前日には人で埋まっていたご正宮への石段も、早朝には独り占めすることができる。
 一番下からでも、御簾の白さがまぶしい。