2006.09.18

修善寺旅行記2日目

2006年8月27日(日曜日)

 確か、朝食は8時からと言われていたと思う。
 7時に3人とも起き出し、24時に入れ替わっている筈の、もう一つのお風呂を体験しに出かけた。やっぱり他のお客さんの姿はない。
 朝に入ったお風呂の方が狭く、眺めもあまり良くなかった。入れ替え制にしているのも納得だ。

朝食 そして、「少し早いですが」と始まった朝食が凄かった。
 もちろん、豪華さでは昨夜の夕食の方が勝る。しかし、インパクトはこの朝食の方が圧倒的だったと思う。間違いなく、私の生涯で一番大量で一番豪華な朝食だった。
 最初につみれ鍋がセットされたときにはどうしようかと思ったくらいだ。
 その後、揚げ餅やシュウマイ、お芋の煮物、茶そば、鰺に塩辛や明太子、茶碗蒸しまで出てきた。
 朝食が3回に分けて出されたことに驚く。

 多分、宿をチェックアウトしたのが10時くらいだったと思う。
 いったん修善寺駅までバスで戻り、使わない荷物をコインロッカーに預けて身軽になる。再びバスに乗って浄蓮の滝を目指した。
 バスで30分くらい走り、浄蓮の滝のバス停に到着した。ここから遊歩道が滝壺まで続いている。結構深い。しかも、雨がポツポツ降り出してきた。

浄蓮の滝 たどり着いた浄蓮の滝は、思ったより大きくて迫力があり、マイナスイオンが出ている! という感じだった。
 滝壺も青緑色をしていてとても綺麗だ。滝壺から流れる川と並行してわさび田があったから、水の綺麗さは折り紙付きなんだろう。
 また、滝壺手前の売店で釣り具の貸出をしており、滝壺から流れる川では家族連れが鮎釣りに興じていた。捌いてもらっている人もいて、結構大きな鮎が釣れていたようだ。
 もちろん、「天城越え」の歌碑もある。

わさび田 しばらく3人で代わる代わる写真を撮ったり、滝を眺めたり、わさび田に沿って行き止まりまで歩いてみたり、売店でわさび漬けを買ったり、のんびりと浄蓮の滝を堪能した。
 戻りの階段の上りがちょっときつい。

 階段を上がりきったところにも売店があり、わさびソフトが売られていた。これは試さねばと、3人揃ってわさびソフトに挑戦した。私ともう一人は甘口にしておいたけれど、一人、果敢に辛口に挑戦していた。
 もっと違和感があるのかと思ったら、ソフトクリームはソフトクリームで、最後にわさびがピリっと利いているという感じで美味しい。辛口を味見させてもらい、こちらでも大丈夫だったなぁと思った。

 ソフトクリームを食べている間に雨が本降りになってきた。
 昨日は、浄蓮の滝に行った後でイノシシ村か湯ヶ島温泉に行って少し歩き(遊び)、お昼ごはんにイノシシを食べようかと相談していた。けれど、朝ごはんをたくさん食べ過ぎて、とてもじゃないけれどイノシシが入る余地はない。
 何だかまったりとした雰囲気になり、それじゃあ早めに帰ることにしようと、まっすぐ修善寺駅に戻った。
 流石に13時くらいでは渋滞は始まっておらず、行きよりは多少時間がかかったくらいで駅まで戻ることができた。

 始発だから自由席でも大丈夫だろうと踊り子の切符を買い、駅に併設されているお土産物屋さんでお土産を物色する。
 職場で「修善寺に行くんだ!」と触れ回ったのでお土産にわさびせんべいを買い、モンゴル旅行から帰ってきて妹に「お土産が何もないの?!」と言われてしまったので家にもお菓子やお漬け物を買い込む。
 14時台に修善寺を出発する踊り子は、始発ということもあってそれほど混んではいない。早めに電車に乗って席を確保し、半分眠りつつ、半分お菓子を食べつつ、帰って来た。
 ごはんとお湯を贅沢した旅行だった。

 修善寺旅行記1日目<-

2006年9月18日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺旅行記の入口を作る

 ここは1泊2日で出かけた修善寺旅行記への入口である。
 (入口をわざわざ作るほどのことはない、気もする。)
 以下の日程表の日付部分をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。
 
1日目 2006年8月26日(土曜日)
2日目 2006年8月27日(日曜日)


 修善寺の「鶺鴒荘」は至れり尽くせりで何でも揃っており、持って行くべき物は着替えくらいだった。なので、「持ち物リスト」は省略する。

 持参したガイドブックはこの2冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺旅行記1日目

2006年8月26日(土曜日)

 先週はモンゴルに行き、今週は修善寺に行くというハードスケジュールな夏を過ごした。
 とはいっても、修善寺旅行は、「温泉に浸かってのんびりしよう」と、友人と3人で出かけた緩めの旅だ。
 東京駅10時発の踊り子号が満席で驚いた。途中で切り離しをした、修善寺行きも下田行きも満席だったと思う。

揚げそばとカレー 12時半過ぎに修善寺駅に到着した。
 修善寺温泉は駅からバスで10分くらいのところにある。温泉街の少し手前でバスを降り、お昼ごはんを食べに「薬膳の館」というお店に入った。
 伊豆のこの辺りの特産だという黒米を使った薬膳料理を食べさせてくれるお店である。もう13時も回っているし、お昼からコースをいただいたら夕ごはんが入らなくなってしまうので、3人とも揚げそばとカレーのセットを頼んだ。

