2021.02.23

「世界はもっと!ほしいモノにあふれてる ~バイヤーが教える極上の旅~」を読む

 2021年2月、少し前に購入した「世界はもっと!ほしいモノにあふれてる ~バイヤーが教える極上の旅~」を読んだ。
 NHK総合で毎週22時30分から放映されている世界は欲しいモノにあふれてるの制作班が監修している書籍である。

 ここに書くまでずっと「世界は欲しいモノ”で”あふれてる」だと思っていた。
 この一文字の差は結構大きいと思う。

 番組で拝見した記憶があったのは、ローカルチョコレートを求め歩く木野内さんという方の回で、他の四方は書籍で初めてお目にかかった。

 旅の本というよりは、バイヤーという仕事の本、という感じだ。
 しかし、「**を探し求める旅」というのは究極のテーマ旅でもある。
 ストイック過ぎて、あるいは情熱的過ぎて、とてもとても真似をしようとか参考にしようとか思うことはない。
 その分、自分が決して経験しそうにない旅を追体験できるのは嬉しい。

 バイヤーさんの旅は、「買い付けをする旅」というよりは「人と会う旅」なんだなと改めて思った。

| | コメント (0)

2021.02.13

「サンティアゴ巡礼の道」を読む

 2021年2月、檀ふみ(女優)、池田宗弘(彫刻家)、五十嵐見鳥(西洋美術史家)の三人が、それぞれの視点からサンティアゴ巡礼の道を語った本である。

 檀ふみは、テレビ番組の企画で「星の巡礼」を書いたパウロ・コエーリョ氏とともに、サンティアゴ・デ・コンポステーラから巡礼の道を逆に辿った際のあれこれをエッセイに綴っている。

 他のお二人の職業からしても分かるとおり、この本の主眼は「歩く」ところにもないし「巡礼路」自体にもない。
 サンティアゴ巡礼の道沿いにある、数々のロマネスク美術・建築の逸品たちを紹介するところにあると思う。
 巡礼の道だから、そこに宗教色が色濃く出るのは当然のことながら、やはり感心の中心は「美術」「造形」というところにあるように読める。
 写真も、道中の景色等々よりは、教会などの建築物に力を入れているように感じられる。

 そうと最初から割り切って読むと、「サンティアゴ巡礼の道」のある一つの楽しみ方、視点の持ち方という意味で参考になり楽しめる本だと思う。
 色々な人が色々な楽しみ方をする。それを受け止めて有り余る大きさが巡礼の道にはある。それでいいじゃないかと思う。

 歩く参考になるかと言われると多分ならないのだけれど、歩いている途中、この本で取り上げられていた教会等々にふと立ち寄ってこの本の写真や記述を思い出せたら、それは豊かな時間になるのじゃないかと思った。

 とりあえず、買ったまま読んでいない「星の巡礼」を読んでみようと思う。

| | コメント (0)

2020.12.29

「ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山」を読む

 2020年12月、「ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山」を読んだ。
 なかなか国内旅行もままならない昨今、「日本の温泉を楽しむ」テーマの本に手が伸びる。
 こちらは、「温泉」に加え、一人で飲むお酒(というよりもお酒も飲みつつ食べるごはん)と、一人での山登りについても書かれている。

 それを「女」一人でやるところがポイントだ。
 とはいえ、ここまで肩肘張らなくても大丈夫なのでは? とも思う。
 そこは、著者とこちらの年齢差故だろう。

 こちらも年齢差故だと思いつつ、語尾が「〜のです」「〜ですよね」であることが多いところが若干気になった。
 そこは「〜です」でもいいのでは? とか、そこで同意を求められてもなぁ、とか、揚げ足取りみたいで申し訳ないと思いつつ、気になると内容に集中できなくなってしまい、残念である。

 何だかんだ言いつつ、具体的なお店や温泉や山の話も出てきており、楽しく読んだ。
 著者のブログも拝見し、さらにお店や温泉の詳細を知りたければ著者のブログを見れば良いということね、と納得した。

 早く「実践」したいなぁと思いながら再読している。

| | コメント (0)

2020.12.03

「女ひとり温泉をサイコーにする53の方法」を読む

 2020年12月、幻冬舎から新刊で出た「女ひとり温泉をサイコーにする53の方法」を読んだ。
 11月初旬に福島に旅行に行ったとはいえ、やはり、思うように出かけられない昨今で、旅行記よりもこういった指南本的な本をついい手に取ってしまう。

 タイトルのとおり、女ひとり温泉を楽しむコツを集めた、(著者ご本人も本文に書いているとおり)初心者向けに書かれた入門編、ときどき応用編、という感じだ。
 海外の温泉についても書かれている。

