« ニュージーランド旅行記8日目 | トップページ | ニュージーランド旅行記の入口を作る »

2020.01.26

ニュージーランド旅行記9日目

2019年2月3日(日曜日)

20190203_061618 5時15分に起床し、45分で荷造りを完成させて廊下にキャリーケースを出した。
 お部屋に用意されていたレモンジンジャーティを淹れて飲んでいるところに添乗員さんが朝のお弁当と、「旅の記録」を配達してくださった。有難い。
 集合時刻まで少しあったので、このままお部屋で朝ごはんをいただいた。ミニデニッシュ二つ、オレンジジュース、シリアルバー、アプリコットのヨーグルト、りんごというメニューである。

 6時45分にホテルを出発する頃、かずあきさんがわざわざ見送りにロビーまで出てきてくださった。朝早いところを申し訳ないが嬉しい。バスからも手を振ってお別れした。
 オークランドの空港は、チェックインも荷物預けも出国手続きも全て機械化されている。
 席を変更しようとして、何故か自動チェックイン機で跳ねられてしまう。ゲートで変更をお願いするしかなさそうである。
 ちなみに、行きに15.7kgだったキャリーケースは、帰りには18.1kgになっていた。

20190203_085019 全員が出国を済ませた7時50分に解散となった。搭乗開始まで2時間ある。
 少しだけお店を見て、あとはずっとラウンジで休憩していた。
 このラウンジがかなりゆったりした空間で、食べ物も飲み物も手の込んだものが用意されていて、かなり居心地が良い。
 帰りの便が30分ほど遅れたこともあり、ラウンジを満喫した。

 ぎりぎりでゲートに行ったら添乗員さんが待ち構えていて、席の変更を申し出てくれたところ、「もう無理だけど、空いた席に勝手に座っていいから」という答えが返ってきたそうだ。
 なかなかアバウトで好ましい。
 添乗員さんが付き合ってくれ、本当に最後の最後に搭乗し、3席並びで空いている席がちらほらあったので、彼女も私も無事に座席を確保することができた。感謝である。

20190203_102523 ニュージーランド航空の、機内安全設備等々を知らせるビデオがかなり楽しい。
 ラップ(だと思う)のリズムに乗せて次々と説明されていく。楽しすぎて、肝心の情報が頭に入って来ないのが難点といえば難点だ。
 ここぞという決めポーズが入ったところの写真を撮ろうとしたけれど、なかなか上手く撮れなかったのが残念である。
 最終的に1時間近く遅れ、10時40分にニュージーランド航空99便は離陸した。

*** ここから日本時間で表記 ***

20190203_184153 7時40分に機内食が出た。
 ニュージーランド時間だとお昼少し前という時間帯だけれども、朝食を食べ、ラウンジでも食べていたので、お腹はほとんど空いていない。
 白ワインをもらって、そのつまみ程度に食べたのみである。
 3席を占拠して横になったら、流石に2時間弱は眠ることができた。
 「検察側の罪人」と「恋は雨上がりのように」と、映画を2本見る。

 15時前に2回目の機内食が出た。
 写真を見るとスパークリングワインを頼んだらしいので、メインはチキンだったのかも知れない。
 ニュージーランド航空の機内食はかなり美味しい。とはいえ、動かずにずっと食べ続けているので、半分くらい食べることにした。

20190203_204214 16時50分に成田空港に到着した。
 到着の少し前、窓から見えた夕焼けがかなり綺麗だった。
 地上の池の水が夕日を反射しているのもいい。
 ターンテーブルの辺りで何となくみなさまとお別れの挨拶をし、荷物を空港宅配に預けてから帰路についた。

 9日目の歩数 7851歩

 ニュージーランド旅行記8日目 <-

|

« ニュージーランド旅行記8日目 | トップページ | ニュージーランド旅行記の入口を作る »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201901ニュージーランドの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランド旅行記8日目 | トップページ | ニュージーランド旅行記の入口を作る »