2015.08.07

「アイスランド・レイキャヴィク、8月22日"レイキャヴィクマラソン"開催に伴う影響」の記事を読む

 「アイスランド・レイキャヴィク、8月22日"レイキャヴィクマラソン"開催に伴う影響」という記事を読んだ。

 2015年8月22日(土)、「レイキャヴィクマラソン」が開催され、およそ13,000人の参加者が見込まれているそうだ

 レースは8時40分に市内中心部の「ライキャルガータ通り」をスタートし、市内を巡ってスタート地点にて戻って来るコースで行われ、終了予定時刻 は14時40分頃だという。
 市内のマラソンルート周辺の道路では、5時~15時頃まで交通規制が敷かれ、混雑が予想されるそうだ。

 もう10年も前にアイスランドに行ったとき、たまたまレイキャヴィクマラソンのスタート地点に向かう人々とすれ違ったことを思い出した。
 そのときは、「マラソンのために凄い渋滞が!」という感じではなかったけれど、10年もたつと状況が変わるのかもしれないと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.27

「世界の安全に旅行できる国 1位はアイスランドで日本は8位に」の記事を読む

 「世界の安全に旅行できる国 1位はアイスランドで日本は8位に」という記事を読んだ。

 2015年7月27日のニュースによると、経済平和研究所が世界162か国を対象とした平和な国ランキングを発表したそうだ。犯罪率、武器の輸出入、受刑者の数など23に項目を調査し、5段階で評価したランキングでは、より1に近いほうが安全な国となるという。

 日本はランキングでは8位となったそうだ。
 安全な国トップ10は以下のとおりである。

1位 アイスランド
2位 デンマーク
3位 オーストリア
4位 ニュージーランド
5位 スイス
6位 フィンランド
7位 カナダ
8位 日本
9位 オーストラリア
10位 チェコ

 アメリカは96位(2.038ポイント)、最下位のシリアは3.645ポイントだという。

 1位のアイスランドは、日本人の旅行先としてはあまり馴染がないが、今の季節が一年で最も美しい季節とも言われているそうだ。

 確かにアイスランドを旅行したとき、危険を感じたことはほとんどなかったと思う。記憶の限りでは全くないと言ってもいいくらいかも知れない。
 トップ10の国を見て、何だか納得の気分になったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.10

「アイスランド航空、”灯台ホテル”宿泊ツアーを企画」の記事を読む

 「アイスランド航空、”灯台ホテル”宿泊ツアーを企画」という記事を読んだ。

 アイスランド航空では、アイスランド最南端に位置し、100年の歴史を持つディルホラエイ灯台を改築した豪華ホテルに宿泊できる派ケージツアーを企画したそうだ。
 ホテルは、ツインルーム2室とシングルルーム1室を備え、5人までの宿泊が可能だという。

 パッケージツアーは、アイスランドでストップオーバーし追加料金なしで7泊まで滞在できるアイスランド航空のキャンペーンの宣伝として企画されたそうで、灯台での宿泊1泊分のほか、お抱え運転手の案内でシンクベトリル国立公園や火山によって形成された海岸線、美しい滝をめぐるツアーも含まれているという。

 きっとお高いとは思うけれど、かなり魅力的なツアーだと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.09

「世界初「人間検索エンジン」、アイスランドが新観光キャンペーン」の記事を読む

 「世界初「人間検索エンジン」、アイスランドが新観光キャンペーン」という記事を読んだ。

 アイスランド観光局が「世界初の人間検索エンジン」と銘打ち、一風変わった観光促進キャンペーンを立ち上げたのだそうだ。
 アイスランド旅行に関するさまざまな質問を、実在する生粋のアイスランド人に直接尋ねることができるのだという。

 「グドゥムンドゥルさんに質問しよう」というこのキャンペーンでは、TwitterやFacebook、YouTubeなどのサイト上でハッシュタグを付けて質問すると、実在する「グドゥムンドゥルさん」から回答を得られるというものだそうだ。
 「グドゥムンドゥル」はアイスランドで最も一般的な名前の1つで、人口329100人のうち、4000人以上の男女がグドゥムンドゥルさんだという。
 4000人以上の男女がグドゥムンドゥルさんだとすると、グドゥムンドゥルというのは名字なんだろうか。よく判らない。

 それはともかく、今秋までのキャンペーンでは、アイスランド国内7地域のいずれかに住むグドゥムンドゥルという名前のスペシャリストたちが、地元の天気や食事、イベントなど、旅行者が抱くさまざまな質問に答えてくれるそうだ。

 やっぱり、アイスランド語と英語限定なんだろうか。

 何だか凄く楽しそうな、そして、様々に深い考え方が潜んでいるようなお話だなと思ったのだった。
 
 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.23

「外務省、アイスランド火山噴火の可能性を注意喚起」の記事を読む

 「外務省、アイスランド火山噴火の可能性を注意喚起」という記事を読んだ。

 外務省が、2014年8月20日付で、アイスランドの火山噴火の可能性に関するスポット情報を発出したのだそうだ。
 アイスランドでは、8月16日、南東部のバトナヨークル氷河に位置するバウルダルブンガ火山周辺で多数の地震が検知されており、これを受けたアイスランド政府は火山の噴火危険レベルを5段階の上から2番目となるオレンジに引き上げたという。

 すでに火山周辺では道路が封鎖されており、噴火した場合は、その規模により付近で洪水が起こるほか、広範囲の道路が閉鎖される可能性があるそうだ。
 また、空港の閉鎖や周辺空域を航行する航空便に影響が出る可能性もあるという。
 このため、外務省では、アイスランドへの渡航を検討、または滞在している人に対し、報道などで最新の情報を確認し、安全確保に留意するよう呼びかけているそうだ。

 アイスランドを旅行した際、噴火のためにぐにゃりと折れ曲がった鉄骨(元橋梁だったと思う)を見たことを思い出した。
 十分な警戒がされているようだけれど、でも、大きな噴火にならなければいいと思う。

 私が読んだ記事はこちら。


【8月24日追記】
 8月23日、アイスランド当局は、バルダルブンガ山が大規模な噴火を起こす恐れが高まったとして航空警戒レベルを最も高い「赤」に引き上げ、周辺空域の飛行を禁止したそうだ。

 地元警察によると、バルダルブンガ山の北側にある観光地ではすでに約300人が避難したが、関係当局は現在のところ、住民への避難勧告は出していないという。しかし、火山の状況への注意を怠らないことや、常に携帯電話のスイッチを入れておくことを呼び掛けているそうだ。

 バルダルブンガ山の周辺地域の氷層は厚さが150~400mあり、関係当局は噴火によって氷が解けて洪水が発生すれば、国内のインフラが深刻な被害を受ける可能性があると懸念しているという。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.08

「アイスランド・ケプラヴィーク国際空港、初の旅客数50万人突破…7月利用実績」の記事を読む

 「アイスランド・ケプラヴィーク国際空港、初の旅客数50万人突破…7月利用実績」という記事を読んだ。

 2014年8月6日、アイスランドのケプラヴィーク国際空港が7月の利用実績を公表したところによると、旅客数は54万6749人だったのだそうだ。
 ケプラヴィーク国際空港の歴史で1カ月の旅客数が50万人を突破したのは初めてだという。1月から7月までの旅客数は220万人で、前年同期比20.2%増だったそうだ。

 空港を運営するアイスランド航空局は、旅客数増の対応策として、複数の空港施設への投資を進めており、既に旅客手荷物搬送システムの能力を倍増にしたほか、旅客ターミナルの拡張工事を実施中で、拡張部は16年中の供用開始を予定しているという。

 私がアイスランドに行ったのはもう10年近く前のことだけれど、随分と感じが違っているのだろうなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.04

「白夜の音楽フェス今月開催、アイスランド」の記事を読む

 「白夜の音楽フェス今月開催、アイスランド」という記事を読んだ。

 毎年のことなのか、2014年から始まるのか、そこはよく判らなかったのだけれど、6月20日から3日間、日が暮れず、カーテンコールもない音楽フェスがアイスランドのレイキャビクで開催されるのだそうだ。

 「秘密の夏至」と名付けられたこのフェスティバルには、地元や海外からさまざまな音楽ジャンルのアーティストが登場し、全体のテーマは、自然の象徴を描く北欧の宗教と神話だという。

 白夜と音楽を一度に楽しめて、一石二鳥の企画だなぁと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.29

「日本大使館を新設へ 南スーダンとアイスランドに」の記事を読む

 「日本大使館を新設へ 南スーダンとアイスランドに」という記事を読んだ。

 日本政府は、南スーダンとアイスランドでの大使館新設を決め、2013年度予算案に計上するという。日本大使館の新設は2年ぶりで、この2箇所を加えて全部で136になるのだそうだ。

 2005年にアイスランドに行ったけれど、日本大使館がないことすら知らなかった。
 アイスランドは日本と同じ捕鯨国で、日本の国連安保理常任理事国入りを支持しており、さらに連携を深めることが目的だそうだ。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.08

 「火山の内部を探検するツアー、アイスランドの旅行会社が期間限定企画。」の記事を読む

 「火山の内部を探検するツアー、アイスランドの旅行会社が期間限定企画。」という記事を読んだ。

 アイスランドの旅行会社3H Travelは、2012年6月15日から7月31日までの期間限定で「1,000年は噴火しない」とされるスリーヌカギガル火山(レイキャビクから約30kmのところにある)の火口をを訪れるという観光ツアーを企画し、注目を集めているのだそうだ。
 このスリーヌカギガル火山は、4000年前の噴火を最後に活動が止んでおり、火口内の温度が平均6度と低いため、旅行会社では現在「地球上で唯一、マグマ溜りに入れる火山」と紹介しているという。

 このツアーでは、火口内部に最高1時間滞在でき、直径4mの細長い火口から、設置されたエレベーターで120m内部まで入り、冷え固まっている柱のようなマグマを観光したり、その他ガイドと共に周囲を散策したりする6時間程度のツアーだそうだ。

 ちょっと参加してみたいと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.20

「アイスランド、神秘的なオーロラ」の記事を読む

 「アイスランド、神秘的なオーロラ」という記事を読んだ。

 記事の写真は、2011年10月9日にアイスランド南西部の町ニャールズビクで撮影されたものだそうだ。

 オーロラは、太陽から放出された荷電粒子が地球の磁力線に沿って両極に移動し、大気中の分子と衝突。励起した分子は余分なエネルギーを光として放出することによって生まれるのだそうだ。

 こういった写真をたびたび見かけると、やはりこの冬はオーロラ鑑賞の大チャンスで、ならば出かけねばならないのでは、という気持ちになってくるのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