« プロフィール写真を変える(カンボジア) | トップページ | 「その国の旅を終えて100の質問(カンボジア編)」に答える »

2020.01.11

ニュージーランド旅行記6日目その1

2019年1月31日(木曜日)

20190131_062522-220190131_061545_20200112200201 この日は、ミルフォード・トラックを歩き始めて一番よく眠れたと思う。それでも、連続した睡眠は3時間くらいだったろうか。
 昨夜に同室となった添乗員さんと打ち合わせた通り、5時45分に起床した。まだ電気は通じていないので、懐中電灯の光で支度を始める。

 6時過ぎに朝食会場に行ったら一番乗りだった、と思う。
 早速、サンドイッチを作り始める。昨日食べて気に入ったバジルペーストを塗ったハムと玉子とピクルスに野菜のサンドイッチと、イチゴジャムのサンドイッチを作り、昨日食べそびれてしまったチョコマフィンを一ついただく。

 今日は今までで一番歩く距離が長く22kmの行程である。
 そして、午前中に1回、温かい飲み物をいただける休憩が入り、その後、またしばらく歩いてランチ休憩の予定だ。
 ランチも2回に分けて食べるように用意しておくと良いというアドバイスがあり、マフィンは1回目の休憩用、サンドイッチはランチ用の心づもりだ。

 ホットミールはもう少したってから出てくるので、私の朝食は今日もグラノーラにヨーグルト、ジュースとコーヒーである。
 7時前に食べ終わり、身支度をして7時20分頃から、恒例のラジオ体操に参加する。
 ツアーメンバーの面々もそろそろ疲れも出てきているのか、参加していたのは2/3ほどだ。

20190131_073502 この日はにわか雨の予報がでており、空を見上げると低くて暗めの雲に覆われている。
 半袖Tシャツの上にレインジャケットを羽織り、スポーツタイツにヤマスカート、念のためにゲイターを付け、長距離に備えて出発時点からストックを使うことにする。
 雨はまだ降っていなかったので、ザックにレインカバーは付けない。
 ツアーメンバーのみなさんも、上下ばっちりレインウエアを着込んでいる方がほとんどだったと思う。
 7時半に出発した。

20190131_075112 歩き始めてしばらくは、川沿いの道を進む。
 割とすぐに暑くなってきて、羽織っていたレインジャケットを脱いだ、と思う。
 レインジャケットのポケットに入れていたお水のペットボトルやカメラをウエストポーチに移し、ザックに入れていたウエストポーチを取り出して装着する。
 8時5分前くらいに21マイル地点を通過した。

20190131_08343222 私の歩くのがトロいものだから、あっという間に一人歩きになる。
 この日の前半は、女の子3人と男の子一人という若干不思議な4人の若者たちと前になったり後になったりしながら歩いていた。
 もちろん、彼らのペースが遅い訳ではなく、彼らはしょっちゅう写真撮影のために止まっていたので、結果としてほぼ私と同じペースになったというだけである。
 8時35分に22マイル地点を通過した。

20190131_084306 ボードウォークのような箇所も通過しつつ、のんびり歩く。
 4日目の今日歩くアーサー渓谷は、ミルフォード・トラックの中でも特に雨が多いらしい。それで、こんなボードウォークが用意されているのかも知れないと思う。
 そういえば、クィーンズタウンで会った日本人の方も、「最終日に天気が悪くて大変だった」とおっしゃっていた。
 それでも雨は降っていないし、道もほぼ平坦(という割にアップダウンはそこそこあって、平らな道をひたすら歩くと思っていた私はそのたびに疲弊していた)だし、写真を撮る余裕がこの日はあったらしい。

 8時45分過ぎに、ダンプリング・ハットに到着した。
 本日最初のトイレ休憩ポイントである。
 ついでに、ウールの靴下の中に履いていた五本指の靴下が撚れて気持ち悪かったのでトレッキングシューズを脱ぎ、靴下をはき直した。

 そんなことをしていたせいか、お手洗いに行って戻って来たら、ちょうど最後尾を歩いていたララちゃんが到着したところで、道の真ん中に自分のザックを置いて「ここが最後尾」の目印にしていた。
 あららと思い、9時にダンプリング・ハットを出発したときに、(私にしてはということだけれど)少しペースアップを心がけた。
 実際のところ、添乗員さんの旅日記をみると、ツアーメンバーのトップは8時25分にダンプリング・ハットを通過している。ほぼ同時スタートなのに30分以上遅れているのだから心配するのも当然だ。この後、添乗員さんが一緒に歩いてくれたのも納得である。申し訳ない。

 それなのに、こんな写真を撮ってもらったりしているのだから、我ながら反省が足りない。
 でも、実は拡大するとブレているにも関わらず、この写真がミルフォード・トラックで一番気に入った写真になった。有難い。
 この辺りはシダも多くて、屋久島に似てるなぁと思う。

