« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.29

「みんな昔はリーだった」を見る

「みんな昔はリーだった ~EXIT FROM THE DRAGON~」
作・演出 後藤ひろひと
出演 堀内健/池田成志/京野ことみ/伊藤正之
    後藤ひろひと/竹下宏太郎/瀬川亮/熊井幸平
    板尾創路
観劇日 2006年12月29日 午後7時開演
劇場 パルコ劇場 C列27番
料金 7500円
上演時間 2時間20分

 出演者がもう一人いる。前説のように出てきて、携帯電話等々の電源を切るようにお願いしたときに「チラシに名前は載っていませんが、出演しています。**です。名前を覚えて帰ってもらえたら嬉しいです」と言っていて、そのときは覚えたつもりだったのに出てこない。情けない記憶力だ。
 パルコ劇場の「みんな昔はリーだった ~EXIT FROM THE DRAGON~」のページに行ってみたけれど、その役者さんのお名前は掲載されていなかった。地方公演もあるようだし、早めに訂正されるといいと思う。

 ロビーではパンフレットやTシャツ、出演者がこれまでに出演していた芝居のDVDなどが販売されていた。

 この「みんな昔はリーだった」が、私の2006年最後の観劇だった。2006年の観劇は「贋作・罪と罰」から始まり、(多分)全51本だった
 2007年は「朧の森に棲む鬼」から始まる予定である。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「みんな昔はリーだった」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.24

「HONOR~守り続けた痛みと共に」の抽選予約に申し込む

「HONOR~守り続けた痛みと共に」TEAM NACS
脚本・演出 森崎博之
出演 森崎博之/安田顕/佐藤重幸/大泉洋/音尾琢真

2007年3月9日〜4月1日 天王洲 銀河劇場
料金 5800円

 「水曜どうでしょう」のDVDは友人に借りて、若かりし頃の大泉洋の姿はお馴染みな気になっているのだけれど、実は舞台はもちろんテレビでも「俳優として演じている」大泉洋は見たことがない。TEAM NACSも同様である。「2年振りの5人での公演」だそうだし、ぜひ見てみたい。
 天王洲銀河劇場で全席一律の5800円というのはかなり当たりはずれが大きそうで、一抹の不安は感じるのだけれど・・・。
 抽選予約に申し込んだ。

 TEAM NACSのオフィシャルサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.23

「ナイス・エイジ」を見る

「ナイス・エイジ」NYLON100℃
作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 峯村リエ/大倉孝二/みのすけ/松永玲子
    長田奈麻/新谷真弓/安澤千草/廣川三憲
    藤田秀世/喜安浩平/大山鎬則/吉増裕士
    杉山薫/植木夏十/皆戸麻衣/柚木幹斗
    佐藤誓/志賀廣太郎/原金太郎/坂田聡
    池谷のぶえ/加藤啓/立石凉子
観劇日 2006年12月23日 午後6時30分開演
劇場 世田谷パブリックシアター 2階B列34番
料金 6200円
上演時間 3時間45分(15分間の休憩あり)
 
 ロビーではパンフレットやDVDなどが販売されていた。ナイス・エイジ(初演なのか、前回公演なのか)のDVDもあった。
 NODAMAPもそうだったけれど、NYLON100℃でもパンフレットとは別にCASTやSTAFFが書かれた紙が配られるのが有り難い。

 ネタバレありの感想は以下に。
 

続きを読む "「ナイス・エイジ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「TOMMY」のチケットを予約する

ロック★オペラ THE WHO'S「TOMMY」
演出 いのうえひでのり
訳詞 湯川れい子・右近健一
翻訳 薛珠麗
振付 川崎悦子
出演:中川晃教/高岡早紀/ROLLY/右近健一
    村木よし子/斉藤レイ/他

2007年3月12日〜3月31日 日生劇場
料金 S席 12000円 A席 9000円
 
 劇団新感線の公演ではないみたいだ。
 でも演出いのうえひでのり、主演中川晃教のミュージカルと言えば「SHIRO」がすぐに思い浮かぶ。実は海外ミュージカルの翻訳で「当たった!」と思ったものはほとんどないような気がするのだけれど、きっと私の気のせいに違いない。
 先行予約でチケットを取った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

