« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.27

「キル」を見る

「キル」NODA・MAP
作・演出 野田秀樹
出演 妻夫木聡/広末涼子/勝村政信/高田聖子
    山田まりや/村岡希美/市川しんぺー/中山祐一朗
    小林勝也/高橋惠子/野田秀樹
観劇日 2008年1月26日 午後7時開演
劇場 シアターコクーン G列5番
料金 9500円
上演時間 2時間25分(15分間の休憩あり)

 10日振り2回目の観劇である。
 パンフレット(1000円)を購入したけれど、上演終了予定時刻が「21時22分」になっている謎の答えはどこにも書いていなかった。いっそのことスタッフの方に聞いてみようかとまで思ったのだけれど、みなさんとても忙しそうにしていたので断念した。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「キル」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

「罪と、罪なき罪」の抽選予約に申し込む

「罪と、罪なき罪」リリパットアーミーII
作・演出・出演 わかぎゑふ
出演 コング桑田/朝深大介/生田朗子/千田訓子
    上田宏/谷川未佳/粟根まこと(劇団☆新感線)
    八代進一(花組芝居)/橋田雄一郎
    森崎正弘(MousePiece-ree)/木村基秀(南河内万歳一座)
    福田靖久(デス電所)/他
2008年3月19日~3月26日 ザ・スズナリ
料金 4000円

 「夢のひと」を観に行ったときにチラシを手にして、ぜひ見たいと思った。
 明治時代の法廷物、らしい。

 抽選予約に申し込んだ。

 玉造小劇店の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.01.20

100000アクセス達成!

 今朝5時頃、どなたかが100000アクセス目を踏んでくださった。
 アクセスカウンターはサイドバーの一番下に設置してあるので、多分、栄えある(?)100000アクセス目を踏んでくださったご本人は気づかれていないと思う。

 これまでの経過は以下のとおりである。
 開始 2005年1月8日
 10000アクセス 2005年5月17日
 20000アクセス 2005年9月12日
 30000アクセス 2005年12月26日
 40000アクセス 2006年4月15日
 50000アクセス 2006年7月23日
 60000アクセス 2006年11月25日
 70000アクセス 2007年4月25日
 80000アクセス 2007年8月3日
 90000アクセス 2007年10月19日
100000アクセス 2008年1月20日

 書き始めたのが2005年1月だから、ほぼまる3年で100000アクセスまで届いたことになる。
 ただ感想を書き散らしているこのブログに、遊びに来ていただいて、読んでいただいて、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

「IZO」を見る

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號「IZO」
劇作・脚本 青木豪
演出 いのうえひでのり
出演 森田剛/戸田恵梨香/田辺誠一/千葉哲也
    粟根まこと/池田鉄洋/山内圭哉/逆木圭一郎
    右近健一/河野まさと/インディ高橋/礒野慎吾
    吉田メタル/中谷さとみ/保坂エマ/村木仁
    川原正嗣/前田悟/木場勝己/西岡徳馬/他
観劇日 2008年1月19日 午後6時開演
劇場  青山劇場 2階D列33番
料金 9500円(A席)
上演時間 3時間35分(25分間の休憩あり)

 25分間の休憩は長すぎるだろうと思ったのだけれど、お手洗いの様子を見ていて納得した。2階は男性用トイレも女性用として使い、隣の青山円形劇場のお手洗いも男性用を女性用として使い、それでもかなり長い列ができていた。
 休憩時間内にぎりぎりさばけたかどうかというところではないだろうか。

 うっかり地下1階に行きそびれたのでパンフレットその他の物販の様子は確認できなかった。

 出かけにオペラグラスを慌てて取りに戻って正解だった。
 2階席からは回り舞台の様子やライティングなど全体は見渡せたけれど、流石に役者さんの表情を見分けることは難しい。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「IZO」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008.01.18

「どん底」の抽選予約に申し込む

「どん底」
原作 マクシム・ゴーリキー
上演台本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 段田安則/江口洋介/荻野目慶子/緒川たまき
    大森博史/大鷹明良/マギー/皆川猿時
    三上市朗/池谷のぶえ/松永玲子/黒田大輔
    富川一人/あさひ7オユキ/大河内浩/犬山イヌコ
    若松武史/山崎一
2008年4月6日~4月27日 シアターコクーン
料金 S席 9000円 A席 7500円 コクーンシート 5000円

 「人間であることを諦めたかのような木賃宿の住人たちの日常を淡々と描きながら、どことなく自堕落な空気が漂う「どん底」の作品世界は、まさにKERA演出の見せどころ。」という惹句からして、どう考えても苦手なタイプの舞台であることは判り切っている。
 それでも、この魅力的すぎる出演者陣には逆らえないというものだ。

 抽選予約に申し込んだ。

 bunkamuraの公式Webサイト内、「どん底」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「きみがいた時間 ぼくのいく時間」の抽選予約に申し込む

「きみがいた時間 ぼくのいく時間」演劇集団キャラメルボックス
原作 梶尾真治「きみがいた時間 ぼくのいく時間」
脚本・演出 成井豊
出演(予定) 上川隆也/西山繭子/西川浩幸/坂口理恵/岡田達也/他
2008年2月28日~4月7日 サンシャイン劇場
料金 6300円

 キャラメルボックスの舞台に上川隆也が立つのはかなり久しぶりのことなのではないだろうか。
 「大地の子」に出た頃は、1年に1本はキャラメルの舞台に立ちたいと公言していたと思うのだけれど、隔世の感がある(大げさである)。
 「ウーマン イン ブラック」の再演よりも、どちらかというと、新作であるこちらの舞台に興味がある。
 抽選予約に申し込んだ。

 演劇集団キャラメルボックスの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.01.17

「キル」を見る

「キル」NODA・MAP
作・演出 野田秀樹
出演 妻夫木聡/広末涼子/勝村政信/高田聖子
    山田まりや/村岡希美/市川しんぺー/中山祐一朗
    小林勝也/高橋惠子/野田秀樹
観劇日 2008年1月16日 午後7時開演
劇場 シアターコクーン M列23番
料金 9500円
上演時間 2時間25分(15分間の休憩あり)

 客席に入った瞬間、撮影用のカメラを見て「また撮影日と重なったか!」と思ったのは、「夢のひと」でも、やはり撮影日に当たっていたからだ。
 でも、よくよく思い返してみれば、チケット争奪戦に出遅れ、「わざわざ撮影日を選ぶ人は多くはあるまい」と思って自らこの日のチケットを購入したのだった。

 ロビーではパンフレット(1000円)や野田秀樹の戯曲集、妻夫木聡と広末涼子のそれぞれのグッズが販売されていた。
 上演予定時間の表示で、何故か終演時間が「午後9時22分」と細かく書かれており、どうしてこんなに細かく書いてあるのか不思議だった。パンフレットに書いてあるかと思い、帰りに買って帰るつもりだったのだけれど、うっかり買い忘れてしまった。もう1回、観劇する予定なので、次は忘れないようにしようと思う。

 カフェのコーナーで売られていた「モンゴル風サンドイッチ」も実は気になっている。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「キル」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.16

「ちいさき神の、つくりし子ら」のチケットを購入する

「ちいさき神の、つくりし子ら」プレタポルテvol.2
作者 マーク・メドフ
翻訳 板垣恭一/平田綾子
演出 板垣恭一
出演 岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)/津田絵理奈
    長野里美/樋渡真司/伴美奈子
    大橋ひろえ(SAP.AZN)/石曽根有也(らくだ工務店)
2008年2月8日~2月16日 俳優座劇場
料金 5000円

 中谷まゆみ作・板垣恭一演出のシリーズが好きだった。過去形なのは、しばらくこの組み合わせでの公演は予定されていないらしいからだ。
 その板垣恭一演出でこの出演者陣を見たら、それは見てみたい。
 プレタポルテvol.2と銘打っているからにはvol.1の公演があったのは間違いなく、公式サイトによると2006年夏に「ドアを開けると・・・」という公演があったようだ。見逃したのは不覚である。

 すでに一般発売が開始されている。
 チケットを購入した。

 プレタポルテの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

「ぼんち」の抽選予約に申し込む

音楽劇「ぼんち」
原作 山崎豊子
脚本 わかぎゑふ
演出 マキノノゾミ
音楽 coba
振付 南流石
出演 沢田研二/土居裕子/田中隆三/木下政治
    野田晋市/出口ルナ/佐藤綾/原尚子
    山口智恵/有馬自由/宴堂裕子/小椋あずき
    加納幸和/土田早苗
2008年4月3日~4月21日 紀伊國屋サザンシアター
料金 S席 8500円 A席 6000円 B席 4000円

 確か500席はないくらいの紀伊國屋サザンシアターで、S席とA席とB席に分けて発売するというのは、少なくとも私は初めて見たような気がする。あの劇場で、これだけ値段の差が出るほど席に違いがあるとは思えないのだけれど、何か特別な事情があるのだろうか。沢田研二出演がポイントのような気もするけれど、謎である。

 カテゴリとしては「芝居」にしておいたけれど、音楽と振付の方の名前が最初からバンと出ているから、ミュージカルと言った方が近いのかも知れない。
 12日に見たばかりの「夢のひと」と同じ、「脚本 わかぎゑふ」「演出 マキノノゾミ」に惹かれて、抽選予約に申し込んだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.01.14

「放浪記」を見る

「放浪記」
作 菊田一夫
潤色・演出 三木のり平
演出 北村文典
出演 森光子/高畑淳子/米倉斉加年/有森也実
    斎藤晴彦/大出俊/山本學/他
観劇日 2008年1月13日 午後3時開演
劇場 シアタークリエ 17列1番
料金 13500円
上演時間 3時間45分(25分間、10分間、5分間の休憩あり)

 ロビーでは、パンフレット(1500円)の他、お菓子や森光子グッズなどが販売されていた。

 この公演は、シアタークリエのオープニングシリーズの1本であると同時に菊田一夫生誕100年記念の公演でもあるそうだ。
 公演前から割と話題になっていたと思うのだけれど、この公演から森光子のでんぐり返りが見られなくなった。残念といえば残念だし、淋しいといえば淋しい。もう少し前に見ておくべきだったか、という気もする。

 これだけ有名なロングラン公演(と言っていいのだろうか?)だからネタバレといえるネタバレもないとは思うのだけれど、感想は以下に。

続きを読む "「放浪記」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

「夢のひと」を見る

「夢のひと」
作 わかぎゑふ
演出 マキノノゾミ
出演 升毅/渡辺いっけい/神田沙也加/安倍麻美
    三上真史/野田晋一/小椋あずき/宮吉康夫
    林英世/酒井高陽/木村美月/四條久美子
観劇日 2008年1月12日 午後6時開演
劇場 サンシャイン劇場 5列22番
料金 6500円
上演時間 2時間25分

 2008年観劇は、この「夢のひと」でスタートした。
 とても楽しかったのに、客席に空席が目立つのが非常に勿体ない。サンシャイン劇場では14日までで、その後は北海道の各地を回る予定らしい。「北の方にお知り合いのいらっしゃる方は・・・。みなまで申しませんが」という升毅の挨拶が全てを物語っている感じだ。
 でも、お勧めである。

 この日が収録日だったそうで、ロビーではDVDの予約を受け付けていた。パンフレット(1500円、だったと思う)も売られていたけれど、今回は購入しなかった。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「夢のひと」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »