2018.02.13

プライオリティパスを更新する

 先日、約3ヶ月後にプライオリティパスが有効期限切れとなるので更新手続きをするようメールが届いた。

 今年、海外旅行に行く予定や計画は全くないし、仕事的に予定を立てられる状況でもないけれど、せっかくなので更新の手続きを取った。

 2週間くらいで新しいカードが届くそうだ。
 ぜひ活用したいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

無事、帰宅する(京都)

 昨日(2018年2月11日)から、1泊2日で京都に行って来た。
 久々の一人旅だった。

 1日目は、妙心寺東海庵でお庭を拝見し、午後は西陣でマフラー織り体験をした。
 2日目は、9時から桂離宮、松尾大社で時間調整し、13時から西芳寺を訪れた。
 のんびりした旅程を組んだつもりが、意外と忙しかった。
 
 概算で今回の旅行にかかった費用は約53500円だった。
 ここには交通費、宿代、食事代、拝観料(御朱印含む)、おやつ代等が含まれているけれど、自分用も含めてお土産代は含まれていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

京都旅行(2018)に出発する

 2018年2月11日から1泊2日で京都旅行に行ってくる。
 久々の一人旅である。

 「冬枯れの時期に行ってどうする」と思いつつ、「冬枯れの時期でもなければなかなか行けないよ」と思って、桂離宮の参観と苔寺の参拝に申し込んだ。その予約が3連休の最終日にしか取れなかった故の日程である。

 1日目は、前から気になっていた妙心寺東海庵が特別公開されるというので見に行くことにした。
 宿坊に泊まらなくてもお庭を拝見できるのが嬉しい。
 北野天満宮の梅はまだ早いだろうからパスして、西陣織体験を申し込んだ。

 昨日、2日目に予定していた西芳寺の予約日時が間違っていたことに気がついた。日程の変更をお願いし、無理だったら旅程を変えようと思っている。

 朝早くて眠いけど、新幹線で寝られるだろうからよしとしよう。

 荷造りしながら作成した持ち物リストは以下に。

続きを読む "京都旅行(2018)に出発する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

「ミニかまくらをライトアップ 日本夜景遺産の「雪灯里」開幕 日光・湯元」の記事を読む

 「ミニかまくらをライトアップ 日本夜景遺産の「雪灯里」開幕 日光・湯元」という記事を読んだ。

 2018年2月9日、日本夜景遺産の一つで、約500個のミニかまくらをライトアップする「雪灯里(ゆきあかり)」が日光市湯元の湯元園地特設会場で始まったそうだ。

 会場周辺は同日までに約1mの積雪があり、地元関係者たちが高さ約40cmのミニかまくらや通路、高台などの会場を手作りしたという。

 17時にかまくらの中などに置かれた発光ダイオードが一斉に点灯され、15日までの期間中、21時まで点灯するそうだ。

 前にも見てみたいと思ったのに、すっかり忘れていた。
 いつか行ってみたいと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.04

「網走で”流氷接岸初日” 平年並み」の記事を読む

 「網走で”流氷接岸初日” 平年並み」という記事を読んだ。

 2018年2月2日、網走地方気象台は、北海道網走市でオホーツク海の流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」を迎えたと発表したそうだ。
 2月2日の接岸は平年並みで、昨年と同日だという。

 流氷もいつかリベンジしたいと思っていることの一つだ。
 広がりはもちろんのこと、厚みのある流氷を見たいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

「"ナスカの地上絵"破損…大型トラックが誤進入」の記事を読む

 「"ナスカの地上絵"破損…大型トラックが誤進入」という記事を読んだ。

 2018年1月27日、ペルー南部の世界文化遺産「ナスカの地上絵」にトラックが進入し、縦100m、幅50mの範囲にタイヤの跡が残り、地上絵の直線3本の一部が破損してしまったそうだ。
 ペルーの文化省は破損部分を修復する方針を示しているという。

 地元メディアによると、身柄を拘束された運転手の男は「タイヤがパンクし、誤って進入した。立ち入り禁止の標識に気付かなかった」と説明しているそうだ。

 広い範囲に存在している地上絵だし、保護は大変なことなのかも知れないけれど、このようなことが起こらないような工夫はできないものかと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.28

