« カンボジア旅行記3日目その2 | トップページ | カンボジア旅行記4日目その1 »

2020.04.04

カンボジア旅行記3日目その3

2020年1月1日(水曜日)

20200101_161337 14時50分にロビーに再集合して出発し、バンテアン・スレイに到着したのは16時くらいだった。
 何というか、すでに日が傾き始めている感じである代わり、それほど人出は多くない。
 バンテアン・スレイとは「女の砦」という意味だそうだ。

 概ね100m四方くらいの大きさの遺跡で、他と比べると明らかに赤い。レンガ色の、パッと見、温かい感じのする遺跡である。
 このピンクの砂岩は遠くタイとの国境から運ばれてきており、その運搬の大変さ故にバンテアン・スレイは小さくなっている。
 それほど大変なのに運んできたのは、この砂岩が彫りにくいけれども壊れにくいという性質を持っているからだ。

 また、中央祠堂までの参道そのものも赤い石で舗装され、その両脇にはキッパリとリンガが建っている。
 「女の砦にリンガの列」という組み合わせにどことなく凄みを感じる。
 中央祠堂に到達する前にも、様々なレリーフを目にすることができ、見ることができ、ちょっとした柱に深く(推定)ガルーダ刻まれたりしていて、それが何とも格好よい。

20200101_16153420200101_162051

 左の破風には、水牛の上に男女が乗る様子が彫られている。女性の顔が欠けてしまっているところが惜しい。
 誰かが嫉妬して削っちゃったのかしらと思ったのは、これが結婚式の様子を描いていると聞いたからだ。
 また、アンコール遺跡に来て(落書き以外で)見るのは初めての文字は、柱に刻まれており、今書いている文字は15世紀くらいから使い始めたというから、その500年以上前の文字ということになる。

20200101_162214 中央祠堂は本当に小さい。一目で見渡せるくらいだ。
 こちらにも破風があり、様々な彫刻を目にすることができる。
 こんなにくっきり刻まれた象は初めて見たような気がする。象の聖水でラクシュミー(女神)が身を清めている様子が描かれているそうだ。

20200101_162459 中央祠堂の正面入口の門の上に飾られている破風には、カーラ(要するにアムリタを飲んだ阿修羅がヴィシュヌ神によって首を刎ねられたときの「首」)の上に乗ったヴィシュヌ神が彫られている。
 カーラは入口を守る守護神としても崇められているらしい。
 この図柄は、カンボジアの50リエル札にも採用されているそうだから、かなり「評価の高い」ものなのだと思う。
 正直なところを言えば、他の破風との違いはよく分からなかった。

20200101_162709 面白い面白くないでいえば、間抜けな感じで一人踊っているシヴァ神の方が面白い。
 よく分からないけれど、シヴァ神は踊りによって世界を壊し、そして再生に導くそうだ。
 踊る必要があるんだろうか。
 足下の右側ではインディラ神が太鼓を叩き、左側にはシヴァ神の踊りによって美貌を「壊された」女性が嘆いているというよりカラオケで悦に入っている感じで彫られている。
 可笑しい。

 そして、バンテアン・スレイといえば「東洋のモナリザ」である。
 もちろん、真打ちは一番奥の中央祠堂にいらっしゃるので、小さい遺跡とはいえかなり勿体ぶった登場である。
 中央祠堂には3本の塔があり、左右の2本は女神の像で、真ん中の塔は男神の像で覆われている。
 モナリザのみなさまがいらっしゃるのは、左右の塔の周りということになる。

20200101_16401620200101_163707

 以前は、ここにいらっしゃるデバターのうち1体を「東洋のモナリザ」と称していたと記憶している。
 しかし、最近は、この中央祠堂にいらっしゃるデバターの女性像全部を総称して「東洋のモナリザ」と呼んでいるようだ。
 持参した双眼鏡を駆使し、じーっと見つめる。
 中央祠堂は立ち入りできないので、像の刻まれた辺りまで5mは離れていると思う。

 赤味の強い石に彫られていることもあり、「東洋のモナリザ」という名前にこちらの意識が引っ張られていることもあって、アンコール・ワットやバイヨン寺院にいたデバター達よりも優美に見えてくる。
 白鳥の上に乗っていることから、彼女たちは女神さまであることが分かる。

