2021.06.13

「コメンテーターズ」のチケットを予約する

ラッパ屋第46回公演「コメンテーターズ」
脚本・演出 鈴木聡
出演 おかやまはじめ/俵木藤汰/木村靖司
    弘中麻紀/岩橋道子/ともさと衣/大草理乙子
    谷川清美(演劇集団円)/瓜生和成(小松台東)/北村岳子
    中野順一朗/浦川拓海/青野竜平(新宿公社)/黒須洋嗣
    佐山こうた/宇納佑/熊川隆一/武藤直樹
2021年7月18日~7月25日 紀伊國屋ホール
料金 A席 6000円 B席 5000円

 緊急事態宣言(だったか?)により公演中止となった「コメンテーターズ」が帰ってきた。
 ぜひ見たい。
 チケットを予約した。

 ラッパ屋の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0)

2021.06.12

「君子無朋 ~中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝~」のチケットを購入する

Team申 第5回本公演「君子無朋 ~中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝~」
作 阿部修英
演出 東憲司
出演 佐々木蔵之介/中村蒼/奥田達士/石原由宇/河内大和
2021年7月17日~7月25日 東京芸術劇場シアターウエスト
料金 10000円

 Team申、11年ぶりの本公演だそうだ。見たい。
 チケットを購入した。

| | コメント (0)

2021.06.05

「アカシアの雨が降る時」を見る

「アカシアの雨が降る時」
作・演出 鴻上尚史
出演 久野綾希子/前田隆太朗/松村武
観劇日 2021年6月4日(水曜日) 午後7時開演
劇場 六本木トリコロールシアター
料金 6800円
上演時間 2時間5分

 終演後にリピーターチケットの販売が行われていたのみで、その他の物販はなかったように思う。

 ネタバレありの感想は以下に。

 サードステージの公式Webサイト内「アカシアの雨が降る時」のページはこちら。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021.06.03

「外の道」を見る

イキウメ「外の道」
作・演出 前田知大
出演 浜田信也/安井順平/盛隆二/森下創/大窪人衛
    池谷のぶえ/薬丸翔/豊田エリー/清水緑
観劇日 2021年6月2日(水曜日) 午後1時開演
劇場 シアタートラム
料金 6000円
上演時間 1時間55分

 ちょうど2ヵ月振りの観劇になった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 イキウメの公式Webサイト内「外の道」のページはこちら。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2021.05.23

1340000アクセス達成!

 本日(2021年3月29日)、どなたかが1330000アクセス目を踏んでくださった。
 これまでの経過は以下のとおりである。

 開始 2005年1月8日
 10000アクセス 2005年5月17日
 50000アクセス 2006年7月23日
 100000アクセス 2008年1月20日
 200000アクセス 2010年4月26日
 300000アクセス 2011年10月25日
 400000アクセス 2012年12月6日
 500000アクセス 2013年9月11日
 600000アクセス 2014年3月20日
 700000アクセス 2014年9月29日
 800000アクセス 2015年6月29日
 900000アクセス 2016年3月29日
1000000アクセス 2017年2月17日
1100000アクセス 2018年1月28日
1200000アクセス 2019年4月1日
1300000アクセス 2020年10月22日

1310000アクセス 2020年12月8日
1320000アクセス 2021年2月4日
1330000アクセス 2021年3月29日
1340000アクセス 2021年5月23日

 今回の緊急事態宣言では劇場は休業要請の対象になっていませんが、なかなか観劇しようという気持ちになれなくて5月は1回も劇場に行けていません。
 何のためらいもなく劇場に行ける日が一日でも早く戻って来ますように。

| | コメント (0)

2021.05.03

「キネマの天地」のチケットを購入する

「キネマの天地」
作 井上ひさし
演出 小川絵梨子
出演 高橋惠子/鈴木杏/趣里/那須佐代子
    佐藤誓/章平/千葉哲也
2021年6月10日~6月27日 新国立劇場小劇場
料金 A席 7700円 B席 3300円

 映画の「キネマの天地」も見たことがないし、舞台の「キネマの天地」も見ていない。
 見たい。
 チケットを予約した。

 新国立劇場の公式Webサイト内「キネマの天地」のページはこちら。

| | コメント (0)

2021.04.25

「首切り王子と愚かな女」の抽選予約に申し込む

パルコ・プロデュース「首切り王子と愚かな女」
作・演出 蓬莱竜太
出演 井上芳雄/伊藤沙莉/高橋努/入山法子
太田緑ロランス/石田佳央/和田琢磨/若村麻由美 ほか
2021年6月15日~7月4日 パルコ劇場
料金 12000円

 これは見たい。
 GW中はたまたまチケットを確保しておらず今回の緊急事態宣言の影響は(個人的には)なかったけれども、それはそもそもなかなか劇場に足を運べないでいるからこそ。
 この芝居が上演されるころにはもう少し軽やかに劇場に足を運べるようになっていることを祈りつつ、抽選予約に申し込んだ。