検索窓を設置する

 記事が350件を超えて、自分でも「これはブログに書いたっけ?」と忘れ果てていたり、「確か書いた筈なのに」と探すのが大変になってきたので、サイドバーに検索窓を設置した。
 「このサイト内を検索」の範囲をどうしようかと思ったのだけれど、同じ題材でどちらのブログにも書いていることもあるのと、何より何故かブログと特定しようとしたら文字化けをしてしまいどうしても直せなかったので、「芝居遊歴控」と「旅の支度/旅の始末」と横断的に検索するようにしてみた。

 どうぞ、ご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

録画した世界ウルルン滞在記「コマ撮りマジック!チェコの人形アニメに …阿部サダヲが出会った~」を見る

 TBS系列で2006年12月17日(日曜日)に放映された、世界ウルルン滞在記「コマ撮りマジック!チェコの人形アニメに …阿部サダヲが出会った~」を録画したものを、今日になって見た。

 大人計画の阿部サダヲがプラハにある人形アニメのスタジオに行き、1分間の人形アニメを撮るという内容だった。
 阿部サダヲが、「この番組にずっと出たかった、スタジオには来たくなかったですけど」という意味のことを番組の冒頭で言っているのが可笑しい。
 プラハの街でアニメスタジオに向かう途中に「本当にどんな家に行くことになるのか教えてもらえないんですね」と言っていたり、スタジオで「スタッフの人は本当に夜は帰っちゃうんですね」と言っていたり、素のようなコメントが可笑しかった。

 チェコには昔から人形劇が盛んな伝統があり、その流れで人形を少し動かしては撮影する人形アニメの第一人者(第一人国?)なのだそうだ。
 人形や周りのセットを少し動かしては撮影すると言うのを繰り返し、それを24枚撮ってやっと1秒間のアニメになる。究極のハンドメイドの世界だ。表情を変えるときには、人形の頭ごと変えてしまう人形アニメと聞いて人形を動かすのだと思っていたのだけれど、人形だけでなく周りも動かなくてはおかしいことになる。釣りをするシーンを撮るには、水面も動くし、浮きが沈むと浮きの周りだけでなくもっとずっと広い範囲で水面が動く。それも全部手作業で動かして行くのだ。
 阿部サダヲは何だか完全にハマっていたようだった。

 ホームステイ先の監督さんがその阿部サダヲを観光に連れ出したりする。でも観光名所のナントカ橋でマイムをしている人に「アニメを作る参考にするから釣りをしているところをやって」と頼み、彼が頼んだことなど知らない阿部サダヲが「ああいう動きなんだ」と感心して真似しているシーンなどもあった。
 何だか題材が人形アニメだからなのか、人形アニメに取り組んでいる人々の人柄なのか、暖かい感じが伝わってきてにこにこしてしまった。

 何千枚と撮影し、編集した、阿部サダヲ作のアニメーションは、1分間とは思えないほど楽しめた。撮影するための24分割された1秒もかなり長いと思ったけれど、作品としての1分も意外と長かった。そして、楽しかった。阿部サダヲがアニメスタジオでの完成試写会の場でつけた音もいい感じだった。突然「プロの役者なんだから、音をつけて」と言われて、40度のお酒をもう1杯もらって一気に煽るのも、何だからしくて良かった。
 何より、主人公のオリーブおじさんがとぼけた感じでいい(この主人公の人形の顔から作りはじめている)。「日本に連れてきたい」というのもよく判る、と思った。
 そのオリーブおじさんの人形は、今は、アニメスタジオの壁に飾られている。
 彼を主人公に続編が見たい、と思った。

 バックナンバーが見られる番組のホームページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

「橋を渡ったら泣け」のチケットを予約する

「橋を渡ったら泣け」
作 土田英生
演出 生瀬勝久
出演 大倉孝二/奥菜恵/八嶋智人/小松和重
    鈴木浩介/岩佐真悠子/六角精児/戸田恵子

2007年3月5日〜3月29日 シアターコクーン
料金 S席 8500円 A席 7000円 コクーンシート 4000円
 
 生瀬勝久は劇団そとばこまちを主宰していたときに演出もしていたと思うのだけれど、私は、演出・生瀬勝久のそとばこまち公演を見たことがあるんだろうか? 今ひとつ自信がない。
 それにしても、6年振りの生瀬勝久演出作品ということに加え、この豪華な出演者陣。ぜひ見たいというものだ。

