2005.08.13

アイスランド旅行に出発する

 今日、アイスランド旅行に出発する。
 
 昨日も書いたけれど、乗って行く筈だったブリティッシュ・エアウエイズは、ストのためキャンセルになっている。
 ニュースを読むと、かなり大々的なストライキのようだ。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:英国航空、予告なしのスト…8万人に影響(読売新聞).

 出発便が日本航空便に確定し、ほっとしたのもつかの間、福岡で日本航空機が離陸直後にエンジンから火を噴き、部品が多数落下したという事件があった。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:航空機から部品多数落下=エンジン火噴く−JALウェイズ機離陸直後・福岡(時事通信).

 おまけに雨が降っている(笑)。

 出発前から波乱含みで、ちょっと不安である。
 でも、のんびり&ぼんやりして、楽しんで来ようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

出発便変更の連絡が届く(アイスランド)

 明日はアイスランド旅行に出発である。
 ところで、平日昼間の連絡はメールにしてもらえるよう旅行社には頼んであった。
 今日のお昼休みに何となく自宅宛メールをチェックしたら、旅行社から「至急電話ください」というメールが入っていた。
 何かと思って電話を入れたら、「明日の出発便がストのためキャンセルされました」と言われた。
 え?

 さらに聞いてみて、
・今振り替えの手配をしていること
・昨日(今日だったかも)の便からキャンセルが出ているので、出発が早い順に手配を進めており、いつ頃結論が出るかは判らないこと
・一番早いと朝9時30分発の便になるのでその場合は成田空港集合が午前7時30分になること
 などが判った。

 調べてみたら、何とか午前7時30分までに成田空港にたどり着くことは可能なようだ。それにしても、例えば今日の真夜中に「朝7時30分に集合してください」と言われても困る。真っ青になってしまった。

 結局、夕方に連絡が入り、当初予定より1時間遅い便での出発となった。
 利用航空会社がブリティッシュ・エアウエイズからJALになり、成田空港のターミナルが変わるので、慌ててスーツケースの宅配会社に電話して届け先を変更してもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

持ち物リスト(アイスランド編)を作る&荷造りをする その3

 持ち物リストのその3で最後である。
 何だかもっと持って行かなくちゃいけないものがある気がする。

 今とりあえず悩んでいるのは毛糸の帽子である。普段から帽子嫌いの私は滅多に被らないのだけれど、でも防寒用に必要な気もする。
 帽子ひとつくらいなら、出発当日に持って行っても全く問題ないのだけれど。

続きを読む "持ち物リスト(アイスランド編)を作る&荷造りをする その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物リスト(アイスランド編)を作る&荷造りをする その2

 持ち物リストのその2である。

続きを読む "持ち物リスト(アイスランド編)を作る&荷造りをする その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物リスト(アイスランド編)を作る&荷造りをする その1

 今回のアイスランド旅行(2005年8月13日から21日まで)では、数日前から、ちょこちょこと「持って行くもの」を部屋の隅に貯めつつあった。
 成田空港までの荷物宅配サービスを利用するので、明日にはスーツケースを引き取りに来てしまう。今夜やっと一気に(でも2時間くらいかけて)荷造りをした。

 元々、ほぼ毎日宿泊場所を移動する旅程なので、洗濯の回数は減らしたいと考えていた。
 昨日、添乗員さんからいただいたメールに「暖かい服装で」と書いてあったことで急に心配になり、防寒対策を急にがんばってしまったので、さらに荷物が増えた。
 アイスランドの天気予報を見たら、雨続きになりそうだったせいもある。濡れるし汚れるし洗濯しても乾きにくくなるだろう。
 それで今日になって「もっと大きいスーツケースがあったよね」と大騒ぎして、母に呆れられた。

 何とか詰め終わった荷物の確認も兼ねて、持ち物リストを作ってみた。
 着ていくもの、機内に持ち込むものも入っている。

続きを読む "持ち物リスト(アイスランド編)を作る&荷造りをする その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子辞書が届く

 昨日、友人に「このアイスランド旅行のために買ったものはWaterproofの写ルンですだけだ」と豪語してしまったのだけれど、実は違うことに気がついた。
 アイスランド旅行のためだけに買ったわけではないのだけれど、このタイミングでなければ買わなかっただろうものが「電子辞書」だ。
 安く買えるのは良かったのだけれど、配送最終日が8月15日で配送日指定不可だった。出発前に届くかどうか半信半疑でいたら、注文したことすらすっかり忘れていた。
 これで機内での暇つぶしの種には事欠かない。本を一冊、荷物から抜こう。

 今日見た占いがすべて最悪の運勢を示していたので(「お財布を落とします」とか「波乱含み」とか「健康面が揺れやすい」とか)、こういう「いいタイミング」のことがあってホッとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

添乗員さんからメールが届く(アイスランド)

 今回参加するツアーでは、出発前に添乗員さんから確認の電話をいただけることになっている。
 しかし、一昨年に参加したツアーでも同じサービスがあり、何度も電話をいただいてしまって心苦しかったのと、いつ電話がかかってくるのか気にしているのも嫌だったので、電話は遠慮することにした。
 もし何かあればメールで連絡をもらえるように担当の方にお願いしておいたのだ。

