« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.27

「Into the Woods」を見る

「Into the Woods」
台本 ジェイムズ・ラパイン
演出・振付 宮本亜門
作曲・作詞 スティーブン・ソンドハイム
出演 諏訪マリー/小堺一機/高畑淳子/天地総子
    シルビア・グラブ/藤本隆宏/宮本せいら/矢崎広
    広田勇二/荒井洸子/鈴木慎平/大森博史
    藤田淑子/花山佳子/鈴木純子/ニ瓶鮫一
    山田麻由/飯野めぐみ
観劇日 2006年5月27日 午後6時開演
劇場 新国立劇場中劇場 15列19番
料金 6300円
上演時間 3時間20分(20分間の休憩あり)
 
 左隣の女性2人組は終演後に開口一番「面白かったー」と言い、右隣の年配の男性は上演中いびきすら時々聞こえてきていた。
 開演前の場内アナウンスは子供向けの感じだったけれど、客席に子供の姿はあまりなく、内容も、グリム童話をベースに組み合わせているとはいえ決して子供向きではないように感じた。

 感想は以下に。

続きを読む "「Into the Woods」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

「噂の男」の抽選予約に申し込む

「噂の男」パルコ・プロデュース
作 福島三郎
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 堺雅人/橋本じゅん/八嶋智人/山内圭哉/橋本さとし

2006年8月11日〜9月3日 パルコ劇場
料金 8000円
 
 作の福島三郎と演出のケラリーノ・サンドロヴィッチというのは、私にとっては、水と油に近いんじゃないか、くらいの組み合わせである。福島三郎は「ウエルメイド」というイメージだし、ケラリーノ・サンドロヴィッチは「不条理」というイメージだ。
 さらに、この出演者陣は豪華すぎる。ぜひ見たい。
 抽選予約に申し込んだ。

 パルコ劇場の公式サイト内「噂の男」のページはこちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.24

「百鬼夜行抄2」の抽選予約に申し込む

「百鬼夜行抄2」花組芝居
原作 今市子
脚本 わかぎゑふ(リリパットアーミーII)
演出・出演 加納幸和
出演(予定) 水下きよし/原川浩明/溝口健二/山下禎啓
    桂憲一/八代進一/大井靖彦/北沢洋/横道毅
    嶋倉雷象/各務立基/秋葉陽司/松原綾央
    磯村智彦/小林大介/美斉津恵友/堀越涼

2006年9月1日〜9月10日 博品館劇場
料金 5800円
 
 「百鬼夜行抄」は見たことがあって、その続編だと思われる。原作漫画を読んでいるともの凄くショックを受けるらしいけれど、私は原作を読んでいなかったので普通に楽しく見ることができた。
 ぜひ、続編も見たい。抽選予約に申し込んだ。

 花組芝居の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.23

「旧古河庭園」に行く

「旧古河庭園」
東京都公園協会サイト内の旧古河庭園のページはこちら。

 旧古河庭園では、春バラが見頃となり、また2006年は5月19日から5月28日までライトアップが行われていることをインターネットのサイトで確認し、会社帰りに行って来た。通常は午後5時で閉園になるけれど、ライトアップ期間中は午後9時まで延長されている。
 
 ライトアップされた洋館とバラ園は、幻想的なイメージがあってとても綺麗だった。でも、どちらかというと、バラの花は青空の下で自然の色で見たい気がする。
 大きなカメラ持参の方から、携帯電話で撮りまくっている方まで、たくさんの人がいた。
 洋館はジョサイア・コンドルの設計なのだそうだ。洋館内部の見学には事前の申し込みが必要ということで、見られなかったのが残念だ。
 日本庭園の方は、ライトアップされて歩ける範囲が限られている。多分、昼間の半分くらいではないだろうか。でも、和紙に植物を描いた灯籠が配置され、落ち着いた雰囲気で良い感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

「MYTH」を見る

「MYTH」
作・演出 鈴木勝秀
出演 佐藤アツヒロ/篠井英介/陰山泰/中山祐一朗
観劇日 2006年5月20日 午後7時開演
劇場 青山円形劇場 Hブロック17番
料金 5500円
上演時間 1時間40分
 
