2017.11.03

「ピラミッドに未知の巨大空間 名古屋大などの素粒子観測で判明、新たな遺物発見に期待」の記事を読む

 「ピラミッドに未知の巨大空間 名古屋大などの素粒子観測で判明、新たな遺物発見に期待」という記事を読んだ。

 2017年11月2日、日本とエジプトなどの国際研究チームが、英科学誌ネイチャー電子版に、エジプトのギザにあるクフ王のピラミッド内部に長さ30m以上に及ぶ未知の巨大空間が存在することを素粒子を使った調査で突き止めたことを発表したそうだ。
 未盗掘とみられ、当時の遺物が残されている可能性もあるという。

 発見された空間は観光客が見学できる中心部の大回廊の真上にあり、人が歩くのに十分な広さを持っており、回廊ではなく複数の部屋が並んでいる可能性もあるそうだ。

 研究チームの森島邦博名古屋大特任助教は「誰も見つけていなかった空間なので、驚きと喜びがある。今後は内部を詳しく調べたい」と話しているという。

 チームはピラミッド中心部にある「女王の間」に観測装置を設置し、上空から降り注ぐ「ミュー粒子」と呼ばれる、岩などの物質中を通り抜ける性質が或る素粒子を観測し、通過した粒子数の変化などからレントゲン撮影のように内部の様子をとらえたそうだ。

 明日(11月4日)の21時から放映されるNHKスペシャルでも特集されるようで、ぜひ見たいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.23

「エジプト 新たな墳墓が発見 ツタンカーメンの妃のものか?」の記事を読む

 「エジプト 新たな墳墓が発見 ツタンカーメンの妃のものか?」という記事を読んだ。

 エジプトの考古学者であるザヒ・ハヴァッス氏が、自分の研究グループが王家の谷で今までに知られていない墳墓を発見したことを明らかにしたそうだ。ハッヴァス氏は、墳墓に収められている遺体はツタンカーメンの妃の可能性があるととして、「我々はここには墳墓があると確信している。なぜならここには4つの穴が掘られており、そこに古代エジプト人が詰めた儀式用の用具が見つかったからだ。粘土の皿、食物、道具など、これは通常墳墓で見つかるものだ。それだけではない。レーダー撮影ではこの下に墳墓の入り口に似た彫刻が映し出されている。」語っているという。

 ツタンカーメンの妻であったアンケセナーメンは、夫の死後数年後にファラオを継いだアイの後妻となったことから、エジプト研究者の間では、アンケセナーメンは王家の谷の中でも最初の夫のツタンカーメンの隣ではなく、別の場所に葬られたと考えらえているそうだ。
 一方、エジプト学者として知られるオランダの考古学者、アアイコ・イマ氏は見つかった墳墓がツタンカーメンの妃のものではないかという声明に懐疑的な姿勢で、エジプト考古省の公式発表を待つ姿勢を示しているという。

 まだ、エジプト考古省の公式発表がないためか、私が見たニュースの他の報道は見つけられなかった。
 イマ氏ではないけれど、続報を待とうと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

「地下墓地でミイラ17体見つかる、エジプト中部では"前代未聞"」の記事を読む

 「地下墓地でミイラ17体見つかる、エジプト中部では"前代未聞"」という記事を読んだ。

 2017年5月13日、エジプト中部ミニア県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかったとエジプト考古省が発表したそうだ。

 考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル地域でエジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ計17体を発見したそうだ。これらのミイラは王家のものではないという。この他に金板1枚、古代エジプトの民衆文字「デモティック」が書かれたパピルス2枚、石灰岩や粘土製の石棺が多数に動物や鳥のひつぎなども見つかっているという。

 ミイラの年代はまだ特定できていないが、考古省は、アレクサンダー大王に征服される紀元前332年までのエジプト王朝末期の300年間に属するものとしており、アレクサンダー大王の部将だったプトレマイオスが後継として築いたプトレマイオス朝のものである可能性もあるという。

 エジプト当局者らは、同地で王家に属さない民間人のミイラが見つかったのは今回が初めであり、発見は前代未聞だと評したそうだ。
 エジプトの専門家も、発掘現場近くで開かれた記者会見で「これほど多くのミイラが埋葬された共同墓地が発見されたのは、エジプト中部では初めてだ」と述べ、同地では今後も多くのミイラがみつかる可能性があると付け加えたという。

 エジプトに眠っている遺跡や遺物の数々は本当に限りがないと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.06

