2008.09.19

オーロラ(カナダ)旅行に出発する

 今日(2008年9月19日)から3泊5日の予定で、オーロラ(カナダ)旅行に出かけてくる。
 宿泊するロッジでインターネットが使えそうなので、念のため、お世話になるかも知れないサイト集を作成してこのブログに載せておくことにした。

 ところで、オーロラ目的だというのに、これから3泊分の現地のお天気もオーロラ予報も超低調である。
 何日か前までは、晴れの予報だったのに・・・。
 しかも、オーロラは何日か前にピークが過ぎ、10日余りは静かな日が続くでしょうと書かれているサイトもあって、頭を抱えてしまった。

 しかも、そもそも出発する今日の成田空港近辺の天気予報もどんどん悪くなって来ている。
 もちろん、台風13号のせいである。

 出発直前の今頃になって、唐突に重度の旅行ブルーが襲ってきた。
 何だか、出かけるのがとてもとても面倒くさくなってきた。こんなに面倒くさいのに、一体何のためにわざわざ時間とお金をかけて出かけて行くのでしょう、という心境である。

 さて、この心境に負けないよう、気合いを入れて(?)、「のんびりリラックスできればok」という気構えで、行って来ます。

ユーコン準州の5日間の天気予報
 http://www.weatheroffice.gc.ca/forecast/canada/index_e.html?id=YK 

オーロラ基礎情報
 http://auroranavi.com/

カナダ観光局
 http://www.explore.canada.travel/ctc/ke/homepage.jsp?localeId=42

ユーコン準州 観光局
 http://www.yukonjapan.com/

オーロラ予報サイト
 http://www.gedds.alaska.edu/AuroraForecast/
 http://www.auroraforecast.com/

その他情報サイト
 星の楽園 http://www.gaia-jp.net/star_top.html
 オーロラ情報局 http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox/aurora_info/index.htm
 オーロラの降る街 http://ameblo.jp/aurora-canada/

オリンパス
 http://olympus-imaging.jp/

エアカナダ
 http://www.aircanada.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.18

持って行く本のリスト(ホワイトホース編)を作る

 今回のオーロラ(カナダ)ツアーでは、行き帰りの飛行機にバンクーバーでの乗り継ぎ待ち、ホワイトホースに到着してからもオーロラ待ちをするし、昼間はこれといって予定もないので、時間がたっぷりあるだろうと予測できる。
 そこで、色々と迷った挙げ句、最終的にこの6冊の文庫本を持って行くことに決定した。

 行きの手荷物に入れて行くのは、「パターンで話せる英会話 1秒レッスン」と「狐罠」の2冊である。

 「パターンで話せる英会話 1秒レッスン」

 この文庫本は、行きの手荷物に入れておかなければ全く意味がない本である。
 帰りの飛行機では絶対に読まない自信がある。

 行きの飛行機とバンクーバーでの待ち時間は、この本で即席に英会話を勉強し、ついでにiPodでNHKの英会話入門(ただし、昨年に放送されたもの)を聞こうという作戦である。

 しかし、「行きの飛行機で読もうと決めた」からといって出発前に全くこの本を開こうとしなかった私って一体・・・。

 筆頭に書いたけれど、この6冊の中でもっとも読まれる(少なくとも読了される)可能性が低い本であることは間違いない。


 「狐罠」「狐闇」

 北森鴻の「冬狐堂シリーズ」の長編2冊である。
 これまで、短編集は何冊か読んでいるのだけれど、長編は読んだことがない。
 しかも、実はシリーズ最初の1冊は、長編の「狐罠」なのである。

 かなり分厚い本だし、推理小説だけれど骨董や民俗学の知識も散りばめられているので、かなり読むのに時間がかかる。読み返しても面白く読めるという点も重要である。


 「ナイチンゲールの沈黙」

 少し前に文庫化されて、出版されてすぐに購入してあったのだけれど、何となく「カナダに持って行って読もう」という気分になって手をつけずにおいたものである。

 「チーム・バチスタの栄光」を何度も読み返しているので、こちらもまた何度読み返しても面白く読めるという条件をクリアしていることは間違いない。

 シリーズ3作目の「ジェネラル・ルージュの伝言」が出版されていたら、シリーズ3作の文庫6冊というラインアップにしていたかも知れない。


 「謎3―スペシャル・ブレンド・ミステリー (3)」

 恩田陸がセレクトした国内ミステリの短編集である。
 1972年、1982年、1992年に発表された短編からのセレクトなのだそうだ。

 恩田陸の著作に「恐怖の報酬」という旅日記があり、そこでは「旅行に持って行く本選び」にかなり時間とページ数が割かれている。
 そうして「旅行に持って行く本」に腐心する恩田陸がセレクトした短編集を旅行に持って行くというシチュエーションが気に入って、最後に鞄に放り込まれることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.15

