2016.06.11

ブラタモリ「#41 伊勢神宮~人はなぜ伊勢を目指す?~」を見る

 2016年6月11日、毎週土曜日19時30分からNHK総合で放映されている「ブラタモリ」を見た。
 この日のテーマは「伊勢神宮~人はなぜ伊勢を目指す?~」の2回目である。

 御師のお宅では、江戸時代に江戸からお伊勢参りに来た一行17名の「旅の記録」の文書と、御師の家に残されていた江戸からのご一行様を迎えた「おもてなしの記録」の文書を付き合わせながら、どんな旅だったのかを推理する。

 当時、御師の家(要するに旅籠である)で出されたお料理をいただき、神楽の奉納やお土産や宿代食事代を含めた17名様ご一行が5泊した代金が当時のお金で60両だったそうだ。今のお金に換算すると600万〜1000万円くらいになるらしい。
 「御師って儲かるんですね」という感想に対して、「いえいえ、そんなことは」と御師の家の方が同じ年に25両の借金をしていたんですと証拠の文書を出してきたのが可笑しかった。

 可笑しいといえば、外宮と内宮の間の街に一大娯楽街が誕生し、江戸から来たご一行のうち何名かはそちらに行って夕食も食べず朝帰りをしたなんていう記録が律儀に御師の側で残してあったのも可笑しい。
 特に言及はなかった記憶なので、「お伊勢参りをした側」の記録にはなかったのだと思う。

 江戸時代には日本人の6人に一人がお伊勢参りをしたけれど、明治になって御師の制度が廃止されてしまう。
 しかし、天皇がお伊勢参りをするために国道1号線が東京から伊勢神宮まで引かれたり、鉄道が大阪から引かれたり、交通手段が発達したことで新しいお伊勢参りの形ができる。
 しかし、交通手段が発達したため、おはらい町を素通りして志摩などの次の目的地へ向かってしまう観光バスが続出し、今から40年くらい前のおはらい町の写真は見事に閑散としている。

 そこで「おはらい町に人に来て貰いましょう」ということで、その街並みを江戸時代の風情に変えようと行政と商店街の人々が取り組んで、今の盛況を呼び込んだと言う。
 江戸時代には「新しくなる」「若返り」ということで遷宮が人を呼び、明治以降には今度は「次の遷宮までに」という行政や町の人々の取組の節目となり目標となっている。

 伊勢神宮は遷宮に始まり遷宮に終わる。
 そういう感じがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.05

ブラタモリ「#40 伊勢神宮~人はなぜ伊勢を目指す?~」を見る

 2016年6月4日、毎週土曜日19時30分からNHK総合で放映されている「ブラタモリ」を見た。
 この日のテーマは「伊勢神宮~人はなぜ伊勢を目指す?~」である。

 伊勢神宮内宮は河岸段丘に作られたというところから話が始まる。
 「河岸段丘」などという単語は、ブラタモリ以外では耳にしたことがない。国土地理院から表彰されたという話も納得である。

 伊勢神宮にお参りするときに下調べしたことが番組で結構取り上げられていて、予習した甲斐があったんだなぁと思って嬉しかった。
 タモリもそうだと言っていたけれど、私が前にお参りしたお正殿等々はもうすでにないのだなと思うとちょっと寂しい。

 20年ごとに建て替える式年遷宮をするお陰で「若返り」のイメージとイベント効果でお伊勢参りに来る人が増えたという話は何となく可笑しかった。この場合、誰が「たくさんの参拝者が欲しい」と思ったんだろう?
 また、伊勢神宮の建物は壁で屋根の重さを支えることで、逆に壁板同士の隙間を埋めるようになっていて、柱は実は屋根を支えてはいない。しかし、壁板の経年劣化でついには柱で屋根を支えなくてはならないようになるまでに大体20年かかるのだそうだ。

 伊勢神宮の外宮には、もの凄く広い門前町が広がっており、その門前町の発展を支えたのが「御師」と呼ばれる、全国に伊勢神宮の名と意義を広め、かつお伊勢参りに来た人に宿と情報を提供していた人々だったという話も面白かった。
 何だ、作戦じゃん、作ろうと思って作った伊勢神宮人気なんじゃん、と思う。我ながら徹底的に信仰心というものが欠如しているらしい。

 次回も伊勢神宮のお話が続き、江戸時代のお伊勢参りを再現するそうだ。ぜひ見たい。

 江戸時代には日本人の6人に1人がお伊勢参りをしており、「お伊勢講」が大きな役割を果たしていたらしい。その話が出たときに、母が「お母さんが子どもの頃にもあった」と言うので驚いた。一体いつくらいまで続いていた習慣なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.21

出没!アド街ック天国「伊勢神宮」を見る

 毎週土曜の21時からテレビ東京で放映されている「出没!アド街ック天国」」で2013年9月21日に放映された「伊勢神宮」の回を見た。

 今年は遷宮が行われるということで、随分前からあちこちで特集されていた「伊勢神宮」だけれど、アド街は相変わらずアド街で、もちろん「伊勢神宮」が1位になるところは譲れないものの、美味しいものだったり、その昔からあった遊郭の風情を残す宿だったり、王道ではないところを丁寧に拾って行くところが好ましい。

 5年前に伊勢神宮に行ったときには調べた記憶すらないのだけれど、伊勢はフレンチやイタリアンのレストランがひしめきあっているそうだし、恐らくは遷宮をきっかけに新しい宿がいくつも生まれているようである。

