三亜は「サンヤ」と読むようだ。
 入港した港近くには、どうやらマンションらしいこんな建物が林立していた。