持ち物リスト(ホワイトホース編)を作る その2

 持ち物リストのその2には、<洗面用具・化粧品><薬など><カメラ等><食べ物><その他>を載せてある。

続きを読む "持ち物リスト(ホワイトホース編)を作る その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物リスト(ホワイトホース編)を作る その1

 今日(2008年9月15日)は特に予定もなかったので、荷造りをしてみることにした。

 デジカメの説明書がないことに気づいて大パニックし、慌ててサイトからダウンロードした。しかし、デジカメの説明書なんてめったに開いたり持ち歩いたりしないのにどうしたのだろう。エジプトのどこかに置いてきたとしか思えない。

 さらに、この間購入したダイヤルロック錠の設定をしようとして、どうしても鍵をかけることができずに再び大パニックした。
 何やかやと試行錯誤していたら鍵はかかるようになったものの、今度はダイヤルロックを何番にセットしたかを忘れてしまい、三度大パニックする羽目になった。

 そんなこんなありつつも、当日に手で持って行くことで微調整できそうだったので、夕方になって空港宅配サービスに電話したら「営業時間が終了しました」と言われてしまった。
 出発日のフライトも遅いし、当日まで荷物整理ができた方がいいような気もするのだけれど、今日の週間天気予報によると19日は雨模様のようである。流石に雨の中をごろごろと転がして行くのは気が進まない。
 明日、忘れずに電話することにしよう。

 今回は、移動もしないし、空港とロッジの間は送迎つきだし、現地滞在時間が莫迦みたいに短い(多分、60時間くらいだと思う)のに洗濯なんてしていられないと思い、かなり荷物が多くなっている。

 その1には、<必需品><バッグ><書籍等><着替え等>を載せてある。

続きを読む "持ち物リスト(ホワイトホース編)を作る その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.11

TSA対応ダイヤルロックを購入する

 昨年末といえばいいのか、この年末年始にエジプトを旅行した際に、キャリーケースに付属していたTSA対応の南京錠を失くしてしまっていた。

 気休めのようなものだけれど、代わりの鍵を購入した。

 一般的に、ダイヤルロックよりも南京錠(要するに鍵で締める方法のもの)の方がセキュリティが高いと言われているようだ。
 私など、ロックした後で、面倒だからと番号を1つしかずらさないなどというズボラな対応をしそうだから余計である。

 でも、「鍵を失くすんじゃないか」「どこに入れたか判らなくなるんじゃないか」という不安をずっと持っているのもイヤなものである。
 カナダでは合衆国と違ってTSAにする必要はないらしいのだけれど、この際なので、今回はダイヤルロックを購入することにした。

 (画像をクリックすると、楽天のお店に飛びます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.08

旅行社から最終日程表が届く

 一昨日(9月6日)、旅行会社から最終日程表が届いた。
 同封されていたものは、以下のとおりである。

 最終日程表と自宅用のコピー
 eチケットのレシート
 カナダと日本の税関申告書とその記入説明
 荷物用タグ
 お土産と保険のパンフレット

 今ひとつ判りにくいところがあったので(これは専ら私の理解力のせいである)、昨日、疑問点をメールで問い合わせたところ、早速お返事があった。
 以下、その抜粋である。

1 エアカナダの場合は旅行社でのプリ・チェックインが可能であること。
  (通路側の座席を希望しているので、個人チェックインなら早めに行こうかと思っていた。)

2 ANAのマイレージへの登録はできないこと。
  (共同運航便なのに何故?)

3 荷物用のタグに住所と名前をローマ字で記入しておくべきこと。
  (特に記載欄がなかったので、これに住所氏名を書くとは思わなかった。)

4 カナダでは機内預入荷物に鍵をかけても問題ないこと。
  (合衆国経由でペルーに行ったときに鍵をかけられなかったので、念のため聞いてみた。)

5 カナダの国内線でも、液体物の持ち込みに制限があること。
  (成田空港の免税店で化粧品を買いだめしようと思っていたのだけれど、どうしよう。)

6 宿泊するロッジやスーパーでの買い物用にトラベラーズチェックだけでなく現金を用意しておいた方が無難なこと。

7 ロッジでは基本的にピローチップが必要と考えておけばよいこと。
  (ホテルなら何となく判るのだけれど、家庭的なロッジに宿泊するのでその辺りを確認しておきたかった。)

 なるほど、よく判った。
 しかし、この手の説明資料(もっとも私の場合は旅行ではなく研修だけれど)を作ったことのある立場として「ちゃんと書いてあるじゃん!」と言いたくなる気持ちは判るのだけれど、もらう方の立場からすると隅から隅まで読むのはなかなか難しいし、一般論なのか本件に該当する注意事項なのか、判りにくいところもあるのだけれど、と思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.07

