2020.06.28

「いやよいやよも旅のうち」を読む

 2020年6月、北大路公子著「いやよいやよも旅のうち」を読んだ。

 何というか本当にタイトル通りの本で、著者は、本当に旅なんて好きでも何でもないらしい。
 むしろ「嫌いだ」とはっきり何度も書いてある。

 その旅嫌いの著者が、編集者のお嬢さんに引っ張り回され、
 札幌市在住(らしい)で札幌市内を旅して何故か犬ぞりに乗るところから始まり、
 山梨県でお化け屋敷は回避するもFUJIYAMAに乗って絶叫し、
 岩手県で激しく嫌がっていた自転車に乗って何度か「死んだ」と思う体験をし、
 三重県でお伊勢参りしたときは(恐らく)比較的その難易度は低めで、
 香川県では「死ぬまでに絶対したくない10のことをする旅だ」という編集者同士の引継ぎを耳にし、
 沖縄県で意外とシュノーケリングを楽しんでしまった、

 という記録である。

 可笑しい。
 電車の中で読んでいたのに、ついつい、何度も吹き出しかけてしまった。

 そして、つい最近に生産中止が決まったセグウェイ体験が書かれているのが感慨深い。
 「いやよいやよ」の著者もこれは割と楽しんでおり、私も一ぺん、どこかの観光地で乗ってみたかったなぁと思った。

| | コメント (0)

2020.06.22

「k.m.p.の、香港・マカオぐるぐる」を読む

 2020年6月、「k.m.p.の、香港・マカオぐるぐる」を読んだ。

 香港とマカオを1ヵ月かけてぐるぐるというよりはうろうろしたコミックエッセイである、と思う。
 とりあえず、彼女たちが行く香港には、ディズニーランドも香港トレイルもない。
 夜景はあったみたいだけれど、団地はあっても高層ビルはほぼ視界に入っていない。
 店頭には「雑貨」と「食べ物」しかない。
 ジャッキー・チェンを香港で発見するのはかなり難しいらしい。

 「人」が好きなんだな、ということがよく伝わってくる蟻の視点での旅行記である。

 多分、私が香港に行ってもこういう旅はしないしできない。
 自分ができない分、自分だったらしないだろうことを追体験できるのが醍醐味だと思う。

 不思議と全体の印象がほんわりとして定まらないのはどうしてなんだろう。
 予定調和な旅ではないから、かも知れない。

| | コメント (0)

2020.06.14

「お遍路ズッコケ一人旅 うっかりスペイン、七年半の記録」を読む

 2020年6月、波環(なみ たまき)著「お遍路ズッコケ一人旅 うっかりスペイン、七年半の記録」を読んだ。

 ご本人は「普通のおばちゃん」と名乗っているけれど、テレビ局勤務と履歴を読んだだけで「普通ではありません」と思ってしまうのはこちらの偏見というものだろう。
 会社勤めを続けながら、四国八十八ヶ所霊場を何回にも分けて歩き、さらに歩きたいという気持ちになって、スペインのサンティアゴ巡礼も歩いてしまった記録である。
 どちらかというとサンティアゴ巡礼の方により興味を持っていたので、ほんの1章しか割かれていないのがちょっと残念だった。

 読み始めは、とにかく「だ・である」身体と「です・ます」体が混ざっているのが読みにくくて読みにくくて仕方がなかった。
 それが、読み進むにつれて、やっぱり入り交じっているにも関わらずあまり気にせずに読めるようになったのが不思議である。

 特に信仰心がある訳ではない、特に歩く理由がある訳ではないと書いているけれど、やはりお遍路をしようという理由が何もない筈がない。
 その理由が何かをはっきり指摘することはできずとも、理由があって歩き始めたことは伝わってくるように思う。

 持ち物や、宿の予約方法、お遍路を始めるに当たって読むと良い本、持参すると良い本等々が書かれているのも楽しい。
 具体的な日誌風の記述ではなく、振り返って総括した、という感じの書かれ方だ。

 文句を言いつつ、なんだかんだ楽しく読んだ。

| | コメント (0)

