« ニュージーランド旅行記の入口を作る | トップページ | 宿を予約する(大丸温泉) »

2020.02.09

カンボジア旅行記1日目

2019年12月30日(月曜日)

 成田空港に8時10分集合だったので、5時に起き、6時過ぎには家を出た。キャリーケースは送ってあるので、身軽だ。
 もちろん電車は空いていてずっと座ることができ、爆睡しているうちに7時半過ぎ、成田空港に到着した。
 送ってあった荷物を受け取り、着てきたダウンのコートとレインパンツを脱いで入れる。迷った末に持ってきた水筒もキャリーケースに入れてしまう。

 ツアーカウンターには集合時刻ちょうどに到着し、eチケットをもらって各自でチェックインだ。
 荷物の自動預け機を使ったのは初めてかも知れない。タグを預け荷物につける際にうっかり手を切ってしまう。これで厄は落とした、ということにしようと思う。
 昨日からずっと迷っていた座席は、結局、当初の指定のとおりEXITシートのままにした。
 キャリーケースの半分は空っぽなのに、それでも13.8kgもあった。何が入っているのか、我ながら謎である。

 もう一度、集合場所であるツアーカウンターに戻り、燃料サーチャージの差額180円を返金してもらう。
 電話の声でそうじゃないかなと思っていたとおり、添乗員さんは若者だった。男性の添乗員さんの海外ツアーは、ベネズエラ以来かも知れない。旅行社作成のものとは別に自作の「旅のしおり」を配ってくれたり、細やかな方のようだ。
 この後は、プノンペンの空港まで特に集合はなし、各自セキュリティチェックを抜け、出国し、時間になったら搭乗しちゃってください、と案内があった。

20191230_085723 特に買い物もないので、8時40分にはセキュリティチェックを抜けた。入国審査も並ばずに通過でき、今年はカレンダーどおりで9連休になった人も多いだろうし、そういう人は目一杯9日間の休暇を楽しむべくすでに出かけているんだろうなぁと思う。
 室内は暑くて、着てきたヒートテックも脱いでしまう。
 家で軽く朝食を食べて来ていたのに、KALラウンジで「2回目の朝食」とばかりチョコデニッシュとカプチーノをいただいた。

 10時10分に搭乗開始となり、客室乗務員さんがやってきて「ご協力ください」とおっしゃって、「いざというときにやること」を書いた紙を見せてくれた。一通り読んだけれど、もう内容は忘れてしまった。要するに不時着したときなどに非常口はこっちですと案内し、非常口から出る人をサポートし、最後に降りてください、ということだったと思う。

 ANA0817便は定刻どおり10時40分に離陸した。
 機内を見回すと満席のようだ。どうして私にEXITシートが指定されたのか、ますます謎である。
 手元に荷物が置けないのは不便だろうなぁと思っていたけれど、シートベルト着用サインが消えた後は最低限必要な荷物(パスポートとかマスクとかノイズキャンセリングイヤホンとかハンカチとかメモ帳とかカメラとか)を入れたバッグを座席の自分と肘掛けの間に置けたので、特に問題はなかった。
 そうなると、足下が広いというのは本当に有難い。

***** ここからカンボジア時間で表記*****

20191230_104514 ANA便だから、日本映画がたくさんあって嬉しい。
 何故かその中から「引っ越し大名!」を選んで見る。
 見ているうちに時間がたち、10時45分(日本時間:12時45分)、機内食が出た。鰻玉丼にも惹かれつつ、選んだのは根菜入りチキンハンバーグである。
 飲み物は白ワインをお願いした。
 食後にハーゲンダッツのアイスが出てきて嬉しい。

 昼便でかつ飛行時間は6時間半くらいなのに機内を暗くするのねと思いながらガイドブックを眺めているうちにさらに時間がたち、15時40分、プノンペンに到着した。
 いったん、飛行機を降りたところで集合である。今回のツアーメンバーは19名で、半分くらいはビジネスクラス利用らしい。一人参加は私を含めて3人、珍しいことにあとのお二方は男性だ。

 入国し、荷物をピックアップしてターミナルビルを出て、お迎えのバスに乗ったのは16時15分くらいだった。
 プノンペンは蒸し暑い。機内では長袖Tシャツに長袖シャツを重ね、寒いなぁと思ったらフリースを羽織っていた。外に出たらフリースなんてとんでもない、暑くて長袖シャツも脱いでしまった。

 今日のうちにシェリムアップに行き、シェリムアップ3泊5日のツアーだが、今日の夕食はプノンペンでいただくことになっている。今日のガイドさんはこのお食事のためだけに来てくれたらしい。
 市内まで行くと渋滞で戻ってこれないリスクがあるらしく、空港からバスで15分くらいのところにあるジャスミン・レストランでクメール料理の夕食となった。

20191230_17161620191230_170326

 この半端な時間なので、当たり前のことながらレストランはガラガラである。むしろ、ファミリーが一組いたことの方が不思議だ。
 早速アンコールビール(3ドル)をお願いし、ぱくぱくといただく。
 クメール料理ってこんな感じらしい。

 マンゴーと魚の燻製のサラダ
 レモングラスのサワースープ
 フォー
 ごはん、空心菜の炒め物、春巻き
 アモック(チキンのココナツミルク蒸し)
 フルーツ(スイカとパイナップル)
 紅茶

