« ニュージーランド旅行記6日目その3 | トップページ | ニュージーランド旅行記7日目その2 »

2020.01.19

ニュージーランド旅行記7日目その1

2019年2月1日(金曜日)

20190201_070900 6時半前に目が覚めたら、外は暴風雨だった。かなさんに教えてもらっていた天気予報のとおりである。
 6時45分にモーニングノックがあり、7時には朝食会場に行った。
 今日が最後のランチ作りで、疲れが出たのかだるいし、昨日はサンドイッチを残してしまったので控えめにしようと、ピーナツバターのサンドイッチとサラダにした。
 サラダ用にちゃんと(これまでも)簡単なタッパウエアのような容器が準備されている。

 お昼ごはんを作ったら、誰に言われていたのか忘れたけれど「バスの席を確保しておいて!」と言われていたので、けいこさんと一緒に進行方向左側の席に作ったばかりのサンドイッチを置いておいた。
 ここまで済ませてから朝食である。
 今日は歩かないし時間に若干の余裕があるので、少しホットミールもいただいた。
 朝食後、ロッジの売店でツアー中の飲み物代(つまりワイン代)をカードで支払った。

20190201_082413 マイターピークロッジのドライルームは、そもそも洗濯機で脱水をすることを前提にしてあるらしく、少しばかり非力で、昨夜様子を見に行ったらウールの厚手の靴下が乾いていなかった。停電がないのをいいことに今朝まで干しっぱなしにしておいた靴下を取り込むのを忘れてはいけない。
 バスに預けるザックには行き先の荷札を付ける。テ・アナウの町で降りる人や、空港に向かう人もいらっしゃるそうだ。我々はクィーンズタウンに戻る。
 遊覧飛行を兼ねてクィーンズタウンまでヘリコプターで戻るツアーは、今日は悪天候のために中止になったそうだ。

 マイターピークロッジ宛てに送った荷物が増えた分パンパンになったザックをバスに預ける。
 返されたザックの手入れをしていたかなさんに、ザックの保管やら洗濯やらについて教えてもらう。かなさんは今日のクルーズには同行しないそうで「この雨だったらもの凄い水量の滝を楽しめますから!」とおっしゃる。
 曰く「折角来たのだから楽しまなくちゃ損」とのこと。納得である。

 出発前のアドバイスに従ってマイターピークロッジ宛てに靴を送った方も、「この雨なので」という添乗員さんたちのアドバイスに従ってトレッキングシューズを履き、レインウエアを着ている。
 私も半袖Tシャツの上に長袖Tシャツを羽織り、スカートではなくパンツにして、レインウエアの上下を着込んだ。
 もっとも、船は滝に突っ込んだりするそうなので、天候に関わらずレインウエアは着ておく方が良い。

20190201_084947 バスは8時半にロッジを出発し、5分ほどでクルーズのターミナルに到着した。
 その間に、クルーズのチケットが配られた、と思う。
 ターミナルに到着する頃には、雨はだいぶ小降りになっていた。
 ターミナル辺りからも、山肌にいくつも太くて白い水の流れが見える。部屋の窓から見ていたときよりも迫力5倍増しだ。

20190201_09012920190201_090316-2

 ミルフォード・サウンドのクルーズ船は9時に出航した。
 もちろん、甲板に出る。
 雨はほとんど降っていないものの、風が凄くて吹き飛ばされそうになる。
 かなさんの予告どおり、ロッジからも見えたボーエン滝の水量がもの凄い。落差は160mだそうだ
 水しぶきで水面は全く見えないくらいだ。
 山肌を落ちる滝も、雨が降って初めて現れるものが多いという。

20190201_09040920190201_091542

20190201_09212020190201_092652

20190201_09294620190201_093151

 そういえば、「滝に突っ込む」と言っていたけれど、本当に(流石に滝行までは行かないものの)突っ込んでいた。
 船は横から滝に近づいて行って、舳先が滝の真下に来るような位置で停まる。
 もちろん、我々はその舳先に集まって滝を見上げ、水しぶきを浴び、記念写真を撮りまくる。
 ここまで来ると、いっそ爽快である。

20190201_09344620190201_093731

 滝の水しぶきを浴びまくった9時半過ぎ、船の進行方向に青空が見え始めた。
 朝の暴風雨を思えば青い空が奇跡的に思えて来る。
 振り返ってみると、青空は見えないものの、何となく雲も高く明るくなってきているように感じられる。

20190201_09554420190201_095303

 とにかく、滝である。
 ひたすら、滝である。
 ミルフォード・サウンドクルーズのポイントかつ見どころは無数の滝である。
 添乗員さんから「イルカや鯨が見られるかも」という話があったので、時々、海面を見たりもしていたものの、やっぱり、滝である。
 イルカや鯨には会えなかったけれど、クルーズも後半に入った10時頃、オットセイに会うことができた。
 のんびりひなたぼっこをしているように見えて羨ましい。

20190201_10050620190201_100558

 オットセイからすぐ、落差146mのスターリング滝にも船は突っ込んで行った。
 確か、船内放送とか注意喚起とかはなかった記憶である(私が英語を「情報」として受け取っていなかった可能性もかなり高い)。
 恐らく水量が多すぎて、いつもより滝との距離を取っていたのだと思う。
 それでもかなりの風圧を感じた。水圧ではなく風圧である。
 滝から押し寄せてくる風と水しぶきがもの凄い。
 写真に写っている外国人の方々は平気そうにしているけれど、とんでもないという感じだ。船の手すりの陰に隠れたり、レインウエアのフードを目深に被ったりして防備していた。

20190201_100840 スターリング滝を離れた後、一気に青空が広がり、フィヨルドの景色、青空と緑と白い滝のコントラストをひたすら観賞する30分間になった。
 どなたかに「今日のクルーズで、雨も曇りも晴れも全部の天気を体験したわね!(英語・推定)」と言われて、正しく! と思ったものだ。
 雨上がりの晴天は、ミルフォード・サウンドで最高のコンディションだと思う。残雪の白も輝いているように見える。

20190201_10184820190201_102118
20190201_10260620190201_102931

 ちょうど、船が湾に入り込むコースに差し掛かったところだったことも幸いし、フィヨルド戸青空と残雪と緑と幾筋もの山肌から落ちる滝と、最高の景色を楽しんだ。
 やっぱりツイている。

20190201_10373120190201_103811
 クルーズ船ターミナルからも見え、出発直後にも見ているボーエン滝まで戻って来たらクルーズもあと少しだ。
 ボーエン滝の水量は相変わらずもの凄くて、行きよりも近いところを通った帰りには、水しぶきでカメラのレンズがびしょびしょになった。
 これはこれでなかなか綺麗である。

20190201_103927 ロッジの名前にもなっているマイターピークは、この写真の右奥である。
 海面からいきなり立ち上がるように山が標高1682mまでそびえている。
 司教(マイター)が被る帽子の形からその名が付いたそうだ。
 10時45分、1時間半の予定を15分ばかりサービスしてもらい、ミルフォード・サウンドのクルーズ船は出発したターミナルに帰着した。

 ニュージーランド旅行記6日目その3 <- -> ニュージーランド旅行記7日目その2

|

« ニュージーランド旅行記6日目その3 | トップページ | ニュージーランド旅行記7日目その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201901ニュージーランドの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランド旅行記6日目その3 | トップページ | ニュージーランド旅行記7日目その2 »