キリグアのカック・ティリュウ・チャン・ヨアート王が766年に建てた石碑Dのいわば「自画像」である。
 王権の象徴である儀仗を持った姿で彫られている。
 見事なアルカイックスマイルだ。