2020.05.30

「もっと!夜行バスで出かけましょう」を読む

 2020年5月、小林かりん著「夜行バスで出かけましょう」の続編である「もっと!夜行バスで出かけましょう」を続けて読んだ。

 「もっと!」の方は旅のお話とか夜行バスで快適に過ごすコツではなく、ほぼ夜行バスプロモーションみたいな内容である。
 「こんなバスもありますよ」「こんなに快適な座席も登場しているんですよ」「こんな贅沢な旅もできます!」みたいな感じで、様々な車体のバスが紹介されている。
 あら、ほんと、高速バス・夜行バスの乗り心地って侮れないわ、と思う。

 併せて、バス会社が主催している「バス色々体験ツアー」に参加したときの体験談や、バス会社に取材に行ったときの体験談なども綴られている。
 楽しそうだけど、そこまでバスにのめり込まなくても・・・。

 ななつ星など「乗ることを楽しむ列車」がここ数年で次々と現れてきているから、次は「乗ることを楽しむバス」が雨後の筍のごとく現れるのかしら、でもバスの方が電車よりも色々と制約がありそうだから難しいかな、などなどと思った。

 やはり、東京ー大阪間など利用客の多そうな路線ほど選択肢が多いようなので、次にそういった大都市に行く機会があったら少なくともどんなバスがあるのかは調べてみてもいいかしらと思った。

| | コメント (0)

2020.05.17

「夜行バスで出かけましょう」を読む

 2020年5月、旅行計画のための読書計画の一環で小林かりん著「夜行バスで出かけましょう」というコミックエッセイを読んだ。

 私は高速バスを利用したことはほとんどない。
 確か、河口湖に行ったときと、スパリゾートハワイアンズに行ったとき(これは正確には送迎バスだけれども)くらいだと思う。
 バスと電車ならどちらかというと電車の方が好きである。動けるし歩ける。

 夜行バスになると、20年位前にカナダに行ったときに乗ったくらいじゃなかろうか。
 しかし、飛行機では眠れない代わりにバスや電車では爆睡できる性質なので、もしかすると私は夜行バスに向いているのではなかろうか。

 あまり夜行バスを使ったことのない友人と一緒に夜行バスを利用した旅行に行ったときの様子を描くことで、「初心者向け知識」を授けてくれるところが上手い。
 お勧めグッズや、車内でのマナーなども書かれている。
 「なかなか座席が倒せない」というのは、飛行機も含めて「あるある」だと思う。そこを余り気にしなくていいところが鉄道のポイントだよなぁと改めて思ったりした。

 最近は、夜行バスもかなり快適になっている模様。
 ただ、夜行バスで旅行に行くのはできそうだけど、帰りに夜行バスを使って朝着いてそのまま出勤は無理かなぁと思った。

| | コメント (0)

2020.05.06

「女性のための鉄道旅行入門」を読む

 2020年5月、「STAY HOME」と言われている今こそ旅行計画を立ててやろうじゃないかと、旅関係の本を何冊か購入して読んだ。
 そのうちの1冊が「女性のための鉄道旅行入門」である。

 日本国内、それもJRをメインにした「鉄道旅行入門」の本だ。
 鉄道オタクを自認して「いない」私だけれど、知識としては知っている情報が多かった。
 入門は卒業したような気分である。

 そうだったのか! と思ったのが主に2箇所。
 一つ目が、「駅弁を売っているかどうか、時刻表に載っている」ということ。
 出雲からの帰りにサンライズ出雲を利用した際、夕ごはんを駅で買えるかどうか、旅行に出る前から心配だった。その、探しても見つからなかった情報が、時刻表に載っていたとは!

 もう一つが、指定券等の販売は乗車日の1ヵ月前の10時開始と思っていたら、10時開始なのは窓口のみで、自動券売機は10時10分開始だということ。
 知らなかった・・・。
 てっきり、自動券売機でも10時から買えると思っていた。

 時刻表を携えて鉄道に乗りまくる旅に出ることはなさそうだけれど、しかし、鉄道の旅は好きである。
 この本は、いわゆる観光列車の情報はほとんどなかったけれど、例えば「或る列車」にはぜひ乗ってみたいと思っているし、そういう旅行計画を立てたいと思う。

| | コメント (0)

2020.05.04

「「好き」を追求する、自分らしい旅の作り方: 海外旅行に役立つアイデアとワンテーマ旅のすすめ」を読む

 2020年5月、「STAY HOME」と言われている今こそ旅行計画を立ててやろうじゃないかと、旅関係の本を何冊か購入して読みました。
 そのうちの1冊がこちら「「好き」を追求する、自分らしい旅の作り方: 海外旅行に役立つアイデアとワンテーマ旅のすすめ」です。

