2017.06.25

「日光”眠り猫”、目覚めてる? 再修復して今は熟睡」の記事を読む

 「日光”眠り猫”、目覚めてる? 再修復して今は熟睡」という記事を読んだ。

 59年ぶりに修復作業が行われ、2016年11月にお披露目された日光東照宮の彫刻「眠り猫」が、お披露目から1ヶ月半ほど「薄目を開けていた」そうだ。彩色の担当者が両目が開いているように描いていたという。
 現在は改められ、目を閉じた表情となっている。

 修復は大正、昭和期の図面を元に実施。図面では目の彫りの部分が黒で塗り上げられているが、彩色担当者は目の中央部分の黒さを強調し、周りは薄いグレーの2色としたため、薄目が開いたような状態になったという。

 日光社寺文化財保存会では、「時代によっては薄目を開けていた」との伝承もあるというが、同会は「確証はない」と1月に図面通りに塗り直させたそうだ。

眠り猫 2017年3月に日光東照宮に行ったときに撮った眠り猫の写真と、記事に掲載されていた眠り猫の写真を見比べると、確かに今年3月の写真を見ても薄目を開けている感じはないなぁと思う。
 昨年末から今年初めにかけて東照宮に行き、眠り猫の写真を撮った方はラッキーだなぁと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.04

「日光東照宮 節分祭にぎわう みこが鬼を鎮める舞も披露」の記事を読む

 「日光東照宮 節分祭にぎわう みこが鬼を鎮める舞も披露」という記事を読んだ。

 2017年2月3日、厄よけのための節分祭が日光市山内の日光東照宮で開かれたそうだ。五重塔の前に設けられた舞台から豆や菓子がまかれ、多くの参拝者でにぎわったという。

 日光東照宮での節分祭は、儀式としては江戸時代から続いており、豆まきの前に、四人のみこが舞台で舞を披露。サカキの木と鈴の付いた短刀を持ち、太鼓の音に合わせて振りながら鬼を鎮めたそうだ。弓の弦を鳴らして災難を防ぐ神事も行われたという。

 その後、祈祷をした年男や年女が舞台に上がり、豆や菓子を投げたそうで、豆が入った袋の中には当たりもあり、それを取った人は節分祭が終わった後、和菓子などと交換していたという。

 人混みは苦手だけれど、こういうお祭のときに出かけるのも楽しそうだなと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.25

「東武ワールドスクウェア "縁結神社"を創建 栃木・日光」の記事を読む

 「東武ワールドスクウェア "縁結神社"を創建 栃木・日光」という記事を読んだ。

 2016年12月23日、栃木県日光市鬼怒川温泉大原のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」は¥、鎮守社として「縁結神社」を創建したそうだ。
 2017年4月で開園25年目を迎え、予定している各種記念事業の一環だという。

 縁結神社はエジプトゾーン脇の小高い丘にあり、社殿はヒノキ造りだそうだ。
 日光東照宮の神職が神社創建の祭事を執り行い、宮原弘社長ら同園関係者らが玉串を奉納したという。

 何故、東武ワールドスクエア内に縁結びの神社? と思わなくもないけれど、機会があったらお参りしておこうと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.02

「"眠り猫"59年ぶりお色直し終える 日光東照宮」の記事を読む

 「"眠り猫"59年ぶりお色直し終える 日光東照宮」という記事を読んだ。

 2016年11月28日早朝、59年ぶりの修復作業が行われていた世界文化遺産、日光東照宮の彫刻「眠り猫」が、お色直しを終え、定位置である徳川家康が眠る奥宮への参道の東回廊入り口正面に取り付けられたそうだ。

 最近は彩色がはげて傷みが目立っていたため、三猿とともに今年6月から修復作業に入り、顔料を塗り直したり金箔を施したりしたという。修復された眠り猫は、白や緑などの色が鮮やかによみがえった。

 作業を行った日光社寺文化財保存会の彩色専門技術担当の沢田了司さんによると、眠り猫には、江戸時代と昭和時代に修復作業をした彫刻師の名前があったという。

 彩色が鮮やかになっても眠り猫はひっそりと存在しているのではないかしらと思いつつ、綺麗になった眠り猫を見に行くのもいいなと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.07

「夜に浮かぶ紅葉見頃 日光の輪王寺”逍遥園”でライトアップ」の記事を読む

 「夜に浮かぶ紅葉見頃 日光の輪王寺”逍遥園”でライトアップ」という記事を読んだ。

 2016年11月5日付けの記事によると、日光市山内の日光山輪王寺の日本庭園「逍遥園」で、紅葉が見頃を迎えた4日から紅葉がライトアップされているそうだ。

 イロハモミジやヤマモミジなど約50本が植えられているという。
 また、ライトアップは15日まで行われるそうだ。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