カード会社から資料が届く

 所持しているクレジットカードの会社それぞれに、海外旅行の際の緊急連絡先等が記載されたパンフレットを請求したところ、今日までに3社それぞれから資料が届けられた。
 いずれも請求後2〜3日で届いているから、迅速な対応である。有り難い。

 カード付帯の保険の内容確認と、それこそ不測の事態が起きた場合の対処法を手元に置いておきたいということだから、届いた資料もパラパラとめくっただけである。
 役に立つ場面がない方が望ましい。

 中南米やアフリカ、モンゴルなどが行き先だと、緊急連絡先にもフリーコールは用意されていない。
 それが、行き先がカナダとなると、フリーコールはもちろんのこと、トラベルデスクが用意されたりしている。ちょっと感動した。

 感動したといえば、成田空港の免税店で使える割引券と、空港宅配サービスの割引券が同封されていたカード会社があった。
 ネットで検索してみたところ、空港宅配サービスは何社かあるうちでもここを利用するのが一番割引率が高そうなので、ぜひ利用しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.01

ANAのマイレージプログラムに登録する

 今回のオーロラ旅行で参加するツアーは便指定で、エアカナダで行くことになっている。

 ところで、そのエアカナダは、マイレージプログラムでいうとスターアライアンス系列のようだ。
 ペルーに行ったときに加入したノースウエスト航空のマイレージプログラムはワールドパークス系列だし、フィンランドに行ったときに加入したフィンエアのマイレージプログラムは椀ワールド系列だから、また新たにどこかのマイレージプログラムに参加することにした。

 私は、マイレージプログラムには全くと言っていいほど熱意がない。
 飛行機に乗れば貯めるけれど、そのために行き先を考えたり利用航空会社を考えたりすることはない。
 そうやって貯まったマイルを使ったこともないし、有効期限が切れても気にしない。

 そんな訳で各社の特典内容を比べるのも面倒くさくなり、日本語でやりとりできる方が何かと便利だろうとただそれだけの理由でANAのマイレージプログラムに登録した。
 実はこれまでANA便に乗ったこともないのだけれど、バンクーバー行きのエアカナダはANAとの共同運航便らしいので、まあいいだろう。

 8月19日にANAマイレージクラブのサイトから手続きを取ったところ、今日(9月1日)に会員カードが届いた。
 2週間弱だから素早い対応である。
 安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.30

「カナダオーロラへの旅」を購入する

 数日前、オーロラに関する本を探していて、できればホワイトホースについても書かれている本があるといいなと本屋さんをうろうろしていたときに、この本を発見した。
 ぱらぱらとめくってみたら、ホワイトホースでのオーロラ鑑賞の話も載っているようだったので、早速購入した。

 この本の著者は、晴れ女ならぬオーロラ女で、山間部で海に近く曇りがちだとされているホワイトホースでもばっちりと美しいオーロラに出会っているのだそうだ。
 雨女の私には羨ましい限りである。
 ぜひ、私と一緒にオーロラを見に行っていただきたい。

 旅行社の人にも「オーロラを見に行くツアーだと、イエローナイフが断然多くてホワイトホースに行く方は少ないんです」と言われたけれど、確かにオーロラベルトの真下で、アクティビティがばっちりと揃っているイエローナイフは魅力的だということもよく判った。
 けれども、今の私にはやっぱりホワイトホースが正解だということも納得できる本だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.27

リモートケーブルを購入する

 私が持っているデジカメは、オリンパスのSP-560UZである。
 オーロラ撮影をするためには、できるだけブレを抑えるために、直接シャッターを押してカメラ本体を動かしてしまうようなことは避けたい。
 以前に持っていたデジカメ用に購入したリモコンを使えないか、あるいはレリーズを購入しようかとオリンパスのホームページを探していた。

 そうしたら、SP-560UZで使用できるリモートケーブルが販売されていた。
 よく見ると「バルブロック機能」が付いている。バルブロック機能が付いているということはと、改めてSP-560UZの製品仕様を確認したら、バルブ機能で最大8分シャッターを開けておくことができるということが判明した。
 以前に持っていた同じシリーズの古いデジカメにはバルブ機能が付いておらず、最大16秒までしかシャッタースピードを伸ばせなかったので、てっきりSP-560UZも同じくバルブ機能は付いていないと思い込んでいたのである。

 よーし!
 まずは、付いていることすらバルブ機能を使えるようにするため、使用説明書を熟読しなければならない。
 でも、使いこなす自信もないままに、リモートケーーブルを購入してしまった。

 (画像をクリックすると、楽天のお店に飛びます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