写真撮影は、この鳥居までである。
 この奥には白い御簾が下げられ、その内側に何重かの板垣があり、神様がいらっしゃる場所を直接に拝見できないようになっている。
 翌日の早朝参拝で教わったのだけれど、この御簾を吹き抜けた風を感じられるのはとても有り難いことなのだそうだ。何も知らないまま、風に吹かれてしまい、申し訳なかった。