 「8月に入りかなり寒くなって」来ていると書いてある。朝晩は6-8度くらい、日中でも12-15度くらい、天気も変わりやすく風も強いということである。
 ふと気になって東京の年間の平均気温のデータをインターネットで探してみた。
 2004年2月 最低気温:4.5度、最高気温:12.8度
 2004年3月 最低気温:6.6度、最高気温:14.0度

 今のアイスランドは東京の真冬並みの気候らしい。
 レインコートも必ず持ってくるようにと書いてある。
 荷造り計画を最初から考え直さないといけないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「旅」2005年9月号を購入する

 新潮社の「旅」2005年9月号を購入した。本当の発売日は明日(毎月10日)なのだけれど、今日の夕方に本屋さんをのぞいたら並べられていたのだ。
 
 今月号のメインは「北海道 走る、走る。」という特集だ。
 けれども、私の目当ては「アイスランド 大地を巡る水」という全7ページの記事である。レイキャヴィクを中心に、ブルーラグーン、ゴールデンサークルを特集している。
 そのテーマはタイトルにもあるとおり「水」である。美味しい地ビール、海の幸、グトルフォスの滝、スコウガフォスの滝、ストロックル間欠泉、ブルーラグーン、ギャウを満たす湧き水、レイキャヴィクに水を供給する水源地を巡っている。

 併せて、近畿日本ツーリストが主催する、9月14日出発のチャーター便利用のツアーが紹介されていた。
 昨年は8月に飛んだらしいチャーター便が、今年は9月に飛ぶのだ。そうすれば、まだ夏の名残があるし、オーロラ観賞も可能だからなんだろう。タイトルが「創世の神秘、アイスランドの旅」と付けられていた。

 ところで、今日お昼休みにINFASパブリケーションズの「流行通信」9月号を立ち読みした(関係者の方、ごめんなさい)。
 「パッケージツアーのすすめ」という特集が組まれていて、そこでアイスランドが取り上げられていたのだ。ちゃんと確認してはいないのだけれど、主催と旅行期間が同じだったので、恐らく「旅」で紹介されていたツアーと同じツアーを題材にしていると思う。ページ数もそれほど違わない筈だ。
 それがこうも違う雰囲気になるのかと驚いた。
 「流行通信」は(多分)見るからにおしゃれな雑誌である。目的のページを一目散に開いたので他のページはまるで見ていないのだけれど、アイスランドの紹介記事を見ただけでも「アーティスティック」とか「スタイリッシュ」というイメージを狙っているように感じられる。

 でも、どちらも「アイスランド」の顔なんだろう。
 本屋さんで両雑誌を見かけたら、見比べてみるのも一興かと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

「神秘の国!極北の楽園アイスランドへ!80歳橋田壽賀子の旅」を見る

 2005年7月24日にTBSで放映された「神秘の国!極北の楽園アイスランドへ!80歳橋田壽賀子の旅」を録画しておいた。今日、早起きしてやっとそのビデオを見ることができた。
 アイスランドまで「飛鳥」で2ヶ月の船旅をするというところがまず豪華である。4月に出発して、アイスランドに到着したのは6月の白夜の時期だ。
 白夜のせいで一晩中明るく、一睡も出来なかったと言っていた。

 でも、それ以外はとても80歳とは思えない元気の良さで、滝のすぐ近くまで歩き(ときには小走りになり)、間欠泉をのぞき込み、地熱発電で暖められたお湯を送るパイプに触り、地底温泉のお湯を汲んでもらって飲み、氷河の上を歩いて転び、湖の水に触って温かさを確認し、世界初の女性大統領にインタビューし、子羊がいたと言って声を上げる。
 アイスランドの地を楽しんでいる様子が伝わってきた。

 実はこの番組を見ながら私が一番注目していたのは、橋田氏の服装だった。
 6月でセーターの上に少し綿の入ったコートを羽織り、マフラーをしていることも多かった。氷河の上では吹雪が舞い、フィンランドの犬ぞりサファリで着たような防寒着を上に重ねていた。
 やはり、相当寒いらしい。

 さて、どんな服を持って行けばいいものか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.06

成田空港宅配サービスを予約する(アイスランド)

 成田空港宅配サービスというものは、1回利用してしまうと利用せずにはいられない。麻薬のような存在である。

 旅行の最終案内も届いたし、その中に空港宅配サービスの案内も入っていたので、早速予約した。
 旅行前日の引き取りを依頼したので、そのさらに前日には荷造りを終えていなければならない。
 まだ全く荷造りをしていないのだけれど、大丈夫だろうか。

 実はこの週末に荷造りしようと思っていたのだけれど、Macが壊れてその修理にかかりきりになったため、旅行の準備まで手が回らなかったのだ。
 まだ動作は不安定だけれど、とりあえずこうしてブログに書き込むこともできるくらいには復旧できたので、旅行の準備をそろそろ始めようと思う。

<1時間後に追記>
 宅配サービス会社からすぐに電話がかかってきた。
 お盆の態勢に入ってしまい、前日の集荷ができないということだった。だったらWebサイトにそうやって書いておいてくれればいいのにと思いつつ、前々日の集荷をお願いした。
 荷造りを始めなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