 もの凄く美味しいとか、日本に帰ったらぜひクメール料理のお店を探して行ってみようという感じではない、というのが私の(失礼な)感想である。
 クメール料理って、ベトナム料理に近いのかしら、最初のサラダはちょっとぴりっとしたけど暑い国なのに意外と辛いものが少ないのね、という印象だ。

 17時半解散、17時50分再集合・出発と言われたものの、特に行く場所もない。
 レストランのお隣にコンビニがあったので入ってみる。レストランで3ドルだったビールが、コンビニで買うと2ドルなのね、とか思うのは我ながらちょっと意地汚い。
 自分のおやつにしようと、バナナチップ(2.1ドル)を購入した。ドルで払うと、1ドル未満のおつりはリエルでくれる。1ドル=4000リエルで固定のようだ。

20191230_180335 17時50分にシェリムアップに向かう国内線に乗るべく、17時50分に出発した。
 プノンペンでは、呼び出しから料金計算までアプリで行う三輪バイクタクシーが普及しているそうで、シェリムアップでも始まっているらしい。
 確かに、三輪バイクの姿は多い。
 そしてあちこちに屋台が出始めているのも美味しそうだ。

 プノンペンでは、17時を過ぎると渋滞が激しいそうだ。
 以前は日本車が多く走っていたけれど、事故の多発により右ハンドル車は輸入禁止になっており、街中を走っているTOYOTAの車は米国から輸入された車だそうだ。
 ハイブリッドのプリウスが燃料代が節約できて人気らしい。

 行きが15分だったところを30分かけて戻り、ガイドさんとはターミナルビル入り口でお別れである。
 シェリムアップまではすぐなので、機内用の荷物を入れていたレスポのミディアムウィークエンダーをキャリーケースに入れてさらに身軽になる。
 チェックインは各自で行い、「通路側の席で!」とお願いしたら「OK」と答えたのに、渡された搭乗券には「A」ときっぱり書いてあって、案の定窓側の席だった。2×2のプロペラ機だし、飛行時間も短いし、窓の外も見られるから良しとしようと思う。

20191230_203622 アンコール航空6119便は定刻より10分早い19時50分に離陸し、定刻より20分早い20時35分に到着した。
 シェリムアップの空港では、タラップで降り、歩いてターミナルビルに入る。
 プロペラ機に乗ったことなんていつ以来だろうと思う。ベネズエラ国内線以来だろうか。

 ガイドさんが迎えに来てくれていて、荷物をピックアップした後、バスに乗り込む。
 座席が3列のバス使用というのもこのツアーの売りで、確かに楽である。
 バス車内で明日の予定の説明があり、ホテルの案内があり、注意事項が伝えられる。
 例えば、ホテルのテレビはチャンネル6,7,9,10,11のどれかでNHKを見ることができる、明日の午前中は3時間ずっと歩きでアンコール・トムを見学するので水分を忘れずに、朝食の際には朝食チケット必携、遺跡見学の際には短パン・ノースリーブ禁止(ガイドさん曰く「日本人は日焼けや虫を気にしてセクシーな格好をしないので大丈夫」とのこと)、水道水は飲んではいけない、お腹が弱い人は歯磨きも水道水の湯冷ましを使った方がよい、などなどである。

20191230_21324920191230_213302

 空港からホテルは近くて、21時には本日から3泊お世話になる、エンプレス レジデンス リゾートアンドスパに到着し、お部屋に入ることができた。
 ガイドさんの勧めで、荷物は自分で持って部屋に行く。別館の7階のお部屋で、しかし眺望は全くない。後になって気がついたところでは、そもそも無駄に広いお部屋なのに窓が1箇所、それも80cmくらいの幅しかないのだから当たり前である。
 このベッドのコーナーとライティングデスクのコーナーとは別に、入口を入ったすぐ横にソファも置いてある。やっぱり無駄に広い。

20191230_21333220191230_213323 お湯の出もいいし、シャワーブースとバスタブが別になっているのも便利そうである。
 添乗員さんが回って来てくれて問題ない旨をお伝えし、湯沸かしポットと無料のお水が2本あったので早速お茶を淹れていただく。
 お洗濯をし、カメラの充電をし、明日出かける用意をする。
 ガイドさんに、部屋を空けるときはスーツケースに鍵をかけるよう言われたので、ある程度、片付けておかなければならない。

20191230_213450 ベッドの上に、「ホテルからのお土産」の胡椒が置いてあった。
 もちろん、有難くいただく。
 このケースは多分バナナの皮で作られていて、これからあちこちで「お土産物の容れもの」的な感じで使われているのを目にすることになる。

 wi-fiをチェックして試しに母宛てにメールを送ってみたところ、どうやら届いていないらしい。
 こちら側というより、最近、メールアドレスを変更した母のスマホに問題があるようだ。仕方がないので、妹に「母に連絡しておいて!」とメールする。
 そんなこんなでバタバタしつつも、多分24時になる前に就寝したと思う。

 1日目の歩数 7902歩

 -> カンボジア旅行記2日目その1

|

« ニュージーランド旅行記の入口を作る | トップページ | 宿を予約する(大丸温泉) »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201912カンボジアの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランド旅行記の入口を作る | トップページ | 宿を予約する(大丸温泉) »