「4000年前の花壇?=古代墓跡で発掘-エジプト」の記事を読む

 「4000年前の花壇?=古代墓跡で発掘-エジプト」という記事を読んだ。

 2017年5月3日、エジプト考古省は、ルクソール近郊の古代都市テーベの埋葬地跡で、約4000年前の花壇の原型とみられる遺構が発掘されたと発表したそうだ。内部が正方形の区画に仕切られており、さまざまな種類の花や植物が植えられていたと推測しているという。

 遺構は縦横が3mと2mの長方形で、内部が1辺30cmの正方形になるよう壁で仕切られているそうだ。紀元前2050年~同1800年ごろに造られた埋葬地の外側で見つかったという。

 写真を見ると、花壇というよりは、例えば薬草なんかを育てていたって感じだなぁと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.17

「カイロで発見された古代エジプト王の巨像 頭部に続いて胴体の一部を引き上げ」の記事を読む

 「カイロで発見された古代エジプト王の巨像 頭部に続いて胴体の一部を引き上げ」という記事を読んだ。

 2017年3月13日、エジプトの首都カイロのマタレイヤ地区で発見された、古代エジプトのファラオの1人とみられる巨像の重さ3トンの胴体部分が泥の混じった地下水から引き上げられたそうだ。
 3月9日には、頭部の一部が引き揚げられている。

 エジプト考古省によれば、像の各パーツはカイロ中心部にあるエジプト考古学博物館で組み立て、その後、全体を復元した上で、ギザのピラミッド地区近くにオープン予定の大エジプト博物館に移す方針だという。

 また、この像はラムセス2世の可能性が高いとみられているそうだ。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.01

「古代の岩窟墓発見 鮮やかな壁画も、早大調査隊」の記事を読む

 「古代の岩窟墓発見 鮮やかな壁画も、早大調査隊」という記事を読んだ。

 2017年1月31日、エジプト考古省は、ルクソールで古代エジプト第19王朝後期(紀元前1200年ごろ)のものとみられる墓を、早稲田大の調査隊が発見したと発表したそうだ。
 鮮やかな壁画のある王の書記の岩窟墓で、被葬者の名前も残されているほか、オシリス神などの神々の姿が描かれ、当時の死生観や宗教観を知る手掛かりになりそうだという。

 調査隊を率いる早大エジプト学研究所所長の近藤教授は、共同通信の取材に「所有者の名前や称号まで明らかになる墓が発見されるのは珍しい。古代エジプト研究の歴史は100年以上あるが、知られていない墓がまだ多くあることが明らかになった」と強調したそうだ。

 毎度のことながら、新発見のニュースを見るたびに、本当に底なしにエジプトにはお宝が眠っていると思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.14

「エジプト・ルクソールでミイラ発見、数千年前のものか」の記事を読む

 「エジプト・ルクソールでミイラ発見、数千年前のものか」という記事を読んだ。

 2016年11月13日、エジプト考古省は、スペインの考古学者チームが、数千年前のものとみられる、非常に状態の良いミイラをエジプト南部ルクソール近くで発見したと発表したそうだ。

 この声明によると、ミイラが見つかったのは、カイロの南約700kmに位置するナイル川西岸の墓で、この墓は、紀元前1075年~同664年のものと考えられるという。

 リネンで覆われたミイラは石膏で固められ、鮮やかに彩色された木棺に納められていたそうだ。
 木棺はトトメス3世時代に建てられた寺院跡近くに埋められており、ミイラは、当時のエジプト王に仕えた人物とみられるという。

 また、考古学者チームによると、木棺には、エジプト神話の女神イシスやネフティスが翼を広げているイメージやホルスの4人の息子といった、古代エジプトの宗教的シンボルを想起させる「数多くのカラフルな装飾」が見られるという。

 こうしたニュースに接する度に、本当に、エジプトにはどれだけのお宝が埋まり、眠っているのだろうと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.06

「3000年前の木棺、ほぼ原形で 日本のエジプト調査団」の記事を読む

 「3000年前の木棺、ほぼ原形で 日本のエジプト調査団」という記事を読んだ。

 2016年11月5日、エジプト中部のアコリス遺跡の集落跡から、第21王朝期(紀元前11世紀~同10世紀ごろ)の木棺をほぼ原形のまま、日本の調査団が発掘したことが分かったそうだ。これまでに発見された同時代の木棺と比べても保存状態が極めて良く、女性とみられるミイラも納められていたという。