 青山円形劇場をここまで完全に円形で使ったお芝居を見たのは初めてかも知れない。
 パンフレット(1200円)が売られていたけれど、迷った末、買わなかった。
 ネタバレありの感想は以下に

続きを読む "「MYTH」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.20

「サントリーホール20周年記念フェスティバルオープニングコンサート」の抽選予約に申し込む

「サントリーホール20周年記念フェスティバルオープニングコンサート」
狂言「三番叟」
出演 野村萬斎/松田弘之(笛)
    大倉源次郎(小鼓頭取)/亀井広忠(太鼓)他 
武満徹「ノヴェンバーステップス」
指揮 クリスティアン・アルミンク
出演 藤原道山(尺八)/友吉鶴心(琵琶)
    新日本フィルハーモニー交響楽団
ラヴェル「ボレロ」
指揮 クリスティアン・アルミンク
出演 新日本フィルハーモニー交響楽団

2006年9月15日 サントリーホール 大ホール
料金 S席 10000円 A席 9000円 B席 8000円

 実際は見たことはなかったり、聴いたことはなかったりするのだけれど、でも少なくともタイトルだけは耳慣れたラインアップである。監修が野村萬斎というのも興味を惹かれる。
 抽選予約に申し込んだ。

 サントリーホールの公式サイト内、サントリーホール20周年記念フェスティバルオープニングコンサートのページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.19

「ペテン師と詐欺師」の抽選予約に申し込む

ブロードウェイ・ミュージカル「ペテン師と詐欺師」
脚本 ジェフリー・レイン
音楽・作詞 デイヴィッド・ヤズベク
演出 宮田慶子
振付 前田清実
出演 鹿賀丈史/市村正親/奥菜恵/愛華みれ
    高田聖子/鶴見辰吾/乾あきお/ひのあらた
    野沢聡/小暮清貴/萬谷法英/蝦名孝一
    東山竜彦/清野秀美/原慎一郎/ももさわゆうこ
    秋園美緒/柏木ナオミ/一倉千夏/浅野実奈子/秋山千夏
料金 S席 12600円 A席 9450円

2006年10月6日〜11月5日 天王洲 銀河劇場

 今回主演する鹿賀丈史と市村正親のお二方が、劇団四季時代に同じステージに立ったというのも話で聞いたことがあるだけで、実際に見たことはない。
 昨年の「デモクラシー」というお芝居でも「鹿賀丈史と市村正親の26年振りの共演!」と話題になったけれど、今回はミュージカルで共演するそうだ。それは見てみたい。

 ところで「天王洲 銀河劇場」というのはどこだろうと思ったら、アートスフィアを改装して名前も変えるようだ。そのこけら落としがこの「ペテン師と詐欺師」になる。

 抽選予約に申し込んだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.17

「TAP MAN × PIANO MAN × MOVIE MAN」の抽選予約に申し込む

「TAP MAN × PIANO MAN × MOVIE MAN」
出演 熊谷和徳(TAP)/稲本響(p)/奥秀太郎(映像)

2006年9月8日〜9月10日 新国立劇場中劇場
料金 S席 7500円 A席 6000円

 昨年、同じメンバー・同じタイトルで、別の場所で公演があったのではなかったろうか。
 新国立劇場中劇場の舞台といえば、かなり広い。パルコ劇場で「熊谷和徳 TAP me crazy!」を見たときは「ところ狭しと」という感じだったけれど、新国立劇場中劇場の広い舞台をどう使うのか興味がある。
 抽選予約に申し込んだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.13

「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」に行く

 2006年3月18日から6月18日まで、上野の国立科学博物館で開催されている「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」に、今日行って来た。当日券(大人)は1400円である。

 ゴールデンウィークが明けた翌週、しかも雨の土曜日の午後3時過ぎに行けば空いているのではないかと思ったのだけれど、とんでもなかった。
 チケットは並ばずに購入できたものの、入場規制が行われていて20分待ちだった。入ってみても、展示物の前はどこも黒山の人だかりになっていて、とてもゆっくり見られる状態ではない。平日に行けば良かった。

