2005.03.09

サーリセルカに向けて出発する

 さて、忘れ物をしているのではないかという不安を大幅に抱えつつ、これから出発である。
 YAHOOで調べたところ、今日から3日間のサーリセルカの天気が「曇」なのが気になるところである。
 3月に入っても、最低気温はマイナス15度くらいまでは下がるらしい。
 フィンツアーのサイトを見たところ、ここ数日はオーロラが見えているようだ。このまま続けばいいな、と思う。

 何にしても、楽しんで来ようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

荷造りをする

 3泊5日の弾丸旅行だし、今回のオーロラ旅行(@サーリセルカ)にはスポーツバッグで出かけるつもりだった。
 スーツケースで出かけて、現地で雪道を転がすことができずに大変な目にあった、という体験談をWebサイトで見かけたためでもある。
 その話を一緒に行く友人にしたら、「でも、スーツケースは雪道に置いておけるけど、スポーツバッグはずっと背負ってなければいけないんだよ」と言われた。なるほど。
 というわけで、今回もスーツケースで出かけることにした。

 スーツケースで行こうと決めると、どうも荷物が際限なく増え続ける気がする。元々、私は色々と持って行き過ぎるタイプなのである。今回の荷物の中でもっとも重い物は、つい大量に詰め込んでしまったカイロのような気がする。
 今さっき、何とかオーロラ旅行の荷造りを終えた。
 ボヤボヤしていて持ち物リストを作る余裕もなく、荷造りもまさに直前で、何だか色々と忘れ物をしている気がする。
 多分、家を出る間際まで入れたり出したりが続くだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

日程表をもらう&旅行代金の支払いをする

 今日、旅行社に行き、オーロラ旅行の日程表をもらい、残金の支払いをしてきた。
 日程表を見てショックだったのは、行きのヘルシンキでの乗り継ぎで5時間以上も待ち時間があることだった。市内まで35分で行けるとは言え、ヘルシンキ観光をするには時間が足りない。そして、サーリセルカへの到着が午後10時を軽く過ぎてしまう。なかなか上手く行かないものだ。

 日程表の他にも色々と資料があった。
 渡された資料一式の内訳は、大体こんな感じである。
・日程表
・ヘルシンキ及びイヴァロの空港案内図
・イヴァロ空港からのバスチケット
・航空券引換証
・空港施設使用料の説明
・タグ(荷物につけるもの)
・ガイドブック複数
・その他、お土産の案内など

 そして「保険」と「寒さ対策」についてくどいほど念を押された。
 今日のサーリセルカの気温はマイナス20度だったらしい。3月に入ればもう少し寒さも和らぐと思っていたけれど、それは希望的観測に過ぎたようだ。
 保険についても、あまりにも「マイナス何十度のところに行って、それまで顕在化していなかった病気等が出た方もいらっしゃいます」などなどと言われて不安になってしまい、Webサイトで調べてあったのだけれど、カード会社に資料請求をしてしまった。
 何にせよ、小心者なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.28

細々したことをやっつける

 特に「フィンランドに行くから」「サーリセルカに行くから」ということではないけれども、旅行に向けてやっつけた細々としたこと第一弾はこんな感じである。

・緊急連絡先リスト(旅行会社、日本大使館、旅行保険会社、クレジットガード会社などなど)を作る。
・「控え」(T/Cの会社とナンバー、パスポートのコピー、顔写真などなど)を作る。
・旅先から友人に絵はがきを送るための住所録をメモする。(本体は「宛名職人」の中である。)
・成田空港から自宅までの交通手段をチェックする。
・一緒に行く友人の携帯電話番号を控える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

旅行社から「日程表お渡しのご案内」メールが届く

 旅行社から「日程表お渡しのご案内」のメールが来た。
 2月28日に日程表が発送されるので、3月1日以降にこちらで指定した支店に行けば受け取れるそうだ。
 日程表を受け取ると同時に旅行代金をお支払いしなくてはならない。

 料金の支払いは振込でもカードでも来店でも、と言われた。カード払いにするつもりだったのだけれど、いざというときのことを考えるとカードの限度額までの余裕はできるだけ大きく残しておきたい。
 まさに通勤途中に支店があることだし、直接支払いに行くことにしたのだ。
 来週早々に行ってこようと思う。

