2016.06.19

パスポートの受取に行く

 今日(2016年6月19日)、パスポートを受け取りに行って来た。
 申請は平日しか受け付けていないけれど、受取は日曜日でもできる。有り難い。印紙の販売窓口も開いていた。

 再び、10年用パスポートにした。
 2冊のパスポートを比べてみると、何だか新しいパスポートの方が写真の私が若いような気がする。多分、私が若い訳ではなくて、10年の間にパスポートに写真を転写する技術が上がったんだろう。

 6月9日に申請に行き、受取は16日からだったので、てっきり発行日は前日の15日になるのかと思っていたら、6月14日だった。

 以前のパスポートには穴が開けられて返された。
 エジプトの入国スタンプが飛行機バージョンと舟バージョンの二つあるとか、ビザが必要だったのはエジプトとウズベキスタンとロシアの3ヶ国だったとか、もの凄く適当なページに入国スタンプを押してくれたのはカナダとメキシコだったとか、モンゴルの入国スタンプはゲルの形になっているとか、改めて見直すとなかなか楽しい。

 新しいパスポートとはこれから10年間のお付き合いだ。大切に扱おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.09

パスポートの申請に行く

 2016年夏の海外脱出に向けて旅行会社にツアー申込みのメールを送ったところ、予約確定のためにパスポートナンバー等を知らせるよう回答があった。
 そういえば、そろそろ有効期限が切れる筈と思ってパスポートを開いたところ、案の定、6月末で期限切れだった。

 旅行会社には、これから切替申請することを伝え、今日(2016年6月9日)、パスポートの申請に行って来た。
 まだ有効期間内だし、記載事項に変更はないため、必要なものは申請書とパスポートと写真だけで済むのが有り難い。
 前の申請のときには官製はがき1枚が必要だったけれど、10年の間にその制度は廃止されたらしい。

 また、申請書類のうち住民票は、住基ネットで検索できない場合は別に必要になる。
 10年前のパスポート申請のときに思ったとおり、10年ぶりに住基ネットが活用されている場面を確認した。

 10年用パスポートの発行手数料が1万6000円なのは変わりない。
 消費税は関係ないのねと思う。

 今のパスポートを提出した際、窓口の方に「このシールは?」と質問された。以前にツアーに参加した際、添乗員さんが目印として名前のシールを貼っていたのだ。
 そのまま答えると、パスポートに何かを貼るのは厳禁ですという注意があった。
 申し訳ない。
 そして、旅行社さん、しっかりして、と思った。

 受取は6月16日からである。
 日曜日でも受取だけは可能なので、その次の日曜日に受取に行こうと思っている。
 日曜日に印紙販売の窓口が開いているかどうかよく判らなかったので、今日のうちに購入した。窓口のお姉さんが受取用の用紙に貼ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.10

プライオリティパスを更新する

 今日(2016年5月10日)、3ヶ月後にプライオリティパスが有効期限切れとなるので更新手続きをするようメールが届いた。

 今年、海外旅行に行く予定や計画は全くないけれど、せっかくなので更新の手続きを取った。

 2週間くらいで新しいカードが届くそうだ。
 ぜひ活用したいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.31

「RSVP 第14号 紅茶の楽園 スリランカへ」を読む

 2015年にも「何だか次にどこへ行きたいという気持ちが湧いてこないなぁ」と何となく思っていて、お休みの都合や何やらを考え合わせた結果、夏にカムチャツカにフラワーウォッチングに行ってきた。
 そして、今もまた、特にどうしても行きたいという場所が浮かばないなぁと思っている。

 今のところ、ちょっと興味が湧いてきたのがスリランカである。
 シギリヤレディ(ただし、2016年1月現在、壁画保護のためとはいえ、写真撮影が禁止されているというのは私にとっては大きなマイナスポイントである。)、仏陀の歯が納められているという仏歯寺、セイロン紅茶、ジェフリー・バワのホテル、アーユルヴェーダと、興味深いことが色々とある。

 その中で、スリランカの紅茶に着目したのが、こちらの雑誌の特集である。
 まだぱらぱらと眺めただけだけれど、それだけでも楽しい雑誌である。写真が多いので、じっくり読むというよりは、イメージを膨らませる手助けをしてくれそうな雑誌だ。
 持ち歩くには少し大きくて重いので、家でゆっくり見て読もうと思う。

 少し無理矢理感があるし、行くにしてもツアーで行くと思うけれど、やはり旅の行き先を考え情報を集めるのは楽しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.18

次の旅計画(海外編 覚え書き その3)を考える

 5年以上前にリストアップしたきりまたもや放ったらかしにしてしまった「今行きたいところ、やってみたいことの覚え書き」の海外編を更新することにした。

 2012年、2013年に参加したツアーで少し疲れてしまい、何となくツアーを避けたい気分になって、2014年は個人旅行にし、香港から3泊4日のクルーズ船に乗った。
 クルーズ旅行を楽しむには語学力が必須! と思い知ったけれど、それはそれとして私程度の語学力でも行き先を選べばツアーに乗らずとも海外旅行はできそうだという自信にもなった。

 そんなこんなで、今は、海外旅行には行きたいけれど、取り立てて行きたい旅行先はないという困った状態だ。
 職場環境が変わり、前ほど自由にお休みが取れない状況になったら、何だか「少ないチャンスをモノにしなければ!」という気分になってきているのだ。

 今現在の、私の行ってみたいところ海外編(順不同)。そしてその後の状況である。

その1より
・ヨルダン(ペトラ遺跡に行って、死海に浮かぶ)
  ->2010年9月に達成
・グアテマラ(できればティカル遺跡のピラミッドに上ってみたい。)
  ->2012年12月、マヤ暦が切り替わるその日にティカル遺跡に行けた
・シルクロード(中国も、中央アジアも)
  ->2011年9月、ウズベキスタンもSILK ROADの一部だ
・カナダ(星野道夫ファンではないのだけれど、クィーンシャーロット島へ)
  ->2013年6月、念願のクィーンシャーロット島に行って来た
・オーロラ(カナダでも、アラスカでも、北欧でも)
  ->2012年3月、イエローナイフでオーロラを見た!
・ニュージーランド(トレッキングする体力があるかどうかが問題)
・カンボジア(アンコールワットが崩れないうちに)
・チュニジア(モロッコよりも何故か郷愁を誘われる)
・チベット(青蔵鉄道に乗ってみたい)
・台湾(新装なった故宮博物院へ)
  ->2013年10月、職場の友人と台湾旅行
・エジプト(ナイル川クルーズでゆったりと)
  ->2007年から2008年にかけての年末年始にエジプト旅行を決行
   ただし、ナイル川クルーズはしなかったので、達成できたかどうかは微妙
・ベネズエラ(エンジェル・フォール!)
  ->2009年8月に決行

その2より
・南アフリカ共和国(本家のオリエント急行は廃止が決定してしまったので)
・ハワイ島(キラウエア火山とか、すばる望遠鏡とか)
・アラブ首長国連邦(30年前とどう変わっただろう)
・スペイン(サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩いてみたい)

その3
・ウユニ塩湖
・フェルメールの絵を見に世界各地の美術館へ

 また、思いついたら(思い出したら)追加しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.12

プライオリティパスが届く

 先日、プライオリティパスを申し込んだところ、1週間弱でカードが届いた。

 それほど飛行機に乗る訳でもなく、実際に使う場面があるかどうかは微妙なところだけれど、持っていて損はないだろう、というところである。
 そもそも、利用方法や特典内容がよく判らない。
 カードが送られて来たのみで、特に説明や利用規約のようなものは同封されておらず、サイトでチェックするしかないようだ。
 プライオリティパスのサイトを見てみたところ、半分日本語で半分英語といった造りになっていて、激しく英語に不自由な私には敷居が高そうだということが判明した。

 それでも、せっかく手に入れたので、機会があればぜひ活用しようと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.17

「女ひとりで海外団体ツアーに参加してます」を読む

 最初に本屋で見かけたときは、そうか、女ひとりで海外団体ツアーに参加するって、漫画になって本になってしまうようなことなんだ、とちょっと驚いた。
 確かに、友人でこれをやっている人はあまりいないし、私が参加したツアーでも、一人参加は自分だけということもあった。まだまだ少数派であることは否めない。
 けれど、逆に、8人のツアーで4人が一人参加でかつ全員女性というツアーもあったし、9人のツアーでご夫婦一組以外は全員一人参加というツアーもあったから、行き先によっては(特にいわゆる秘境系については)事情は大分変わってきたと言っていいと思う。

 そんなわけで「同じことをやっている人」の経験談や考えていることが判れば楽しいくらいに考えて購入し、一気読みしてしまった。分量的にもそう多くはない。
 どちらかというと「旅行」よりも「団体に一人」の方に力点が置かれている。プラスして、著者の体験談プラス、旅行会社広報担当の方や旅行ジャーナリストの方の説く「一人参加の心得」なども載っている。
 いわば、「女ひとりで海外団体ツアーに参加しても大丈夫!」とあなたの背中を押しますという本だ。
 何回かやってしまっていると、「おぉ!」という発見はそれほどない。
 つまるところ、団体ツアーに一人参加で楽しめるかどうかはその人自身のキャラによるのだな、という身も蓋もない結論に落ち着く。

 とりあえず、医療従事者の方がツアーにいると安心とやっぱり思ってしまうのだけれど、みんな揃って休暇中なんだから、という当たり前のことをもう一度己に言い聞かせなくてはと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.06

「GWの海外旅行者は約56万人、過去最高の2000年に次ぐ水準 JTBが発表」の記事を読む

「GWの海外旅行者は約56万人、過去最高の2000年に次ぐ水準 JTBが発表」という記事を読んだ。

 2012年4月6日、JTBは、今年のゴールデンウィークの海外旅行人数は前年比4.8%増の56.3万人で、過去最高の2000年に次ぐ水準となったと発表したのだそうだ。
 この調査は、1969年に調査を開始して以来、今年で44回目となるという。

 今年は5月1日と2日を休むと9連休になることもあってヨーロッパ方面の人気が高く、ハワイ、韓国、台湾なども人気を集めているのだそうだ。ヨーロッパでは、イタリア、スペイン、フランスの順で海外旅行人数が多いという。

 国内旅行も、前年比4.2%増の2,065万人の旅行者数が見込まれているそうだ。
 今年は例年より桜の開花が遅く、東北地方がGWに開花のピークを迎えると予測され、東北応援の傾向も根強く、また、世界遺産に登録された平泉の人気も高いという。

 実は私もGWに東北方面への旅行を計画している。
 桜が見られるといいなと考えている。

私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.28

トラベルケトルを購入する

 2012年3月20日からカナダのイエローナイフにオーロラを見に行くに当たって、少し前から導入を検討していた旅行用の湯沸かしポットを購入した。
 このツアーで宿泊するホテルにはコーヒーポットがあるという話だったけれど、コーヒーポットなので沸騰したお湯ではなく少し温いという情報もあり、また、カップラーメン等を持参するつもりなので一度に一定量以上のお湯は沸かしたいと考えたのだ。
 いくつかあった中で選んだのが、こちらのヤザワコーポレーションというメーカーのトラベルケトルである。

 総重量が軽く、一度の400mlのお湯を沸かせるというところがポイントである。
 小さいカップが2つついてきたけれど、私はそれとは別に旅行用のマグを今回購入したので、持って行かないつもりである。

 今回の旅行で早速役立ってくれる筈である。いつもより持参するコーヒーやお茶の量を増やす予定である。

 (画像をクリックすると、楽天のお店に飛びます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.08

「バックパッカー・パラダイス―旅人楽園」を読む

 著者の「さいとう夫婦」が、世界一周の旅をしながら、その様子を漫画で連載していた、その単行本ということになるのだと思う。

 これが、面白い。

 連載当時のまったり感を味わうために少しずつ読んではどうでしょうという趣旨のお勧めも書いてあったけれど、そんなことはとてもできなかった。
 もっとも、一気読みするには情報量が多すぎて、ひいひい言いながら読了したというのが本当のところである。

 何というのか、気負ったところも悲壮感もないところがいい。
 そして、突っ走って読んでも、旅の空気が感じられる。
 私にもバックパック旅行ができるかも、世界一周ができるかも、ツアーじゃない旅に出たいと思わせられる本だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