「日本支援の新博物館にラムセス2世の巨大な像 エジプト」の記事を読む

 「日本支援の新博物館にラムセス2世の巨大な像 エジプト」という記事を読んだ。

 2018年1月25日、エジプトの首都カイロ近郊のピラミッドの近くで、日本の支援を受けて建設が進む新しい博物館の入り口吹き抜けの空間に、3200年前に君臨したラムセス2世の巨大な像が垂直に立った姿のままトレーラーで運び込まれ、これを祝う式典が行われたそうだ。

 この像は130年以上前に発見され、高さが11m余り、重さは83t、以前はカイロ中心部の広場に置かれていたという。

 式典で、アナニ考古相は、博物館は1年以内に部分的にオープンするとの見通しを示したそうだ。

 新博物館にもいつか行ってみたいけれど、行く機会があるかなぁとも思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.22

行きの足を確保する(2018京都)

 今日(2018年1月22日)、東京ー京都間の新幹線の指定券を2枚購入した。
 今回は、行きたい場所を数えて行動計画を立ててみたら午前中に行動開始する必要があったので、設定される中で一番早い電車でもお昼前の到着になってしまう「ぷらっとこだま」は使えない。
 帰りも、あらかじめ時間が決められてしまうと行動範囲が狭まってしまうし、気分で行き先を増やしたり減らしたりしたかったので、指定券だけ購入した。

 行きに乗りたい電車は決まっていたので、駅の券売機で行きの指定席だけ確保した。まだ指定席にかなり余裕があって選ぶことができた。
 帰りは現地で予約すればいいだろう。

 ここのところ、週末になると体調を崩しているので自分でもちょっと心配だけれど、逆に指定席を押さえたことで行くぞという決心を強めたつもりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

「流氷接岸、冬本番に 斜里町ウトロの海岸」の記事を読む

 「流氷接岸、冬本番に 斜里町ウトロの海岸」という記事を読んだ。

 2018年1月11日、斜里町ウトロの海岸に11日、流氷の一部が接岸したそうだ。
 ただし、約50km離れた網走市内の網走地方気象台からは肉眼で流氷が確認できず、気象統計上の「流氷初日」「接岸初日」にはならなかった。

 10時ごろ、沖に帯状の流氷が浮かんでいるのを、ウトロの海に面した道の駅うとろ・シリエトクで働く知床斜里町観光協会の林典幸さんが見つけ、一部は道の駅近くのウトロ漁港付近に到達したという。

 網走地方気象台によると、ウトロに到達した流氷は、現在、宗谷管内枝幸町沖約70kmにある流氷本体から分かれた一部とみられるそうだ。

 流氷もいつかリベンジで見に行きたいと思っているので、またやってきたというニュースはうれしい。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

「屋久島のウミガメ産卵地ピンチ 守り手のNPO解散へ」の記事を読む

 「屋久島のウミガメ産卵地ピンチ 守り手のNPO解散へ」という記事を読んだ。

 世界有数のウミガメの産卵地として知られる鹿児島・屋久島の永田浜で、保護や調査を続けてきたNPO法人「屋久島うみがめ館」が2018年2月に開催予定の理事会で解散の議案を提出し、33年間の活動に幕を下ろそうとしているそうだ。
 ウミガメの卵を人に踏まれない場所に移したり、ウミガメの個体計測や標識を付けるなどの調査を行ってきたが、ここ数年はボランティアやスタッフが集まらなっているという。

 永田浜では同館のほか、屋久島町の委託で地元の永田地区がパトロール活動をしているが、産卵と孵化(ふか)期にあたる5~9月のうち70日間で、時間も一日1~4時間であり、国立公園を管理する環境省屋久島自然保護官事務所の田中準・首席自然保護官は、「屋久島うみがめ館の功績は大きく、正式に解散が決まった段階で、早急に関係機関と対策を話し合いたい」としているそうだ。

 元々、NPO法人と協働する等、保護活動やルール作りに国の積極的な関与が必要だったんじゃないかと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *201703鬼怒川温泉のその後 | *201703鬼怒川温泉の始末 | *201703鬼怒川温泉の支度 | *201704ひたちなかの始末 | *201704京都の始末 | *201704京都の支度 | *201709奥日光の始末 | *201709奥日光の支度 | *201710屋久島のその後 | *201710屋久島の始末 | *201710屋久島の支度 | *201802京都の始末 | *201802京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