 オーロラ旅行が近づいてきた。
 でも、ふと気がついたら、オーロラよりも犬ぞりやトナカイそりの方が楽しみだったりしている(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.21

フィンエアーから入会のお知らせが届く

 フィンエアーから「フィンエアー・プラス」入会のお知らせと、メンバーズカードと、PINコードが届いた。
 Webサイトでは登録まで1ヶ月程度かかると書いてあったけど、約1週間で登録完了。優秀である。
 フィンランド語(推定)で書かれた内容は見ただけで全く理解できなかったし、英文レターもあんまり読む気がしなかったけど、重要な部分は日本語のお知らせも入っていた。一安心である。
 旅行のときは忘れずに携帯し、チェックインのときにポイントを加算してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

フィンエアーのマイレージプログラムに登録する

 今回のオーロラ旅行で参加するツアーは便指定で、フィンエアーで行くことになっている。機内食も含め結構評判の良い航空会社のようなので、とても楽しみだ。
 ところで、そのフィンエアーは、マイレージプログラムでいうとoneworld系列のようだ。ペルーに行ったときに加入したノースウエスト航空のマイレージプログラムはワールドパークス系列なので、そちらに加算することはできない。とりあえず、新たにどこかのマイレージプログラムに参加することにしようと、少し調べてみた。
 oneworldにはアメリカン航空やキャセイパシフィック航空、エアフランスなども加盟している。
 各社のマイルの加算条件などを比較していたら頭が痛くなってきたので、今回利用するフィンエアーのマイレージプログラムに登録することにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座席のリクエストを出す

 いつからか忘れてしまったけれど、飛行機に乗るためにはツアーであっても今は個人でチェックインしなくてはならない。
 2004年9月には、そう聞いてツアーの集合時間よりも早く空港に行ったのだけれど、航空会社のチェックインカウンターに行ったらすでに搭乗券は発券されていた。であれば、座席のリクエストはツアーを主催する旅行会社に出しておくべきだ。

 帰りの飛行機は夜飛ぶので、窓からオーロラが見える可能性が僅かながらもある。
 友人に確認したら彼女も日頃は通路側の席をリクエストするということだったのだけれど、強引に(ごめんね)帰りの飛行機は窓側の席をリクエストしてしまった。読んだ本によると「左側後方の窓側」が良いらしい。
 ついでに、行きは通路側の席というのもお願いした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.11

パンフ等を友人に手渡す

 昨日、一緒にオーロラを見に行く友人と会って打ち合わせをした。
 と言っても、旅行社でもらってきたツアーのパンフ、オプショナルツアーのパンフ、海外旅行保険のパンフを手渡し、旅行代金を預かり、オーロラ・ウォッチングの本を貸したくらいで、あとは普通におしゃべりしていただけである。
 彼女は「オーロラよりもトナカイの方が楽しみ! 記念写真、撮りたい」「クロスカントリースキーはやりたくない」と言っていた。
 前者はともかくとして後者は全く同感。私は体力と運動神経に全く自信のない人間なのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.09

デジカメの取扱説明書を調べる

 オーロラの写真は、可能なら撮ってみたいと思っている。
 買った本やWebサイトで公開されている旅行記などを読むと、三脚とレリーズ、バルブ機能のついたカメラは必須らしい。
 それだけ読んだときは、最近は姿を目にすることもない我が家の一眼レフ(フィルムカメラ)を両親から借りて持って行こうかと思っていた。私が小学生の頃には家族旅行で活躍していたが、最近はコンパクトデジカメにその座を奪われているカメラだ。

 でも、考えてみればコンパクトデジカメにその座を奪われたのはひとえに重いからだ。
 ペルー旅行のときは、今使っているデジカメの重さにすら負けそうになった私である。今回の旅行では持ち歩く距離は短いだろうが、軽いに越したことはない。さらに、使い慣れているカメラの方がいいに決まっている。

 改めてOLYMPUS ULTRAZOOM C-730という今使っているデジカメの取扱説明書を調べてみた。
・シャッタースピードは最長16秒まで設定できる。
・レリーズはつけられないが、別売りのリモコンもある。
・ISO400まで設定できる。
・320万画素ある。

 何だか、このカメラでも撮れるような気がしてきた。
 このカメラで撮れないようなら、使い慣れない一眼レフカメラでだって撮れはしないのではあるまいか。
 この3連休のうちに一眼レフカメラを発掘して、見てみようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