 秘湯巡りには車があった方がいいというのはその通りだと思うけれど、もう20年以上運転していないペーパードライバーの私にはなかなかハードルが高い。
 併せて、公共交通機関を使っての旅についても書かれているのは嬉しい。

 この本を読んで、「温泉ソムリエの資格についてちょっと調べてみよう」ということと「ぜひ祖谷温泉に行ってみたい」ということと、二つが特に印象に残った。

| | コメント (0)

2020.11.23

「昨日も世界のどこかでひとりっぷ3 弾丸無茶旅編」を読む

 2020年11月、久しぶりに「昨日も世界のどこかでひとりっぷ3 弾丸無茶旅編」を再読した。
 シリーズの3冊目である。

 タイトルのとおり、週末プラス1日か2日で、台湾や香港はもとより、ラスベガスやロンドンまで「無茶旅に行ってきた」の報告がずらりと並んでいる。
 流石に、アフリカ大陸や中南米は含まれていない。

 旅先では「泊まって食べて買って」というのが著者である「ひとりっP」のスタイルで、観光やいわゆる「体験」ものの割合は非常に低い。
 著者にとって「女子ひとり旅」のメインはホテルと食事と買い物なんだなと思う。
 そこにポイントを絞れば、「土日プラス2日、現地73時間滞在」の弾丸ニュージーランド旅も可能だし、オークランドからウエリントンまで11時間かけて走るノーザン・エクスプローラー号(電車)に乗るなんてこともできちゃうんだなと納得する。

 旅の服装や持ち物を細かく紹介し、モノによっては熱くお勧めを語っているのは過去2冊と共通である。
 これまた「私には必要ない」「これは便利かも」と読む側で取捨選択することを前提にすれば、参考になることこの上ない。

 この通りの旅をしてみようというのは危険だと思うけれど、こんな旅を組み立ててみようという気持ちを起こさせてくれるシリーズだと思う。

| | コメント (0)

2020.11.14

「明日も世界のどこかでひとりっぷ2 秘境・絶景編」を読む

 2020年11月、久しぶりに「明日も世界のどこかでひとりっぷ2 秘境・絶景編」を再読した。
 シリーズの2冊目である。

 タイトルのとおり、秘境がメインの行き先なので、それだけで楽しい。
 私がリオのカーニバルに参加することはまずないと思うものの、ウユニ塩湖やイースター島は(多分ツアーで行くけど)行ってみたいし、香港やハワイのトレイルは歩いてみたいと思う。

 また、秘境向きの持ち物の数々や服の数々が載っているのも有難い。
 具体的なお洋服の組み合わせを見せてくれるのもなかなか興味深い。
 あら、これはちょっと欲しいかも、というものが結構ある。
 ここで激押しされていたので、ニュージーランドに行ったときにアイスブレーカーのTシャツを3枚も購入してしまったくらいだ。

 また、海外旅行に気軽に行けるようになる日が待ち遠しい。

| | コメント (0)

2020.10.17

「CREA Due ひとり温泉ガイド完全保存版 楽しいひとり温泉。」を読む

 2020年10月、「CREA Due ひとり温泉ガイド完全保存版 楽しいひとり温泉。」を手に入れた。
 2017年から2020年にかけて、雑誌CREAで特集した「ひとり温泉」のページをまとめたムック本である。

 石井宏子著「全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!」と被っている確率が高くない? と思ったら、石井宏子さんが執筆者に入っていた。納得である。

 日本全国の「一人でも泊まれる温泉宿」を少しグレードアップして「一人で快適に泊まれる温泉宿」が紹介されている。
 最近どうも一人で旅することの多い私には有難い特集である。
 そして、眺めているだけでも楽しい。
 次はここへ行ってみたいなぁなどと妄想が膨らむ。

 眺めて楽しい、パラパラと拾い読みしても楽しい、次の旅計画に役立ちそうな本である。

| | コメント (0)

2020.10.11

「myトラベルノート - “忘れたくない”をかたちにする -」を読む

 2020年10月、「myトラベルノート - “忘れたくない”をかたちにする -」を読みました。

 そもそも「トラベルノートって何?」というところが分からずに一読したときは、正直なところ、ちんぷんかんぷんでした。
 「トラベルノート」という、バインダー手帳のような固有の商品があるということが分かって、再読しました。どうも「トラベルノート」は、中味(リフィル)というよりも、そうやってあれこれ挟んだり書いたりしたものを選んで挟める外側、という理解をした方が良さそうです。