 全体的に、ナスカで出土した土器が展示品の多くを占めていたように思う。
 赤(というか煉瓦色)を多く使ったカラフルなものが多く、その意匠には自然のものが多い。コンドルだったり、豆だったり、ナスカは海辺の土地なので魚も多く描かれている。
 もちろん人の姿も多い。その中でも首級や武器を持った意匠が多く、解説板によるとナスカの人々は猛々しい武闘派の人々だったようである。

 まず最初の展示の山場は、ミイラだと思う。
 乾燥した土地であるナスカでは、かなり状態のよいミイラが残っている。
 5〜6歳くらいの子供のミイラが展示されていた。ナスカ展に合わせて調査も行われたそうで、その様子を撮影した映像も流されている。このミイラは、非常に珍しいことに黒目がはっきりと判る状態で残っており、まず高地において冷凍状態で埋葬されたためではないかと考えているらしい。

 数は少なかったけれど、織物や刺繍の施された布も展示されていた。
 乾燥したナスカでは、埋葬品としてミイラとともに納められていた布がかなりよい状態で残っているのだそうだ。もちろん修復もしてあるけれど、人を意匠として刺繍されたマントが印象に残った。布自体の赤(コチニールで染めたと思われる)と青(インディゴで染めたと思われる)の色も鮮やかに残っているし、その布に色鮮やかなとても細かい刺繍がされている。

 ナスカの地上絵については、意外と展示物が少なかった。考えてみれば、元々、持ってきてそこに置けるようなものではないから当たり前である。
 地上絵の意匠とほぼ同じ意匠が描かれた土器が展示されていて、本当にあまりにも近い形をしているので驚いた。他の展示室では黒山の人だかりになっているのに、ここではナスカの地上絵にみな惹かれて土器の前に人があまりいないのがよい。ゆっくりと見てしまった。

 ナスカの地上絵の地面を再現してアクリルケースのようなものに納めてあり、「地上絵の上を歩いてみよう」という呼び文句が踊っていた。2mくらだけれど、地上絵のラインの上(に置かれた透明な板の上)を歩くことができる。
 ナスカの地は砂漠に見えるけれど、実は石がかなりごろごろと転がっている場所のようだ。その黒っぽい割と大きめの石(10cmくらいはありそう)を避けて白っぽい地肌を出すことで、地上絵のラインが引かれていることがよく判った。雨が降ったらあっという間に流されてしまいそうなラインである。

 また、パソコンが何台か置かれたコーナーもあった。フライトシュミレータのようなソフトがインストールされていて、まるで自分が軽飛行機を操縦しているかのように見たい地上絵を探し、近づき、地上絵を捉えたらズームアップしたり向きを変えて見たりすることができる。1回3分の制限時間つきである。
 地上絵どうしが意外と遠く離れていることや、真上を飛ばないとなかなか地上絵には気がつきにくいことが判った。

 そして、最後に大きな画面でやはり軽飛行機でナスカ上空を飛んでいるかのような映像(CG)を見ることができる。ここで取り上げられている地上絵がとても少なかった(間違っているかもしれないけれど、今覚えているだけで、木・手・はちどり・鵜・ふくろうの人くらいではなかっただろうか)のが残念だった。
 今書いていて思いだしたけれど、私が「宇宙人」だと思っていた地上絵が、このナスカ展では「ふくろうの人」と表されていた。何か新しい発見があったのだろうか。

 物販のコーナーでは、DVDやカタログ、Tシャツやクリアケースなどの普通に置いてあるようなものの他に、ペルーの織物や民芸品、銀のアクセサリーなども販売されていた。
  
 国立科学博物館の「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「かもめ食堂」を見る

「かもめ食堂」
原作 群ようこ
脚本・監督 荻上直子
出演 小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ/マルック・ベルトラ 他

 オフィシャルサイトはこちら。

 パンフレットも買わなかったので、出演はオフィシャルサイトのcast&staffのページに載っていた人だけ書いてみた。
 そろそろ上映が始まってから1ヶ月くらいたっているけれど、雨の土曜日、お昼の回は混雑しているのかガラガラなのか全く予測がつかないままぴあのリザーブシートを利用したのだけれど、これが正解。銀座テアトルシネマは立ち見なしの満席だった。
 20分前開場で、整理番号順に入場させていたようだ。

