2020.07.25

神秘のヨーロッパ 絶景紀行「聖なる巡礼路を行く~カミーノ・デ・サンティアゴ」を見る

 2020年7月24日(金曜日)NHK総合で21時から放映された神秘のヨーロッパ 絶景紀行「聖なる巡礼路を行く~カミーノ・デ・サンティアゴ」を見た。
 BS8Kで放映された番組をさらにBSプレミアムで放映し、1時間番組に編集してNHK総合で放送した、という感じのようだ。

 いくつかある「フランスの道」のうち、ル・ピュイを出発する1500kmを追っている。
 季節は秋で、各地で行われている収穫祭などの様子も収められている。
 何人かの「カミーノ」たちにインタビューもしている。
 2度目の挑戦だというプエルトリコから来たおじさんだったり、アメリカ合衆国から来た17歳の娘とその母娘だったり、フランスでオーナーシェフをしていて心臓発作を起こした男性だったり、ブラジルから来た医者の息子とその父親だったり、台湾からワーキングホリデーで来ている20代の女性だったり。
 一人で歩いているらしい日本人女性へのインタビューもあった。

 番組としては、台湾から来た女性にかなりフォーカスを合わせていたと思う。
 スタート地点、途中経過、ゴールと押さえていたのは彼女だけだ。
 多分、宗教上の理由ではなく「自分に打ち勝つため」歩くという彼女が、日本人にとっては一番馴染みやすいというか親しみを感じやすいと思ったんだろう。

 ル・ピュイからサン=ジャン=ピエ=ド=ポルまではフランス国内、そこから「最も過酷」と言われるピレネー越えを果たすとスペインに入る。
 大聖堂のあるレオンや、巡礼者に人気のアルベルゲ、蛸料理で有名なメリデなどを歩きすぎ、サンティアゴ・デ・コンポステラに至る。

 コンポステラの名前が、9世紀に、星の光に導かれ、ずっと行方不明だったイエスの十二使徒の一人である聖ヤコブの遺骸を発見したところから付けられたと初めて知った。
 コンポが「野原」、ステラが「星」の意味だそうだ。そもそも、コンポスとテラに分かれると思っていた間抜けな私である。

 最盛期には年間50万人が巡礼したそうで、しかし今「星の巡礼」などに影響を受け年間35万人が歩いているという。
 私も、最後の100kmでいいので歩いてみたいと思っている。

| | コメント (0)

2020.06.14

「お遍路ズッコケ一人旅 うっかりスペイン、七年半の記録」を読む

 2020年6月、波環(なみ たまき)著「お遍路ズッコケ一人旅 うっかりスペイン、七年半の記録」を読んだ。

 ご本人は「普通のおばちゃん」と名乗っているけれど、テレビ局勤務と履歴を読んだだけで「普通ではありません」と思ってしまうのはこちらの偏見というものだろう。
 会社勤めを続けながら、四国八十八ヶ所霊場を何回にも分けて歩き、さらに歩きたいという気持ちになって、スペインのサンティアゴ巡礼も歩いてしまった記録である。
 どちらかというとサンティアゴ巡礼の方により興味を持っていたので、ほんの1章しか割かれていないのがちょっと残念だった。

 読み始めは、とにかく「だ・である」身体と「です・ます」体が混ざっているのが読みにくくて読みにくくて仕方がなかった。
 それが、読み進むにつれて、やっぱり入り交じっているにも関わらずあまり気にせずに読めるようになったのが不思議である。

 特に信仰心がある訳ではない、特に歩く理由がある訳ではないと書いているけれど、やはりお遍路をしようという理由が何もない筈がない。
 その理由が何かをはっきり指摘することはできずとも、理由があって歩き始めたことは伝わってくるように思う。

 持ち物や、宿の予約方法、お遍路を始めるに当たって読むと良い本、持参すると良い本等々が書かれているのも楽しい。
 具体的な日誌風の記述ではなく、振り返って総括した、という感じの書かれ方だ。

 文句を言いつつ、なんだかんだ楽しく読んだ。

| | コメント (0)

2020.05.04

「「好き」を追求する、自分らしい旅の作り方: 海外旅行に役立つアイデアとワンテーマ旅のすすめ」を読む

 2020年5月、「STAY HOME」と言われている今こそ旅行計画を立ててやろうじゃないかと、旅関係の本を何冊か購入して読みました。
 そのうちの1冊がこちら「「好き」を追求する、自分らしい旅の作り方: 海外旅行に役立つアイデアとワンテーマ旅のすすめ」です。

 タイトルに関係する記述は割と少ないような・・・。

 個人で海外に行くときに、このサイトやこのサイトで足や宿の準備をしていますとか、ここ行くと楽しいですとか、こういう旅をしている人たちがいますとか、持ち物はこんな感じですとか、そういった内容が雑多に詰め込まれています。
 ターゲットが絞られていないといえばそうですし、色々な旅があるんですねという紹介ですといえばそうです。

