正直な感想を言えば、この海岸線の形をワイングラスに見立てるのはなかなか難しいと思う。
 この日もお天気に恵まれて、恵まれすぎて大汗をかきながら展望台に上り、フレシネ国立公園の眺めを堪能した。