 パルコ劇場の公式Webサイト内「首切り王子と愚かな女」のページはこちら。

| | コメント (1)

2021.04.18

「日本の歴史」の抽選予約に申し込む

シス・カンパニー公演「日本の歴史」
作・演出 三谷幸喜
音楽 荻野清子
出演 中井貴一/香取慎吾/新納慎也/瀬戸康史
   シルビア・グラブ/宮澤エマ/秋元才加
2021年7月6日~7月18日 新国立劇場中劇場
料金 SS席 13000円 S席 12000円 A席 9000円 B席 7000円 C席 5000円

 チケットが取れず初演を見ることができなかった。再演されて嬉しい。ぜひ見たい。
 抽選予約に申し込んだ。

 シス・カンパニーの公式Webサイト内「日本の歴史」のページはこちら。

| | コメント (1)

2021.04.05

「アカシアの雨が降る時」のチケットを購入する

「アカシアの雨が降る時」
作・演出 鴻上尚史
出演 野綾希子/前田隆太朗/松村武
2021年5月15日~6月13日 六本木トリコロールシアター
料金 6800円

 仕事の状況も新型コロナウイルス感染症の状況も見通せない中、1ヶ月以上先の公演のチケットを押さえるのはなかなか勇気がいる。
 でも、見たい。
 チケットを購入した。

 サードステージの公式Webサイト内「アカシアの雨が降る時」のページはこちら。

| | コメント (0)

2021.04.04

「真珠の耳飾りの少女」のDVDを見る

「真珠の耳飾りの少女」
原作 トレイシー・シュヴァリエ
監督 ピーター・ウェーバー
脚本 オリビア・ヘトリード
出演 スカーレット・ヨハンソン/コリン・ファース
    トム・ウィルキンソン/キリアン・マーフィ
    エシー・デイビス 他
イギリス・ルクセンブルク映画
2003年製作

 シュヴァリエの原作小説は読んだことがあり、映画も確か1回(私にしては珍しいことに)映画館で見ている。
 確か、絵画「真珠の耳飾りの少女」が来日した際、その公開に合わせて映画も上映されていた機会に見たのだったと思う。

 原作小説の方は何度も読み返していて、映画もほぼ原作に沿ったものと思っていたら、以外と異なるところがあって、ちょっと驚いた。
 どうやら、映画を見た後で小説を何度も再読した結果、映画に出演していた役者さんを想像しながら原作小説を読み、原作小説のあらゆるシーンが映画で見たと誤解したらしい。
 我ながら果てしない妄想力である。

 いずれにしても、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」という絵がどのようにして誕生したか、という一つの謎解きをしている映画である。
 面白い。

 映画では、グリート(小説ではフリートとなっていたような・・・)の家族はほとんど登場しない。
 恐らくは、グリートとフェルメールとの関係に焦点を当ててそこを際立たせるため、他の要素はだいぶ削ったのだと思割れる。
 グリートの家族は、グリートとフェルメールというよりは、グリートと精肉店の息子であるピーターとの関係により影響を与える存在として小説で描かれていた筈だ。

 そして、そのピーターとグリートと二人だけのシーンは悉くセピアカラーだったのも印象的である。
 これはグリートの心象風景なんだろうな、ピーターと二人でいても世界は全くカラフルにならず、むしろ地味に沈んだ景色として彼女の目に映っていたのだろうなという感じが強調されている。

 そうしてグリートとフェルメールの二人の関係に絞った一方で、小説で示唆されていた「ピーターと結婚したグリートが生んだ長男はフェルメールの子供だ」という箇所は見事に削られている。
 グリートはフェルメールに恋していたと思うけれど、フェルメールのグリートへの執着は恋愛ではなく、絵描きとして自分の描く絵の理解者である彼女への執着だったということになっている、のかも知れない。

 ただ、フェルメールの娘のグリートへの執拗な意地悪は、彼女が自分の家族を滅茶苦茶にしようとしていることに敏感に反応していたように見えた。
 この辺りはよく分からない。

 フェルメールのパトロンであるファン・ライフェンは映画では結構な重要人物で、彼のの家に(恐らく)デルフトの眺望だったり、紳士とワインを飲む女の絵がエピソードに使われていたり、真珠の首飾りの女を購入するシーンがあったりする。
 大分、嫌な人物ではあるけれども、一方で金銭面でフェルメールを支えていたという雰囲気も漂わせている。

 グリートと一緒に働いていたエンリケが、フェルメール家を辞したグリートを訪ね、彼女に真珠の耳飾りを渡し、そのまま去って行く。
 渡された、ブルーの布に包まれ、生成りの布でさらに包んで蝋で封をした真珠の耳飾りを見て彼女が何ごとかを悟ったシーンで映画は終わる。

 次に見るときには、ストーリーではなく、フェルメールの家に飾られている絵やカーテン、ドアや床の様子、衣装などなどに「フェルメールの絵」を探してみようと思う。

| | コメント (0)

«「カメレオンズ・リップ」を見る