 私は海外旅行はほぼツアーで出かけますが、それはそれとして、「旅の準備をする」「下調べをする」ってなかなか楽しい。
 妄想旅行のきっかけをもらいました。

| | コメント (0)

2019.11.08

プライオリティパス更新を申し込む

 2019年11月、約3ヶ月後にプライオリティパスが有効期限切れとなるので更新手続きをするようメールが届いた。

 プライオリティパスの有効期間は、更新の申込み月から2年間だそうだ。
 だったらもう少し更新のお知らせが遅くてもいいんじゃないかと思う。
 しかし、ここで放置したら手続きを忘れそうなので、早速、更新の手続きを行った。

 2週間くらいで新しいカードが届くそうだ。
 有効活用したいと思う。

| | コメント (0)

2019.10.14

「気分は今もヨーロッパ―マイ・トラベル・ガイド」を再読する

 2019年10月、何だか突然に読みたくなって、竹宮恵子著「気分は今もヨーロッパ−マイ・トラベル・ガイド」を引っ張り出してきて久々に読みました。

 出版が1989年。古い!
 そして、我ながらよくぞ捨てずに保管しておいたものです。

 ヨーロッパを個人旅行しませんか、私たちはこーんなにトラブルだらけだけれどそれでも楽しくヨーロッパを旅して歩いていますよ、ヨーロッパを個人旅行するなら断然鉄道旅がお勧めですよ、という本です。
 懐かしい。

 当時、インターネットなどというものは(存在はしていたかも知れませんが)普及しておらず、時刻表はトーマス・クックを何とかして手に入れて調べ、街のインフォメーションで宿を予約し、インフォメーションで地図をもらって役立て、「共産圏」という言葉がリアルに使われ、もちろんユーロなどはないので各国ごとに両替が必要です。
 懐かしい。

 その準備の大変そうなこと、ドタバタ旅の楽しそうなこと。

 私は詳しくないのでそこで「きゃあ」とかは言わないのですが、萩尾望都、山岸凉子、増山法恵、竹宮恵子 の4人でヨーロッパを旅したとか、ファンの方にはとんでもないシチュエーションなのでは??? という感じもいたしました。

 個人旅行もいいなぁ、もう根性足りなくて(語学力や体力や胆力は元々ないので)できないかなぁ、でもやってみたいなぁ、と思いました。

| | コメント (0)

2019.07.15

「週末海外 - 頑張る自分に、ご褒美旅を」を読む

 2019年7月、小林希さんの「週末海外」を読んだ。
 4月に職場が替わって3ヵ月、とても長期休みをいただいて海外脱出などできそうになく、そもそも体調的にも気力的にも海外に行っている場合でもなく、でも「どこかに行きたいなぁ」という願望だけは日々強くなってくる。

 そういうときこそ、「気軽に海外に行きましょう」という本を読んで、自分をなだめる必要がある。

 金曜夜発月曜朝着の超弾丸かつ本当に「週末」だけで行く海外から、有給休暇を足して5日くらいは何とか確保してねの行き先まで、28カ所。
 私としてはもう少し穏やかな旅程を希望。

 一番心惹かれたのは、3日間で行けるサムイ島。
 ひたすらホテルのお部屋でゆったり過ごす3日間。

 それなら別にサムイ島じゃなくてもいいし、そもそも海外でなくてもいいのでは? と自分で自分にツッコミを入れた。
 やっぱり海外旅行はもう少し元気になってから計画したいと思う。

| | コメント (0)

2019.03.24

「旅のアイデアノート」を読む

 2019年3月、「旅のアイデアノート(森井ユカ著)」を読んだ。

 旅の色々を50音順に並べた、玉手箱みたいな(というのは言い過ぎかも知れない)本である。
 例えば「雨」とか、「機内食」とか、「自動化ゲート」とか、「読書旅行」とか、「蚤の市」とか、「服」とか、「マナー」とか、「郵便」とか、「リゾート」とか、「wi-fi」などなど、全部で100項目。

 テーマは様々、国内外旅行にまつわると言いつつどちらかというと海外旅行がメインになっているように思う。

 この手の本を読むときには、ついつい「持ち物」とか「便利グッズ」系の項を熟読してしまう。
 こういった「工夫」や「これが便利!」は、やはり人それぞれ、行き先にもよるし、目的にもよるし、一人なのか誰かと一緒なのかによっても違ってきて当たり前、その辺りを承知の上で、やっぱりその人それぞれの考え方や工夫が面白い。

 例えば、「友達と旅行するとしたら、可能であれば部屋は別々に取ります。」という一文にびっくり。
 確かにその方が気楽だけれどそれを言い出す勇気はなかなかないよなぁという気持ちと、それなら一人旅でもいいんじゃないかなぁという気持ちと。

 そんな感じで、「ひと様の旅行の流儀」を楽しくのぞき見できる本だった。

| | コメント (0)

2018.12.02

「母とヨーロッパへ行く 母+娘=100歳~の旅」を読む


 2018年12月、「母とヨーロッパへ行く 母+娘=100歳~の旅」を読んだ。

 少し前に、母が「台湾なら行ってもいい」と海外旅行にちょっとだけ興味を示していたので、これはきっと高齢の母と一緒に旅するコツが書かれているに違いない、と思ったのが購入の動機である。

 「語学ができて」「車の運転ができる」娘(著者ご自身)が、高齢の母親と一緒にヨーロッパを旅した様子が綴られている。
 ここで既に参考とするにはレベルが高すぎる・・・、という感じが漂う。
 それは、「行き先がヨーロッパ」ということもあり、持参されている洋服のセットアップ(写真で紹介されている)を見ても明らかだ。

 それはそれとして、「きちんと見える格好が必要な場合」の洋服の考え方、休憩のタイミング、美容と健康のためのアイテム、ホテルとホテルに入っているレストランのランクはほぼ同等と考えて良い、ウーバーの利用等々、なるほどと思う情報もあった。

 年齢も(多分)同じくらいで、行き先は国内がもっぱらでありつつ、「母との旅行が気楽」という気持ちはよく分かる。
 面白く読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

プライオリティパスを更新する

 先日、約3ヶ月後にプライオリティパスが有効期限切れとなるので更新手続きをするようメールが届いた。

 今年、海外旅行に行く予定や計画は全くないし、仕事的に予定を立てられる状況でもないけれど、せっかくなので更新の手続きを取った。

 2週間くらいで新しいカードが届くそうだ。
 ぜひ活用したいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.10

次の旅計画(海外編 覚え書き その4)を考える

 2017年は、十数年振りに海外脱出ができなかった。
 ちょっとショックである。
 年末年始に何とかとあがいてみたけれど、行きたい場所へのツアーが催行中止になってしまったところで、これはご縁がなかったのだと諦めた。

 来年は絶対に海外脱出するぞという決意表明を兼ねて、「今行きたいところ、やってみたいことの覚え書き」の海外編を更新することにした。

 今現在の、私の行ってみたいところ海外編(順不同)。そしてその後の状況である。

その1より
・ヨルダン(ペトラ遺跡に行って、死海に浮かぶ)
  ->2010年9月に達成
・グアテマラ(できればティカル遺跡のピラミッドに上ってみたい。)
  ->2012年12月、マヤ暦が切り替わるその日にティカル遺跡に行けた
・シルクロード(中国も、中央アジアも)
  ->2011年9月、ウズベキスタンもSILK ROADの一部だ
・カナダ(星野道夫ファンではないけれど、クィーンシャーロット島へ)
  ->2013年6月、念願のクィーンシャーロット島に行って来た
・オーロラ(カナダでも、アラスカでも、北欧でも)
  ->2012年3月、イエローナイフでオーロラを見た!
・ニュージーランド(トレッキングする体力があるかどうかが問題)
・カンボジア(アンコールワットが崩れないうちに)
・チュニジア(モロッコよりも何故か郷愁を誘われる)
・チベット(青蔵鉄道に乗ってみたい)
・台湾(新装なった故宮博物院へ)
  ->2013年10月、職場の友人と台湾旅行
・エジプト(ナイル川クルーズでゆったりと)
  ->2007年から2008年にかけての年末年始にエジプト旅行を決行
   ただし、ナイル川クルーズはしなかったので、達成できたかどうかは微妙
・ベネズエラ(エンジェル・フォール!)
  ->2009年8月に決行

その2より
・南アフリカ共和国(本家のオリエント急行は廃止が決定してしまった)
・ハワイ島(キラウエア火山とか、すばる望遠鏡とか)
・アラブ首長国連邦(30年前とどう変わっただろう)
・スペイン(サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩いてみたい)

その3より
・ウユニ塩湖
・フェルメールの絵を見に世界各地の美術館へ

その4
・オーストラリア(THE GHANに乗って大陸縦断)
・アラスカ(デナリ国立公園の最奥に泊まってマッキンリー山を見る)
・カンボジア(アンコールワットも見たいけれど、クバール・スピアンも見たい)

 また、思いついたら(思い出したら)追加しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *201908奥入瀬の始末 *201908奥入瀬の支度 *201909栃尾又温泉の始末 *201909栃尾又温泉の支度 *201911横浜の始末 *201911横浜の支度 *201912カンボジアの始末 *201912カンボジアの支度 *201912鬼怒川温泉の始末 *201912鬼怒川温泉の支度 *202003大丸温泉の始末 *202003大丸温泉の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