 ゆっくり歩いても、割とすぐ温泉街に到着した。
 まずは「修禅寺」に向かう。思ったよりも立派だといえばいいのか、想像していたよりも狭いといえばいいのか迷う。小さいけれど風情のあるお寺だった。
 普通は水が流れている手水場に、修禅寺ではお湯が流れていた。硫黄の匂いはしなかったけれど、恐らく温泉だったと思う。

 その後、もの凄く美味しそうなおまんじゅうやさんがあった。店名は覚えていないけれど、独鈷の湯から道路の反対側斜め前にあるお店だ。そのときは黒ごまのおまんじゅうを丸ごと1個試食させてくれていた。これが蒸かしたてだったこともあり、上品な甘さでとても美味しい。皮も餡もごまがたっぷり入っていて真っ黒だ。
 3人で随分悩んだけれど、一番小さい箱が15個入りである。とても食べきれないと諦めた。もっと小さい箱でも売ってくれればいいのにと思う。

修善寺温泉街 独鈷の湯を眺め(足湯になっていて浸かっている人が何人かいた)、そのまま竹林の小径に進んだ。
 今夜の宿である鶺鴒荘は修善寺温泉街のほぼ一番奥にある。指月殿にも立ち寄らなかったし、源氏ゆかりのお寺やお墓などにも詣でなかったけれど、宿にたどり着くまでに修善寺温泉の見どころを全て見たような気持ちになる。

 鶺鴒荘に到着すると、お部屋でチェックイン手続きをしてくださった。
 お風呂が24時で男女入れ替えになることなどを教えていただき、夕食は18時からでお願いする。少し休んでから、早速、温泉に行くことにした。
 お風呂は別棟になっている。変則的な形で、内湯もガラス張りでお庭が眺められるし、露天風呂もある。どちらかというと熱めのお湯だ。
 アメニティがやたらと充実していて、シャンプーだけでも3種類くらいあったと思う。

 内湯は熱かったので、少しは温度が低めの露天風呂に移動し、のんびりと半身浴のようにして浸かった。夏も終わりのせいか、時間が早いせいか、他のお客さんの姿はほとんど見ない。
 硫黄の匂いはやはりあまりしない。無色無臭透明のお湯だ。

洋皿八寸 鶺鴒荘の白眉はお料理だと思う。
 こんなに凝った盛りつけでこんなにたくさんの美味しいお料理を食べたのは生まれて初めてかも知れないと本気で思った。
 この写真は洋皿八寸で、真ん中に立っているのは大根をかつらむきにしたもので、その中にロウソクが入っている。お部屋の電気を消すと、大根の模様が浮き上がってとても綺麗だ。
 また、お刺身は雪状の氷でできたくす玉に入って木槌と一緒に出され、その木槌でくす玉を割って食べる趣向だった。
 お献立をいただいて来たので、そのまま書き写してみる。

 食前酒 
  女将手造りの梅酒
 先付
  鰻ざく:針生姜 独活 かげん酢
 冷し椀
  吸とろ椀:鱧くず打ち じゅん菜 小メロン
 刺身
  薬玉氷鉢盛り:伊豆の幸色々
 洋皿八寸
  まて貝オランダ揚 無花果田楽 づんだ餅 蟹の棒鮨
  もろこししん薯 夏鴨アスパラ巻 烏賊のチーズ焼き
 鉢皿
  狩野川鮎塩焼 葉唐がらし 酢取生姜
 揚物
  巻海老二色揚 椎茸 鮑茸 青唐 楓くず
 冷し鉢
  青竹盛り:若布素麺 有頭海老 葉生姜 鱸吉野打ち 姫トマト
 蒸鉢
  甘鯛紫陽花蒸 黒米 銀餡
 煮物
  揚げ南京饅頭 海老 はすの実 伊豆蛸桜煮 楓麩 オクラ
 食事
  釜炊浅蜊御飯
 止椀
  赤だし仕立て:なめこ 三ツ葉
 香の物
  三種盛り
 水菓子
  林檎ゼリー寄せ
 アイスクリーム
  煎茶アイスクリーム

 これだけ食べて、ビールなどいただいたら、もうお腹はいっぱいだし眠いし、お風呂に行く気力も沸かない。
 結局、恒例になっているトランプ(もちろん、大富豪)をすることもなく、お布団に寝転がって何故か3人して24時間テレビのドラマに見入ってしまい、見終わったところでとっとと寝てしまった。

 ->修善寺旅行記2日目

2006年9月18日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

修善寺旅行から帰る

 修善寺旅行から帰ってきた。
 2005年に初島旅行に行ったときも同じように書いたけれど、「旅行に行ってきた」というよりも「美味しいものを食べて、温泉に入ってきた」という感じだ。

 1日目は修善寺温泉の宿(鶺鴒荘に泊まった)でゆっくりし、何故か24時間テレビのドラマなど3人揃って見てしまい、翌日は浄蓮の滝まで行ってその後歩くつもりだったのだけれど雨に降られ、早めに修善寺駅に戻って午後2時台の踊り子で帰ってくるという、ゆっくりスケジュールで、のんびりした温泉旅行だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺旅行記2日目(引っ越しました)

*****

 修善寺旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

1日目 2006年8月26日(土曜日)

2日目 2006年8月27日(日曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

修善寺旅行記1日目(引っ越しました)

*****

 修善寺旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

1日目 2006年8月26日(土曜日)

2日目 2006年8月27日(日曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