ベタだけれど。
 やはり、暗いシークを歩いていて前方の岩の裂け目からエル・ハズネがのぞいていることに気がついたときには、歓声を上げてしまった。