 ゆったり座って上映開始と思ったら「予告編を15分」と言われたときには思わず天井を仰いでしまった。
 それにしても、映画の予告編というのはどうしてこう「面白そう」と思わせるようにできているのだろう。予告編だけ2時間500円くらいで見せてくれたら行ってしまうかも知れない、と思う。人気のある俳優さんをテーマに日替わりでやったら結構人が集まるのではないだろうか。

 感想は以下に

続きを読む "映画「かもめ食堂」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

「フロッグとトード」を見る

ミュージカル「フロッグとトード〜がま君とかえる君の春夏秋冬〜」
原作 アーノルド・ローベル
演出 鈴木裕美
出演 川平慈英/石丸謙二郎/高谷あゆみ/宮菜穂子/おかやまはじめ 他
観劇日 2006年5月6日 午後5時開演
劇場 俳優座劇場 1列8番
料金 6500円
上演時間 2時間(15分間の休憩あり)

 出演者はあとお一人、男性の方がいらしたのだけれど、公式サイトを見てみてもお名前が出ていない。こんなことならパンフレットを購入しておけば良かったと後悔した。
 とにかく、その6人と、4人のバンドによる生演奏で上演されるミュージカルだった。

 客席に空席が目立ったのが勿体ない。子供向けというイメージだからだろうか。2006年5月10日から5月14日までは、劇場を変え、博品館劇場で上演される。お勧めである。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「フロッグとトード」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.04

「五月大歌舞伎 夜の部」を見る

「五月大歌舞伎」
<夜の部>
 増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)「石川五右衛門」
 「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」
 「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)」吉祥院お土砂/火の見櫓
出演 中村吉右衛門/中村福助/市川染五郎
    市川亀治郎/中村信二郎/中村歌六
    中村歌昇/中村芝雀/市川段四郎
観劇日 2006年5月4日 午後4時30分開演
劇場 新橋演舞場 1階4列6番
料金 11500円
上演時間 4時間30分(30分間・20分間の休憩あり)
 
 ほとんど歌舞伎を見たことがない私にとって、石川五右衛門、娘道成寺、八百屋お七というラインアップはかなりとっつきやすい。実際に見ても、コミカルなシーンや大がかりな転換、宙乗りもあって飽きさせない、とても楽しい時間だった。

 パンフレット(1200円)と、イヤホンガイド(650円、他に保証金が1000円)と、どちらを選ぶか迷った末、イヤホンガイドを使ってみた。丁寧な説明が、恐らく録音ではなく生放送で聞けて、おかげでとても判りやすかった。

 休憩時間に、新橋演舞場の小椋アイス(こちらの漢字を使っていたような気がする)に初挑戦した。最中がぱりぱりしていて、アイスも意外とクリーミーで美味しかった。

 感想は以下に。

続きを読む "「五月大歌舞伎 夜の部」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

「夢の痂」の抽選予約に申し込む

「夢の痂(かさぶた)」
作 井上ひさし
演出 栗山民也
出演 角野卓造/高橋克実/福本伸一/石田圭祐
    犬塚弘/三田和代/藤谷美紀/熊谷真実/キムラ緑子

2006年6月28日〜7月23日 新国立劇場小劇場
料金 A席 5250円 B席 3150円
 
 東京裁判を題材にした、「夢」のシリーズは、第一作の「夢の裂け目」を見逃し、第二作の「夢の泪」は見ている。第二作を見たとき、どうして第一作を見なかったんだろうととても後悔した。
 第三作の「夢の痂」は見逃したくない。
 抽選予約に申し込んだ。

 新国立劇場公式サイト内、「夢の痂」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.02

「オレステス」の抽選予約に申し込む

「オレステス」
作 エウリピデス
翻訳 山形治江
演出 蜷川幸雄
出演 藤原竜也/中嶋朋子/北村有起哉/香寿たつき
    吉田鋼太郎/瑳川哲朗/他

2006年9月6日〜10月1日 シアターコクーン
料金 S席 9000円 A席 7500円
 
 今さら言うのも何だけれど、今年も蜷川演出のお芝居が目白押しである。「オレステス」というギリシャ悲劇はタイトルすら知らなかったけれど、でも見てみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »