2007.11.29

平成19年度総合旅行業務取扱管理者試験に合格する

 今日、家に帰ったら、社団法人日本旅行業協会からA4サイズの封筒が配達記録郵便で届いていた。
 無粋なことに、封筒の表書きに「取扱管理者試験合格証在中」と書かれていた。

 そういうわけで、平成19年度総合旅行業務取扱管理者試験に合格できた。
 嬉しいというよりも、嘘みたいだ。

 同封されていた通知文には、「各受験科目で、満点の60%以上を得点した方を合格者としました。」と書かれている。

 もうほとんど来年も受験するつもりで、まさか合格できるとは考えていなかったので、答え合わせもしていなかった。
 今、「資格の大原」の平成19年度の総合旅行管理者試験解答速報のページで答え合わせをしてみたところ、受験した2科目のうち、約款が100点満点の70点、海外旅行実務が200点満点の165点だった。
 うろ覚えだったオープンジョーの考え方が概ね合っていたらしい。
 あと海外の観光地に関する問題に、自分が行ったことのあるところや興味がある場所、世界遺産検定で勉強したばかりだった場所などが多かったことも勝因だろう。

 幸運以外の何ものでもないけれど、運も実力の内、と思うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.08

平成19年度総合旅行業務取扱管理者試験を受ける

 今日は、平成19年度総合旅行業務取扱管理者試験の試験日だった。
 
 東京は、立教大学と首都大学東京とが試験会場に予定されていたのだけれど、申し込みがギリギリになってしまった私は首都大学東京を指定されたので、はるばる出かけてきた。

 国内旅行業務取扱管理者試験に合格しているので、受験科目は、11時から11時40分までの約款(旅行業約款、運送約款及び宿泊約款)と、13時30分から14時50分までの海外旅行実務の2科目だけでよい。

 受験してみた感想としては、それほど難しい試験ではないと思った。特に、観光地に関する出題が、世界各国から出されるためかメジャーな地域・観光名所がほとんどで、日本国内のお祭りと民謡と件名とを結びつける問題よりはずっと取り組みやすい。
 しかし、だから合格できるほどの正答率を確保できたかというとそれはまた別の話で、自分自身については「来年、試験直前に旅行に行ったりせずにがんばれば、何とか合格できるんじゃないか」というくらいの出来だった。
 (つまり、相当に出来が悪かったということである・・・。念のため。)

 周囲は、国内旅行業務取扱管理者試験のときは「専門学校の学生サンなのね」という風情の若者が多かったのだけれど、今回は「今現在、旅行業界で働いています」という感じの人が多かったように思う。

 今日の20時に「資格の大原」で解答速報が公開されるそうなので、気力があったらチェックしてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.01

2007年6月度世界遺産学検定認定証BRONZEが届く

 今日、家に帰ったら、特定非営利活動法人世界遺産アカデミーから郵便が届いていた。
 開けてみると、世界遺産学検定認定証BRONZEと銘打たれたカード(銀行のカードとかプラスチックのショップカードのような感じのカード)が入っていた。

 無事に認定されていて、嬉しいというよりもほっとした。

 初級90問のうち、60問以上正解でブロンズ、80問以上正解でシルバーに認定されるのだけれど、私の得点は65点だった。ブロンズ認定もぎりぎりということだ。

 さて、次回試験は12月に予定されている。
 シルバーを目指して受験するかどうか、少し考えようと思う。
 その前に、総合旅行業務取扱管理者試験が待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.17

2007年6月度世界遺産検定を受ける

 今日(2007年6月17日)は、2007年6月度世界遺産検定の試験日だった。

 今回実施されるのは「初級」のみである。
 集合時刻は13時10分、説明開始が13時20分、試験時間は13時40分から15時までの80分間だ。
 教室に入った感じでは、春に受けた情報処理試験よりもずっと受験率が高そうだった。気持ちは判る。
 教室内での飲食禁止、荷物は足元に置く、途中退室不可、鉛筆等を落としたら自分で拾うな、などなど、これまた情報処理試験よりも実施要領が厳しい。

 そのくせ、受験票には「2007年6月度世界遺産検定」と書いてあり、問題用紙には「2007年6月度世界遺産学検定」と書いてあったりと、微妙なところで手落ちがある。
 どちらが正式名称なんだろう?

 問題は、かなりの数、「公式問題集」から出題されていたように思う。
 解答は発表されないそうなのでいい加減な感触だけれど、60%の正答率(これで「ブロンズ」に認定される)には何とか到達したけど、80%の正答率(これで「シルバー」に認定される)には届いていないだろう、という感じだった。

 次回は2007年12月16日に、初級と中級が開催されるそうだ。
 今のところ、次も受けるかどうかは未定だ。今回の結果発表は8月上旬予定だそうなので、それを確認してから考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.31

平成18年度国内旅行業務取扱管理者試験に合格する

 今日、家に帰ったら、社団法人全国旅行業協会からA4サイズの封筒が配達記録郵便で届いていた。
 この「配達記録」というものものしさといい、封筒のサイズといい、もしやと思って開けてみたら、「国内旅行業務取扱管理者試験合格証」が入っていた。
 やった!

 同封されていた通知文によると、

**********

 平成18年度の合格点は、各科目(法令、約款、国内実務)60点以上です。
 合格率は33.4%です。

**********

 ということだった。

 調子に乗った私は、今のところ、来年は総合旅行業務取扱管理者試験に挑戦してみようと思っている。

 ところで、合格証の日付は平成18年11月1日になっているのだけれど、その前に手元に届いていいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.10

平成18年度国内旅行業務取扱管理者試験を受ける

 今日は、平成18年度国内旅行業務取扱管理者試験の試験日だった。
 言い訳がましいけれど、やはり8月に旅行に出かけると、試験対策などどこかに吹き飛んでしまう。去年に引き続き、とても合格に足る勉強はしていないのだけれど、受験料は払ったし、問題集も買ったし、何かの間違いで受かることもあるかもしれないので出かけてきた。

 試験時間は13時30分から15時30分までの2時間だ。
 外は暑く、汗を拭き拭き教室に入ったらやけに冷房が効いていて、何だか風邪をひきそうだった。
 相変わらず周りの平均年齢が低い。

 去年は「試験時間中にお手洗いに行くことはできません。」と言われたけれど、今年はそういう注意事項はなかったし、実際に試験中にお手洗いに行っている人も何人かいた(私の席がドアのすぐ近くの最後列だったので気配で判った)。

 今日の午後7時に公開された「資格の大原」の解答速報でチェックしてみたところ、「旅行業法及びこれに基づく命令」、「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」はそこそこ点が取れていたけれど、やはり「国内旅行実務」の出来がひどく悪い。お祭りの開催月と、民謡とその都道府県が結びついていないのは去年と同じだ。さらに今年は「こんな温泉聞いたことない・・・。」というところまで出てきた。

 ここ3年の合格ラインは、各科目(「旅行業法及びこれに基づく命令」、「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」、「国内旅行実務」)が全て60点以上、である。
 来年こそ「記念受験」にならないように精進したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.01

平成17年度国内旅行業務取扱管理者試験に落ちる

 昨日(2005年10月30日)、平成17年度国内旅行業務取扱管理者試験の試験結果がはがきで届いた。
 そろそろと剥がして開くと、こんな感じで文字が並んでいた。

 (通知書)
 国内旅行業務取り扱い管理者試験の結果について
 次のとおり通知します。

受験地    ○○○
受験番号 ○○○○○

 不合格  <-ひときわ大きな文字で、おまけに四角く囲んである。

 どういう風に書いてあっても私が見事に落ちたことに変わりはないのだけれど、それにしても、もうちょっと愛想の良い文面でもいいのに、と思ってしまった。
 やはり、合格ラインは各科目60点以上だそうだ。
 来年も挑戦してみようと思う。

| | コメント (0)

2005.09.11

平成17年度国内旅行業務取扱管理者試験を受ける

 今日は、平成17年度国内旅行業務取扱管理者試験の試験日だった。とても合格に足る勉強はしていないのだけれど、受験料は払ったし、問題集も買ったし、何かの間違いで受かることもあるかもしれないし、と出かけてきた。

 試験時間は13時30分から15時30分までの2時間だ。
 まず最初に問題数(塗りつぶすべき数)を数えたら、84問だった。これを2時間というのは結構きつい。
 途中から雨風も強くなる不穏な天候の中、時間だけは目一杯使ってマークシートの用紙を埋めた。

 周りの受験者がやけに若いと思っていたら、実際に仕事にしている人よりも専門学校の生徒が受けるケースが多いらしい。

 そういえば、「試験時間中にお手洗いに行くことはできません。」と言われたのは初めてだ。高校入試でも他の資格試験でも、大抵は「お手洗いに行きたくなった人は手を挙げてください。」と言われたように思う。
 何故なんだろう。

 試験開始前、会場の門前で「資格の大原」と「LEC」が直前チェックと解答速報の案内を配付していた。
 試験終了後に見直してみると、LECの直前チェックはかなりいいところを突いていたことが判った。
 解答速報は、「資格の大原」はこちらで、「LEC」はこちらである。
 いずれも解答速報を入手するにはアンケートに回答する必要があるが、「資格の大原」は個人情報までは求めない。

 ここ3年の合格ラインは、各科目(「旅行業法及びこれに基づく命令」、「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」、「国内旅行実務」)が全て60点以上、である。
 まだ答え合わせはしていないけれど、このラインにはとても達していないことだけは確かだ。

<答え合わせ後に追記>
 「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」はギリギリでクリアしていたけれど、他2科目がだめだった。
 でも「全く全然ちっとも歯が立たない」という感じでもなさそうなので(負け惜しみ)、今のところ、また来年も挑戦してみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