宇治橋の両端に立つ鳥居の柱は、20年前には、外宮と内宮のご正宮の棟持柱だったものである。
 綺麗に削り直し、式年遷宮と相前後して建て替えられるのだそうだ。