2013.04.09

ダーウィンが来た!「アフリカ象300頭! 謎の大集合」

 毎週日曜の19時30分からNHKで放映されている「ダーウィンが来た!」「アフリカ象300頭! 謎の大集合」を見た。

 先週の放送でヌーの親子を見た際、予告編でアフリカ象を次に取り上げると知って、これは見てやろうと思っていたのだ。
 予想通り、アフリカ象300頭が集合するのは、ケニアのアンボセリ国立公園だった。
 キリマンジャロがくっきり見え、その手間をゾウの一家が横切る映像は、かなり待って撮ったんだろうななどと感慨深い。私がケニアにサファリをしに行ったのは、もう10年も前の話だ。

 乾季の始め、アフリカ象の大集団が湿地帯に集まるのだという。
 さて、その理由は? というのがこの回のテーマだ。

 アフリカ象は1頭だけでももの凄い量の草等々を食べるので、そもそも300頭の大集団というだけで食糧危機勃発である。
 それでも集まってくるのは、この場所に生きて行くには欠かせない「カンダリ」という薬草として人間も活用している草が生えており、その草を食べるためには「数が力」という状況だからだという。
 この時期だけは、普通は家族(といってもメスと子どもだけ)で暮らしているゾウが、親類縁者で繋がって大集団を作り、この地にやってくるのだそうだ。ただし、食糧危機を招かないように(?)ほぼ3週間くらいで解散するらしい。

 ゾウが30種類以上の草や果実を食べなければ健康を維持できないということも初めて知った。
 しかし、この時期だけカンダリを食べているということは、1年周期くらいで30種類を食べられればオッケーということなんだろう。
 ちょっと不思議な感じがしたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.31

ダーウィンが来た!「進め! ヌー親子 100万頭の大移動」を見る

 毎週日曜の19時30分からNHKで放映されている「ダーウィンが来た!」「進め! ヌー親子 100万頭の大移動」を見た。

 何となくチャンネルを回したら(と何気なく書いてしまうところに年齢が出るような気がしなくもない)、ヌーの群れが画面に映っていたのだ。
 これはきっとケニアのマサイ・マラかタンザニアのセレンゲティだろうと思ったら、やはりセレンゲティだった。

 ヌーが大移動を行うのは、上の前歯がないため柔らかい草しか食べることができず、柔らかい草を生えさせる雨を追わなければならないからだという。
 ケニアに行ったときには、シマウマとヌーとでは草の食べる部分が異なっているので、一緒に行動していてもエサの取り合いにはならないと聞いたように思う。それだけでなく、ヌーは、危険探知能力に優れたシマウマを自分達の斥候として使っているらしい。
 シマウマ側にも斥候になる理由なりメリットなりがあるんじゃないかと思うのだけれど、残念ながら番組では取り上げていなかった。

 ヌーの川渡りも見ていて、そのときはシマウマが先頭を切って渡っていたのだけれど、今回の群れは、母親ヌーから若い雄のヌーが押し出されるようにして先頭を切らされていた。
 母は強し。

 同じ情景を見ても解説を聞いても、色々な感想が浮かぶし、色々な考え方があるんだなと改めて思ってしまった。
 ケニアでのゲーム・サファリが懐かしい。
 セレンゲティと比べることはなかったので、マサイ・マラが起伏に富んだ地形だとは全く思わなかった。どちらかというと、「どこまでも続く大平原」と思っていたように思う。
 また行ってみたいと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.13

「僕は見習いナチュラリスト」を購入する

 本屋さんで「僕は見習いナチュラリスト アフリカ野生王国編(加藤直邦)情報センター出版局」という本を見つけた。帯に坂本龍一の言葉が載せられていて、もしかするとそうかなと思ってパラパラと見てみたら、やはり、数年前にケニアのマサイ・マラにあるムパタ・サファリ・クラブというロッジにいらっしゃった加藤直邦さんの著作だった。
 私が2003年9月にケニアに行ったときにはお目にかかれなかったのだけれど、ケニア旅行の前には加藤さんのサイトを見て、「バルーン・サファリに行くときには相当厚着をする必要があるのだな」ということをチェックしたのを覚えている。

 パラパラとめくって見たら、動物の写真も載っていて楽しそうだったので、ついそのまま購入してしまった。
 ゆっくり読もうと思う。

 加藤さんは今は南米にいらっしゃるそうだ。
 この本のタイトルが「野生の王国編」だから、次は「アマゾン・ジャングル編」になるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.15

旅する人のアペリティフ「第24回 旅がうるおう本選び」を読む

 asahi.comで連載されている「旅する人のアペリティフ」というコーナーの「第24回 旅がうるおう本選び」を読んだ。

 「その土地に行ったからこそ、より楽しめる本だってある。」ということで、アイザック・ディネーセンの「アフリカの日々」が語られていたのが何だか嬉しかった。
 「サバンナの風を受け木々の音を聞きながら読むと、本の内容も、それから自分が今いる場所も、相乗効果でますます深みが出てくる。 」と紹介されている。
 私は「アフリカの日々」は出発前に読み、村上春樹の「海辺のカフカ」を持参し、帰国後に伊集院静の「アフリカの王」を読んだ。この記事を読んで、「アフリカのの日々」こそを持参して読むという手があったか、と思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.06

「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説 "大追跡! 草食動物は強かった"」を見る

 毎週日曜日の午後7時30分から、NHK総合で「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」という番組が放映されている。
 毎週欠かさず見ているわけではないのだけれど、今日チャンネルを合わせたら、ちょうどケニアのマサイ・マラからタンザニアのセレンゲティに向けて大移動する草食動物(主にシマウマとヌー)がテーマだったので、ついそのまま見てしまった。サブタイトルは、題して「大追跡! 草食動物は強かった」である。

 タイトルのとおり、大移動するシマウマとヌーの合わせて8頭に発信器を着け、その様子を追っている。2ヶ月以上にわたる大移動に密着取材だ。
 ライオンに襲われたシマウマが逆にライオンを川に倒して逃げおおせるシーン、マラ川を大集団で渡るヌーが襲ってきたワニを蹴散らすシーンなど、草食動物の強さにポイントが置かれていた。
 それでも、やっぱりマラ川の川渡りはこの大移動で最も危険なポイントで、番組で追っていた群は川に到着してから渡り始めるまで1週間をかけていた。

 3年前にケニアでやはりヌーの大集団がマラ川を渡るシーンを見たのだけれど、あれは本当に僥倖だったのだな、と改めて思った。

 番組の公式Webサイトはこちら。

 ヌーの川渡りを見た、私のケニア旅行記9日目(2003年9月21日)はこちら。
 ヌーの川渡りの写真はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

映画「マサイ」の公開を知る

 12月に公開される「マサイ」という映画では、主人公のマサイを本物のマサイが演じたそうだ。
 その出演者2人が来日し、13日まで滞在するというニュースを読んだ。
 「ケニアのサバンナでライオンも狩ったという、マサイ族の「戦士」2人が」と記事は始まっているのだけれど、一昨年にケニア旅行した際に、確か、昔はライオンを狩るというのはマサイ族では成年になるための通過儀礼だったけれど、最近は禁じられているという話を聞いたような気がするのだけれど・・・。

 私が読んだニュースはこちら。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