20190131_094139 9時35分くらいに24マイルの標識を通過して少し、青空が覗いていることに気がついた。
 これまでかかっていたのは雲というよりも靄だったのかも知れない。気温が上がるにつれて、晴れてきたようだ。
 ここまではほぼ森の中を歩いて来たけれど、いきなり荒涼とした場所に出て驚いた。
 この間に合わせの通路の感じといい、崖下に広がっていることといい、雪崩とか土砂崩れとかの跡なのじゃないかと思う。
 今から崩れてくることはないよね? と思いながら、少し足早に通り抜けた。

20190131_101654 荒涼とした風景が広がっていたのはほんの少しの間だけで、またトラックは森の中に戻った。
 湿っぽい森の中に日の光が届いて、何とも気持ちがいい。
 25マイル標識を10時5分に通過する。この辺りは確かほとんどアップダウンもなかったし、結構いいペースで歩いていたようだ。
 昨日は最後尾をトロトロ歩いていたので自動的に一人歩きになったけれど、今日は 足を痛めてしまった方がゆっくりペースで歩いていらしたので、一人歩きをキープしようとすると微妙な速度調整が必要になる。

20190131_101852 森を抜けると前後に山が見える開けた場所に出た。
 添乗員さんが待ってくださっていて、どうやらツアーメンバーの通過を確認しつつ、記念写真を撮ってくださっていたらしい。
 そこから少し歩くと、ホットドリンクをいただける休憩ポイントだと教えてもらい、そういえば少しお腹が減ったなぁと足を早めた。

 足を早めたところで、こちらに向けて歩いてくるツアーメンバーの方に行き会った。
 「どうしたんですか?」と尋ねたら、この先のボート・シェッドで休憩し、先に進むのだとおっしゃる。
 何だかおかしいですねと、ボート・シェッドまで戻ってガイドさんに聞いたら、ボート・シェッドを通り越して行くべきところを逆に来てしまったらしい。
 それほどの距離を歩く前に気がついて良かった。

20190131_103456 ボート・シェッドは、昔、川を船で渡っていたときに使っていた、いわば「待合小屋」である。
 ガイドさんからコーヒーをもらい、外にでて適当な石をテーブルと椅子にして休憩した。朝、ロッジでもらてきたチョコマフィンの甘さがしみわたる。
 辺りには、オレンジのユリのような花も咲いていて、気持ちが良い。
 ザックもその辺に転がして、汗を吸っているだろう背面を乾かす。

 ところで、川にかかる吊り橋を写真に撮っているのだけれど、これがどこだったか今ひとつ自信がない。
 多分、おやつを食べたボート・シェッドから川岸に降りることができて、そこから撮ったのではないかと思う。
 川の水面の平らな感じ、その奥に吊り橋が架かっている感じ、水面に空が映っている感じ、空気が澄んでいる音がしそうな感じが気に入っている。
 おやつを食べ、お手洗いを済ませ、こんな景色に満足して10時半から30分ほども休憩していたと思う。
 11時に再び歩き始めた。

 ボートシェッドを出て5分も歩かないうちに26マイルの標識を通過した。
 そこからさらに吊り橋を二つほど渡って15分ほどで、昨日、かなさんが「絶対に行ってください」と強力にお勧めしていたマッケイ滝に到着した。
 ザックを置いて、早速、行ってみる。

20190131_111835 マッケイ滝を見る展望台の手前に、ベルロックがある。
 この写真では何がなんだか分からないと思うけれど、釣り鐘型の岩があり、中が空洞になっている。
 その空洞部分に入ることができて、この写真だと左下が私が入ってきた岩の隙間、そこから岩の内部を見上げている感じになる。
 ベルロックの看板に「LOOK INSIDE」とわざわざ書いてあるのが何だか可笑しい。

 そして、マッケイ滝である。
 かなさん曰く「ミルフォード・トラックのパンフレットには必ず写真が掲載されるマッケイ滝」で、添乗員さん曰く「ニュージーランドで最も美しいと言われるマッケイ滝」だ。
 10分ほど滝の眺めを楽しんで、「サンドフライポイント(ゴール地点)まで4時間」の看板に力を得たのか失ったのか微妙だわと思いつつ、再び歩き始めた。

ニュージーランド旅行記5日目その3 <- -> ニュージーランド旅行記6日目その2

|

« プロフィール写真を変える(カンボジア) | トップページ | 「その国の旅を終えて100の質問(カンボジア編)」に答える »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201901ニュージーランドの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロフィール写真を変える(カンボジア) | トップページ | 「その国の旅を終えて100の質問(カンボジア編)」に答える »