 遺跡を30年以上調べているアコリス調査団が2016年8月に発掘したもので、団長の川西宏幸筑波大名誉教授は「3千年前の木棺が全く腐敗せずに原形をとどめているのは驚異的だ」と指摘したそうだ。来年の調査でミイラをエックス線分析し、さらに解明を進めるという。

 木棺は長さ約1.9m、幅約55cm、高さ約29cmで、古代の民衆の居住地域跡から出土し、材質はイチジクで、くぎはナツメ製だそうだ。
 発掘例としては珍しい白木の状態で、高貴な人物の木棺に通常みられるしっくいや文字がなかったという。

 また、ミイラは亜麻布の袋に入れられ、四角い形状の護符らしき首飾りをしており、木棺のふたに刻まれた手の形が開いていることから成人女性とみられるそうだ。さらに、木棺の底面下の地中には、ヤギ革製と植物製のサンダルが1足ずつ見つかったという。

 本当にエジプトは底知れないと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

クローズアップ現代+「ピラミッド透視 謎の空間を発見!」を見る

 2016年10月31日、毎週月曜日から木曜日まで、22時からNHK総合で放映されている「クローズアップ現代+」を見た。
 この日のテーマは「ピラミッド透視 謎の空間を発見!」である。

 クローズアップ現代が19時半から22時に移動し、国谷裕子キャスターが降板してから初めて見たクローズアップ現代+という番組に対する印象は、実はあまりよくない。
 やはり国谷裕子キャスターという方は、専門家から判りやすく話を引き出し整理し語ってもらうプロだったんだなと改めて思った。

 それはともかく、この日のテーマは「ピラミッド透視 謎の空間を発見!」ということで、エジプトのクフ王のピラミッドの内部構造に迫る、という内容だった。
 フランスとカナダと日本のチームが、それぞれの手法で、クフ王のピラミッドの内部構造を解明しようというプロジェクトが始まっているそうだ。
 ドローンを用いるフランスチーム、赤外線による温度変化を調べるカナダチーム、ミューオンという宇宙から降り注いでいる物質を用いる日本チームという構成だ。NHKがこの日本チームに加わっているらしい。

 番組を見る限りでは、まだ調査の端緒という段階のようだ。
 北側の斜面にある、切り妻屋根の端っこが見えているような場所から、ピラミッドの中心部に向かい、水平か上昇しているか下降しているかは判らないものの、1〜2mの大きさの通路が延びている可能性が出て来たという。
 ミューオンを反射させる装置をさらに大量にピラミッド内部に設置し、これからさらに研究を進めれば、内部構造を解明し、もしかしたらあるかも知れない新たな空間を発見できるかも知れないという。

 先の長い話だ。

 クフ王のピラミッドはデカ過ぎて、これまで正確な計測や内部構造の調査研究がほとんど進んでいないという話を聞いて、なるほどなぁと思ったり、現代科学を駆使しても計測すらそうそう簡単にはできないのだなと思ったりした。
 番組に登場した考古学者の方も「とにかくデータが欲しい」と言っていた。データがなければ仮説も立てられないし、研究も進められないのだ。

 続報に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.20

「ギザの大ピラミッドで新たに2つの”空洞”発見、調査チーム」の記事を読む

 「ギザの大ピラミッドで新たに2つの”空洞”発見、調査チーム」という記事を読んだ。

 2016年10月15日、ピラミッドの謎解明を目指すプロジェクト「スキャンピラミッド」の科学者らが、ラジオグラフィ(X線撮影)を用いたスキャン調査によりギザのピラミッドにこれまで知られていなかった2つの「空洞」が存在する可能性が判明したと明らかにしたそうだ。

 「スキャンピラミッド」の科学者らは声明のなかで、ラジオグラフィと3次元再構築技術を用いた調査で大ピラミッドの北壁の裏に隠れた「空間」が存在することを確認したと発表し、大ピラミッドの内部に通じる通路を少なくとも一つ形成しているとみられるという。さらに、北東の側面にも「空洞」を発見したという。

 将来的に、それらの「空洞」も見学できるようになり、かつ、ピラミッドの構造がより明確になるきっかけになるといいと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *201703鬼怒川温泉のその後 | *201703鬼怒川温泉の始末 | *201703鬼怒川温泉の支度 | *201704ひたちなかの始末 | *201704京都の始末 | *201704京都の支度 | *201709奥日光の始末 | *201709奥日光の支度 | *201710屋久島の始末 | *201710屋久島の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