ゴール地点は33.5マイルなので、あと半マイルである。
 寂しい。
 でも、とりあえずゴール地点は何しろ「サンドフライポイント」なので、サンドフライに備えて虫除けスプレーをガンガン自分に吹き付けた。

20190131_15190220190131_151837 ゴールが近づくと、道幅も広がり、かなり歩きやすくなる。
 33マイルの標識からすぐのところにあった、キャンプ・オーブン・クリークという川にかかっている橋も、これまで渡ってきた橋に比べてその幅が大分広がっていた。

 ニュージーランド旅行記6日目その1 <- -> ニュージーランド旅行記6日目その3

|

« 「その国の旅を終えて100の質問(カンボジア編)」に答える | トップページ | ニュージーランド旅行記6日目その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201901ニュージーランドの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「その国の旅を終えて100の質問(カンボジア編)」に答える | トップページ | ニュージーランド旅行記6日目その3 »