20200101_183450 バンテアン・スレイには閉門時間の17時ぎりぎりまで見学し、その後、ガイドさんいうところの「民芸品店」に向かった。
 到着したのは「カンボジア・ティータイム」で、そういえばオールドマーケットからは撤退していたようだ。ここで来られて嬉しい。
 ガイドさんが「コーヒーなら民芸品店で買えばいい」と言っていた謎がここに来てようやく解けた。

 お店の外では、カンボジアの伝統的なお菓子で、このお店の看板商品でもある「ノムトムムーン」を焼いていた。
 鉄の鍋というかフライパンというか板で挟んで薄く焼き、その焼いた直後に鉄の棒に巻き付けて成型している。
 それは熱くないんですか? 熱いですよね? 慣れたらできるんですか? と聞きたいが聞くこともできない。

 余りの衝撃にじーっと見つめていたら、よっぽどひもじそうに見えたのか、お姉さんが苦笑いして焼きたてを1本くれた。
 ちなみに、焼きたてはしなっとしていて、ノムトムムーンっぽくない。
 温度が冷えて乾いてパリッとしたところを食べる方が美味しいと思う。

 このノムトムムーンの他、カンボジア産のコーヒー豆や天日で干した塩、カシューナッツバターなどを購入した。
 他にも、もちろんクロマーやシルク製品、竹カゴ、石鹸、ラタナキリの布製品などが売られていて、ここでお土産を山ほど購入されていた方も多かったと思う。
 ちなみに、店内のお客さんのほとんどは日本人だった。確か、レジでは日本語も通じたと思う。
 ここから夕食のお店に向かう途中で、ガイドさんの会社で作っている生胡椒の注文受付があり、二袋をお願いした。

20200101_185220 本日の夕食はタイスキである。
 とは言うものの、タイスキを食べたことがなかったので、タイスキがどんな料理なのか未だによく分かっていない。
 ここで食べたタイスキは、練り物と野菜がたくさん入ったお鍋で、最後はお店の人がごはんを入れて雑炊を作ってくれた。
 デザートはバナナである。

 お嬢さんとご両親の3人でいらしていた家族に混ぜていただき、そうしたらこちらのお父さんがもの凄くマメな鍋奉行でいらして、全部お任せで私まで面倒を見ていただいてしまった。
 気が利かなくて申し訳ない。
 もちろん、アンコールビールとともにいただいた。

 この後、希望者はナイトマーケット散策のオプショナルツアーがあり、6人の参加者があった。
 少し迷ったものの、今日は朝も早かったし、お土産も十分だし、まぁいっか、ということで見送る。何人かの方から「行くのかと思ったわ〜」と言われたのはご愛敬である。
 夕食後、6名の方はこのままオプショナルツアーに出発するため別のバスに乗り込んで、残った我々は20時過ぎにホテルに戻った。

 明日は、ベンメリア、サンボープレイクックの見学後、プノンペンで夕食を食べ、そのままプノンペン空港から帰国という、バスに揺られている時間の長い1日である。
 そのため、スーツケース持参でチェックアウトしてから集合、バス車内用に羽織りものとホテルのスリッパを手荷物で、アンコールパス・パスポート・eチケットは忘れずに、可能であれば今夜のうちにWebチェックインをしておけばスムーズに手続きできる等々の案内があった。

20200101_222248 ホテルに戻り、ホテルのスパに行ってみようかとかなり迷ったけど、ホテルに「スパ押し」の気配がなかったのと、ビールが結構回っていたので、お部屋でゆっくりすることにした。
 湯船にゆっくり浸かって、洗濯をして、荷物を整理していたら、あれだけたくさんお鍋をいただいたのに小腹が空いてきて、22時半過ぎにアンコールクッキーと持参の紅茶でおやつをいただいた。

 おやつをいただきつつオンラインチェックインを試みたら、前日なのにExit Seatが2席も空いていた。謎である。
 何か忌避される理由があるのか? と疑いつつ、来たときの楽さ加減には勝てず、席を変更した。
 明日は7時半集合なので、荷造りの下手な私は5時には起床予定である。
 日差しの中を出歩いているって本当に体力を奪われる。23時にはベッドに入った。

 3日目の歩数 16608歩

 カンボジア旅行記3日目その2 <- -> カンボジア旅行記4日目その1

|

« カンボジア旅行記3日目その2 | トップページ | カンボジア旅行記4日目その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

*201912カンボジアの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンボジア旅行記3日目その2 | トップページ | カンボジア旅行記4日目その1 »