 チケットを先行予約で押さえることができた。とても楽しみだ。

 Bunkamuraの公式Webサイト内、「橋を渡ったら泣け」のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界ウルルン滞在記「コマ撮りマジック!チェコの人形アニメに …阿部サダヲが出会った~」を見る(予定)

 TBS系列で放映されている「世界ウルルン滞在記」という番組の今日(2006年12月17日)のテーマは「コマ撮りマジック!チェコの人形アニメに …阿部サダヲが出会った~」だそうだ。

 番組ホームページを見たところ、大人計画の阿部サダヲがチェコの人形アニメーションの監督親子の元で、人形から手作りでアニメーションを作るのだということだ。完成した阿部サダヲ監督のアニメーション映画も放映されるらしい。見てみたい。

 「この番組を見たい」と思っても、その時間になるとすっかり忘れていたりするので、念のためビデオをセットしておこうと思う。

2006年12月17日(日曜日)午後10時から
TBS系列 世界ウルルン滞在記
TBSの公式サイト内、番組のホームページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

「ロープ」を見る

「ロープ」NODA MAP第12回公演
作・演出・出演 野田秀樹
出演 宮沢りえ/藤原竜也/渡辺えり子/宇梶剛士
    橋本じゅん/三宅弘城/松村武/中村まこと
    明星真由美/明樂哲典/AKIRA
観劇日 2006年12月16日 午後7時開演
劇場 シアターコクーン 2階C列12番
料金 9500円
上演時間 2時間
 
 3年振りのNODA MAPの本公演だった。
 ロビーで戯曲やパンフレット(こちらは1000円)が販売されていた。パンフレットを購入したけれどまだ読んでいない。感想を書いたらゆっくり読もうと思う。
 パンフレットとは別にCASTやSTAFFが書かれた紙が配られるのが有り難い。

 ネタバレありの感想は以下に。
 

続きを読む "「ロープ」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.15

イッセー尾形と小松政夫による「男と男の人生ドラマ」の抽選予約に申し込む

イッセー尾形と小松政夫による「男と男の人生ドラマ」
演出 森田雄三

2007年2月10日〜2月12日 シアター1010
料金 S席 5000円 A席 3800円

 今回のこの公演は、イッセー尾形オフィシャルサイトでは<イッセー尾形と小松政夫による「男と男の人生ドラマ」>というタイトルになっているのだけれど、ぴあからのお知らせでは、<小松政夫とイッセー尾形の今だから創れる「百戦錬磨の人生ドラマ」>となっていた。
 どちらが最新情報か、正しいのかよく判らないので、ここではオフィシャルサイトの記述を採用してみた。

 イッセー尾形の一人芝居は、昔(もう何年前だったかも思い出せない)渋谷で見たことがある。
 何だか強烈だった、という印象が残っている。
 久しぶりに(一人芝居ではない、と思われるけれど)見てみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

 イッセー尾形オフィシャルサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.10

「ア・ラ・カルト〜役者と音楽家のいるレストラン〜」を見る

「ア・ラ・カルト〜役者と音楽家のいるレストラン〜」
演出 吉澤耕一
構成・出演 白井晃
台本・出演 高泉淳子
音楽監督・出演 中西俊博(vn)
出演 陰山泰/石井一孝(visitor)/クリス・シルバースタイン(b)
    竹中俊二(g)/林正樹(p)
観劇日 2006年12月9日 午後6時30分開演
劇場 青山円形劇場 Fブロック5番
料金 6800円
上演時間 3時間10分(10分間の休憩あり)

 毎年恒例の「ア・ラ・カルト」に今年も行って来た。最前列に座ったのは2度目、のような気がする。舞台が自分の椅子の位置よりも若干高くなっているので却って遠く感じたけれど、高泉さんが役によってメイクを変えているのがとてもよく判ってそれが興味深かった。
 でも、とても楽しかった。ぜひまた来年も行きたい。

 ネタばれありの感想は以下に。

続きを読む "「ア・ラ・カルト〜役者と音楽家のいるレストラン〜」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »