今のご正宮がある隣に、新御敷地が広がっている。
 その新御敷地からは、板垣の奥の奥にあるご正宮を伺い見ることができる。
 神様は、とても遠いところにお鎮まりになっていらっしゃるのだ。