 タイトルに関係する記述は割と少ないような・・・。

 個人で海外に行くときに、このサイトやこのサイトで足や宿の準備をしていますとか、ここ行くと楽しいですとか、こういう旅をしている人たちがいますとか、持ち物はこんな感じですとか、そういった内容が雑多に詰め込まれています。
 ターゲットが絞られていないといえばそうですし、色々な旅があるんですねという紹介ですといえばそうです。

 私は海外旅行はほぼツアーで出かけますが、それはそれとして、「旅の準備をする」「下調べをする」ってなかなか楽しい。
 妄想旅行のきっかけをもらいました。

| | コメント (0)

2019.11.30

「全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!」を購入する

 2019年11月16日に発売された「全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!」を購入して、パラパラと読んでいる。

 元々は朝日新聞の電子版(Web版というべきか)に連載されていた記事をまとめた本だ。
 周辺のランチ情報や、周辺を走る「楽しい列車」情報が追加されているところが、連載記事との違いである。
 宿自体の情報は、もしかすると連載記事の方が手厚いかも知れない。

 「ごほうび」と銘打つだけあって、1泊3〜5万円の宿がばんばん出てくる印象だったけれど、そういう目で追ってみると1泊1万円しないお宿もちらほら紹介されているし、1万円台で宿泊できる宿も結構な数が掲載されている。
 地域的にも日本全国を網羅していて、かなりバラエティに富んだラインアップと言えると思う。

 一番お高い宿は、1泊朝食付きで126500円!
 もはや「ごほうび」を飛び越えて「夢」とか「妄想」とかのレベルだ。

 いつか「ごほうびだから」と優雅な温泉旅行を実現させてみたいものである。

| | コメント (0)

2019.11.16

「トラベルデイズ アンコール・ワット カンボジア」を購入する

 2019年11月、トラベルデイズ(ガイドブック)シリーズのアンコール・ワットを購入した。
 ツアーは人数が多そうだし、年末年始だから混雑していそうだし、ある程度は予習をしておいた方が良さそうである。

 購入したときのサイトには「2013年」に発行されたと記載されていたので、古いまま更新されていないんだな、ガイドブックの栄枯盛衰も激しいなと思っていたところ、我が家に届いたガイドブックの発行年は2018年だった。
 よく分からない。
 よく分からないし、遺跡はそれほど変わることはないだろうけれども、やはり情報が新しいのは嬉しい。

 それにしても、歴史解説を読んでもレリーフの解説を読んでも、さっぱり頭に入って来ない。
 段々、どうしてアンコールワットに行こうと思ったのかすら分からなくなってくる。

 しかし、折角行くのだし、先月に行って来た若者から「ぜひ行ってください」とお勧めされたことでもあるので、ここだけは見てこよう」ポイントは何としても予習しておこうと思っている。

| | コメント (0)

2019.11.02

「地球の歩き方 aruco アンコール・ワット 2018~2019」を購入する

 2019年11月、地球の歩き方の「aruco」シリーズの「アンコール・ワット」を購入した。

 年末年始にツアーでアンコールワットに行く予定で、ツアーなのだから結果的に添乗員さんにおんぶに抱っことなり、ガイドブックが役立つシーンなどほとんどないにも関わらず、つい、毎回ガイドブックを購入してしまう。
 現地に持参しても、ほとんど開くことがないまま帰ってくることも多い。

 でも、やはりガイドブックなしは不安である。
 情報量は最低限、写真が多く、薄くて軽いものという基準で、2017年8月現在の情報だという「古さ」が少し気になったものの、次の発行予定が2020年1月だから待っていては間に合わない。

 パラパラと眺めて楽しんでいるところである。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *201908奥入瀬の始末 *201908奥入瀬の支度 *201909栃尾又温泉の始末 *201909栃尾又温泉の支度 *201911横浜の始末 *201911横浜の支度 *201912カンボジアの始末 *201912カンボジアの支度 *201912鬼怒川温泉の始末 *201912鬼怒川温泉の支度 *202003大丸温泉の始末 *202003大丸温泉の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