「昭和の山岳夜行、再び…紅葉を見に行く”日光夜行”浅草発10月15・21・22日」の記事を読む

 「昭和の山岳夜行、再び…紅葉を見に行く”日光夜行”浅草発10月15・21・22日」という記事を読んだ。

 2016年10月15日、21日、22日の3日間、紅葉トップシーズンをむかえた日光に、浅草23時55分発、日光に早朝到着する夜行列車「日光夜行」が走るそうだ

 「日光夜行」は、北千住・新越谷・春日部に停車し、東武日光に2時16分に到着、朝日がのぼる6時ごろ前まで車内で過ごせるという。車両は東武特急「きりふり」「ゆのさと」などを担う300系で、6両のうち1両は女性専用車両設定になるそうだ。全席にブランケットとスリッパが付くという。

 浅草・北千住・新越谷・春日部の各乗車駅から、東武日光駅までの往復割引運賃と、往路の特急料金、東武日光~湯元温泉間のバス往復運賃をセットにし、東武トップツアーズ各支店で完全予約制で販売され、浅草駅発の場合は、大人7500円・こども4900円だそうだ。

 また、東武日光~湯元温泉間の往路のバスは「専用バス」で、東武日光駅前を4時に出発し、途中、中禅寺温泉、竜頭の滝、赤沼などに停車し、湯元温泉に5時15分頃に到着するという。
 復路は定期路線バスで、2日間有効。同一方向に限り何度でも乗り降りできるそうだ。

 ずっと前に日光に行った際、タクシーの運転手さんから、日光に泊まって朝一番にいろは坂を上り、午前中に降りてくれば渋滞に巻き込まれずに紅葉を楽しめると教えてもらったことを思いだした。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.31

「東武鉄道、日光の「金谷ホテル」を買収 明治6年創業、国内最古のリゾート」の記事を読む

 「ロープウェイ 全通、箱根観光に朗報」という記事を読んだ。

 2016年8月30日、東武鉄道は、栃木県の日光・中禅寺湖で名門リゾートホテル2軒を運営する「金谷ホテル」を買収すると発表したそうだ。
 投資ファンドと従業員持ち株会から議決権ベースで計61.6%分を取得、既存の持ち株と合わせ63.4%とし、9月30日付けで子会社化するという。

 東武は2017年夏から鬼怒川線で蒸気機関車の観光列車を運行するほか、中禅寺湖遊覧船を新造する計画で、訪日外国人客の人気も高い日光・鬼怒川エリアからの収益向上に注力するそうだ。

 中禅寺金谷ホテルには泊まったことがあるけれど、日光金谷ホテルには泊まったことがない。
 東武鉄道傘下に入る前に一度くらい泊まってみたかったなぁという気がする。ちょっと残念だ。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.28

「絶景テラス、中禅寺湖一望 日光・旧英国大使館別荘の建物復元」の記事を読む

 「絶景テラス、中禅寺湖一望 日光・旧英国大使館別荘の建物復元」という記事を読んだ。

 2015年10月27日、奥日光・中禅寺湖畔に建つ旧英国大使館別荘の来年夏からの一般公開を目指す県は、建物の復元工事が終了したことを受け、地元関係者や報道機関を対象とする内覧会を開いたそうだ。

 県によると、旧英国大使館別荘は、木造2階建て延べ床面積約467平方メートルあり、黒の外壁とは対照的に館内は白が基調で、エントランスには日光東照宮が寄贈した「日光並木杉」を活用したという。
 従来使われていた木材の一部を再利用したり、建具や暖炉なども残したり、伝統的な英国デザインの壁紙をあしらった部分もあるそうだ。

 参加者に人気だったのは開放感のある2階テラスだという。

 一般公開されたらぜひ行ってみようと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.24

「いろは坂:赤やオレンジ、秋色見ごろ…栃木・日光」の記事を読む

 「いろは坂:赤やオレンジ、秋色見ごろ…栃木・日光」という記事を読んだ。

 2015年10月23日付けのニュースでは、栃木県日光市の「いろは坂」で紅葉が見ごろを迎えたそうだ。
 県立日光自然博物館によると、見ごろは1週間ほど続き、週末は渋滞が予想され、上り切るのに1〜2時間かかることもあるという。

 博物館によると、今年は8、9月に低温の日が多かったため、例年より1〜2週間色づきが早かったそうだ。世界文化遺産「日光の社寺」周辺は、早ければ今月末から見ごろを迎えるという。

 以前に日光に行ったとき、泊まった宿の方から、いろは坂の紅葉は、日光市街に1泊して早朝にいろは坂を登って見るのが一番いいと聞いたことを思いだした。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.19

「奥日光、例年より早めの秋化粧…紅葉が見頃に」の記事を読む

 「奥日光、例年より早めの秋化粧…紅葉が見頃に」という記事を読んだ。

 2015年10月18日現在、栃木県日光市の奥日光・中禅寺湖(標高1269m)で紅葉が見頃を迎えているそうだ。

 湖に突き出た紅葉の名所・八丁出島でも、カエデやツツジ、ナナカマドなどが鮮やかな赤や黄に色づき、18日は、近くの「いろは坂」に早朝からマイカーの列ができたという。

 県立日光自然博物館によると、8、9月に低温の日が続いたため、見頃は例年より1~2週間早いそうだ。

 紅葉のベストシーズンに紅葉を見に行くのもなかなか大変だと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *201703鬼怒川温泉の始末 | *201703鬼怒川温泉の支度 | *201704ひたちなかの始末 | *201704京都の始末 | *201704京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