 その代わり、「伊勢神宮」そのものについては5年前の私はなかなかがんばっていたということも確信した。

 いずれにしても、近いうちにまた行きたいと改めて思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.02

「伊勢神宮と神々の美術」展の開催を知る

 2007年7月14日(火曜日)から9月6日(日曜日)まで、東京国立博物館の平成館で、「第62回式年遷宮記念 特別展 伊勢神宮と神々の美術〜上野でぶらり、伊勢詣で〜」が開催されていることを知った。
 この企画展の公式Webサイトによると、そのコンセプトは以下のとおりである。

***
 ・・・。
 この展覧会はその式年遷宮を記念して、伊勢神宮の神宝はじめ「古事記」「日本書紀」などの古文書や、考古遺物、絵画、彫刻、工芸品から伊勢神宮の歴史と信仰、式年遷宮の様子、さらに遷宮による工芸の伝統技術の継承などをたどるものです。また、歴史と伝統に育まれた神道美術に光を当て、近年注目されている神像彫刻や神宮以外の神社の古神宝など、その精華を紹介します。
***

 ぜひ、行ってみたいと思う。

 上記公式Webサイトで、当日券(大人1400円)から100円割り引いてもらえる、割引引換券を印刷することができる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.12.07

「森といのちの響き〜お伊勢さんとモアイの島」を見る

 2008年12月7日(日曜日)の午後4時からフジテレビで放映された「森といのちの響き〜お伊勢さんとモアイの島」という番組を見た。

 伊勢神宮は、広大な森をその背後に持ち、境内や川沿いは人の手が入らないいわゆる「雑木林」、「照葉樹林」を維持し、それ以外の場所では式年遷宮で使われるヒノキの森を計画的に育てている。
 その「森を育てる」という姿勢は、大正年間に一度はげ山になってしまった伊勢神宮の森を再生し、式年遷宮に向けて「自給自足」するべく始まった取り組みによるものなのだそうだ。
 そして、養老孟司が楽しそうに「人の手が入っていない」森で虫取りをする様子は、何だか郷愁を誘うのである。

 確か、平成25年の式年遷宮で使われる檜材の多くは木曽山中から運ばれていたと思うので、「檜の森を育てる」という取組みは次の式年遷宮に向けてまだ20年以上の年月をかけないと最終目標に到達しないということになるのだろう。
 しかも、この取組みは一回きりのものではなく、永続的に続くはずの、続けたい「お祭り」なのだ。

 伊勢神宮の森の豊かさは、イースター島との対比でより鮮明になる。
 イースター島は巨石文化を育むことができるくらい豊かな森からの恵みで人々が暮らしていたのだけれど、その森をどんどん消費することで島は貧しくなり、今では木が1本も生えていない島になってしまっている。
 木が生えていないことから、土地には保水力がなく、赤土が削られている様が見られ、島の周りの海にも栄養が行き届かずに静かに澄んだ死の世界のような海になってしまっているという。

 「森を作る」学者が紹介され、「森を再生することはできる」ということも示される。
 森を失って滅びた文明はたくさんあるかも知れないけれど、伊勢神宮のように、横浜国大のように、森を取り戻すこともできるのだと思う。
 その、「森を取り戻そう」というメッセージをより明確に伝えるためにも、イースター島での植林の様子を見せて貰いたかったなという風に思った。

2008年12月7日(日曜日)16時から
フジテレビ「森といのちの響き〜お伊勢さんとモアイの島」
フジテレビの公式Webサイト内、「森といのちの響き〜お伊勢さんとモアイの島」の紹介ページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.02

「10月15日~17日 神嘗祭のお知らせ」の記事を読む

 「10月15日~17日 神嘗祭のお知らせ」という記事を読んだ。

 伊勢神宮の公式Webサイトでは、すでに2008年8月31日に今年の神嘗祭についてのお知らせが掲載されている。
 それを今頃になってここに書いているのは、昨日届いた神宮会館からのメルマガでそのことを知ったためである。

 そのメルマガ情報によると。
 秋の実りに感謝するお祭りである「神嘗祭」は、伊勢神宮でももっとも重要なお祭りの一つなのだそうだ。

 10月15日の夜10時、外宮で、神職によって由貴夕大御饌祭という「限りなく貴いお食事をお供えする」お祭りが始まる。
 16日正午には、天皇陛下の勅使を迎えて奉幣の儀が行われ、この日は神様の調度品なども新調されて「神宮のお正月」ともいわれるのだそうだ。
 その後、神嘗祭は10月25日まで内宮を始めとする125社すべてのお社で行われるという。

 16日正午に行われる外宮の奉幣の儀と、17日正午に行われる内宮の奉幣の儀は、参道などから拝見することができるのだそうだ。

 伊勢神宮では毎日たくさんの「お祭り」が行われているともいうけれど、ぜひ大きなお祭りを拝見したいものだと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *201703鬼怒川温泉の始末 | *201703鬼怒川温泉の支度 | *201704ひたちなかの始末 | *201704京都の始末 | *201704京都の支度 | *201709奥日光の始末 | *201709奥日光の支度 | *201710屋久島の始末 | *201710屋久島の支度 | *201802京都の始末 | *201802京都の支度 | *201804タスマニアの始末 | *201804タスマニアの支度 | *201808下呂温泉の始末 | *201808下呂温泉の支度 | *201809箱根の始末 | *201809箱根の支度 | *201811両崖山・天狗山の始末 | *201811両崖山・天狗山の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