ヴァチカゼツ高原にて
 フラワーガイドさんに「珍しい」と力説されたお花である。
 花びらに見える白い部分はガクで、お花は真ん中に集まっているゴチャっとした部分だそうだ。
 お花が黒紫色をしているところと、葉が十字になっているところが、「ゴゼンタチバナ」との見分けポイントだ。