ハトシェプスト女王葬祭殿の2階部分に上がる長い真っ直ぐなスロープの入口に、この鷹(だと思うのだけれど、正確に何という鳥なのかは不明)がとまり、入場者を睥睨している。