朝、解体した羊とジャガイモやにんじんなどの野菜と焼いた石とをミルク缶に入れ、さらにそのミルク缶をたき火で焼く料理がホルホグだ。
 キャンプ長さん自らがホルホグを作ってくれている。
 塩とこしょうのシンプルな味付けだったけれど、とーっても美味しかった。