 著者が実際に作った「トラベルノート」の中味を写真で掲載し、書き方作り方のコツが書き込まれています。
 何というか、「トラベルノートの作り方」というトラベルノートがこの本、という感じ。
 そうであるなら、背表紙部分がむき出しになった綴じ方で各ページが180度開くようになっていることも理解できます。

 この「トラベルノート」は、旅した自分自身のために作るというよりは、誰かに自分の旅を見せるために作るという感じ。
 自分の字が嫌い、絵も描けない、ハサミで真っ直ぐ切るのも苦手という、超絶不器用な私は絶対にチャレンジしない自信がありますが、手先が器用で書いたり描いたりすることが好きで得意だったら、これはハマる趣味になるんだろうなぁと思います。

 もはや、旅してトラベルノートを作るというよりも、いいトラベルノートを作るために旅を企画し実施する、という風情です。
 国内旅行2泊3日くらいだったら、こんなノートを作るための旅にしてみてもいいかなぁと思いました。

| | コメント (0)

2020.09.13

「今日も世界のどこかでひとりっぷ」

 2020年9月、「たまには世界のどこかでふたりっぷ」を読んだ勢いで、久しぶりに「今日も世界のどこかでひとりっぷ」を再読した。
 シリーズの1冊目である。

 1冊目なので、とりあえず1冊で完結しようと詰め込みまくっている感じ。
 そこが、少しばかりとっつきづらいというか読みづらい。
 でも、そこに慣れてしまえばやっぱり面白い。
 ガイド本ではなく、著者の経験談の披露であると押さえれば、「なるほどね」で読み進められる。

 旅の持ち物が事細かに紹介され、「いついつどこに行ったとき」の旅のワードローブが全て紹介されている。
 そして、ひとりっぷシリーズの2冊目3冊目を読んでからの再読だと、「この頃はアイスブレーカーの服は一つも入っていないのね」というような発見もあったりして面白い。

 写真がもうちょっと「レトロじゃない」感じの撮れているとなお良し、という感じ。
 サイトも見たけれど、やっぱり私は本の形になっている方が読みやすいと思う。

 海外一人旅の予定はないし、その根性も日々失われつつあるものの、それにしても旅行したいなぁという気持ちがかき立てられた。

| | コメント (0)

2020.08.23

「たまには世界のどこかでふたりっぷ」を読む

 2020年8月、ひとりっぷシリーズの4冊目「たまには世界のどこかでふたりっぷ」を読んだ。

 ひとりっぷのシリーズだけど、今回はタイトルのとおり「ふたりっぷ」がメインである。
 ひとりっぷシリーズの著者であるひとりっP(敬称を付けにくいので敬称略で)と地曳いく子さんが、バンコクと台湾に二人旅(バンコクはラグジュアリーホテルに一人旅よりもお得に宿泊することが目的だったからホテルは一緒だったけど、台湾はホテルもエアも異なっているけど)をしたレポートと、それぞれの一人旅の秘訣と持ち物がかなり詳しく紹介されている。
 ひとりっぷの模様はちょっとだけ。

 今回は、地曳いく子さんというメジャーな方とご一緒なためか、初めてひとりっPの全身写真が掲載されている。
 旅行回数を考えたら分かりそうなものだけれど、30代くらいの方を想像していたので、ちょっとびっくり。
 よく**はトータル**枚所有、という書き方をされていて、その「多すぎでは?」という数の理由に深く納得した。

 併せて、旅の持ち物というのは永遠のトライアンドエラーなんだなということも改めて納得。
 何回も旅に出て「上手く行った」と思ったり「失敗した!」と思ったり、その積み重ねの結果を公開していただいているんだと改めて思った。
 もちろん、その「誰かの経験と知恵」がそのまま自分に適用できる筈もない。そこも納得。
 それでも、「旅の持ち物」の話は面白い。

 私の場合は語学に激しく難があるため、海外旅行ひとり旅はかなりハードルが高いけれど(あっさり、現地語より英語! とか書かないで欲しい)、それでも次の旅行に向けて色々妄想したいものだと思う。

 楽しく読んだ。
 もっと熟読しよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *201908奥入瀬の始末 *201908奥入瀬の支度 *201909栃尾又温泉の始末 *201909栃尾又温泉の支度 *201911横浜の始末 *201911横浜の支度 *201912カンボジアの始末 *201912カンボジアの支度 *201912鬼怒川温泉の始末 *201912鬼怒川温泉の支度 *202003大丸温泉の始末 *202003大丸温泉の支度 *202011大府平温泉の始末 *202011大府平温泉の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 美容・コスメ 趣味 音楽