« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

「2009年の5本」を選ぶ

 2009年最後の今日、私の「2009年の5本」を選んだ。
 2009年に見たお芝居は52本だった。

 昨年は62本見ているので、10本も減ったことになる。我ながら意外だ。
 年頭に当たって「セーブしよう」と思った記憶はあるけれど、実際にセーブした記憶はないので、週末を利用した国内旅行に何回か出たのと、8月に大きな旅行(週末を2度鋏んだ9日間)に出たためだと思われる。

「風が強く吹いている」@ル・テアトル銀座 2009.1.18
 三浦しをんの原作小説を3時間の舞台に納めようというのだから、相当に刈り込み、箱根駅伝に挑戦する10人の大学生それぞれの設定も単純化されたり語られなかったりしていたのだけれど、それが悪い感じではない。舞台のその後ろにある物語がちゃんと感じられる。
 箱根駅伝の200kmを舞台上でどう走るのかと思っていたら、舞台の後方を八百屋にし、手前のルームランナーのようなものが置かれていた。10人がかわるがわるそこを走り、そして、たすきを渡す姿は神々しいように見えて、涙が出た。
 生身の人間に目の前で演じられることで、小説を読むのとは別の体験ができたようで、同じようで違う、違うようで同じ何かを見たという感じがする。
 見て良かったと思う、いいお芝居だった。

「キサラギ」@世田谷パブリックシアター 2009.4.18
 映画版の「キサラギ」を気になりつつ見逃してしまったので、舞台版はぜひ見たいと思っていた。売れないアイドルだった如月ミキの一周忌に、彼女のファンサイトで知り合った5人の男が彼女を偲んで集まるという、ワンシーンのシチュエーションコメディ、と言ってしまっていいのか、「コメディ」というところに若干の不安がある。
 でも、このまま、様々な出演者、様々な演出で上演される、一種の定番になってくれたらいいのにというのが正直な感想だ。男女入れ替え逆バージョンなども面白いと思う。
 舞台全体を通して出演した5人の俳優の誰かが突出して一人勝ちしてしまうこともなく、見事に「キサラギ」というお芝居を見せてくれたということ自体、この出演者陣から考えて凄いことのような気がする。演出の板垣恭一だからこそ、の舞台に大拍手である。

「容疑者Xの献身」@サンシャイン劇場 2009.5.5
 この年末にテレビで映画が放映されたのを見たからじゃないかという疑問を自分で払拭できないのだけれど、原作を読んでいても、映像(短編集をテレビで連続ドラマ化した後で、「容疑者Xの献身」が同じ俳優陣で映画化された)のイメージが残っていても、結末をほぼ完全に覚えていても、このお芝居は面白かったし、引き込まれてしまった。
 この舞台はとても原作小説に忠実に作られていたと思う。
 湯川のいう「最高の頭脳」は、自分が折れそうになることまで計算して退路を予め断っておくほど完璧だったのに、守ろうとした女性と彼女の娘の心の動きまでは計算できなかった。ラストシーンの石神の号泣の理由はそこにはないのだけれど、でも、舞台を見たときだけ、何だかそんなことを思ってしまった。

「組曲虐殺」@天王洲銀河劇場 2009.10.21
 このお芝居の主人公は小林多喜二である。
 こまつ座のお芝居では珍しいと思ったのだけれど(確証はない)、このお芝居は全員がほぼ一人の役を演じていて、こまつ座といえば一人が何役も演じるという印象があるので、かなり意外だった。
 前半で張り巡らせた伏線が、後半で一気にスピードアップして収束し、小林多喜二は特高警察に捕まったその日のうちに殺されてしまう。そこを「見せない」ようにして、知り合った頃は「多喜二兄さん」と呼び、努力して「多喜二さん」と呼び方を変え、フジコさんと結婚した多喜二のことは「Tくん」と呼び、彼が亡くなった後再び「多喜二さん」と呼ぶようになった「タキちゃん」と、多喜二の姉の2人に告げることで伝えたラストが切なかった。

「十二人の怒れる男」@シアターコクーン 2009.11.21観劇
 「十二人の怒れる男」という作品を見たのは初めてで、改めて(というか初めて)「十二人の優しい日本人」という三谷幸喜の作品は、とても上手く「本歌取り」をしていたのだな、と思った。本歌をちゃんと見てから「本歌取り」を見れば良かった、と訳の判らない後悔をしたくらいだ。
 10人の男たちが次々と、陪審員8号やその他の陪審員たちのちょっとした「気づき」の発言によって最初の確信を揺るがされ、自分たちが怒りを抱いている「何か」と少年のを重ね合わせることからなかなか自由になれないことに自覚的になり、あるいは無自覚なまま、一人また一人と「無罪」に意見を変えて行く過程が、このお芝居の醍醐味である。
 これまた、つい、「十二人の怒れる女」にすることは可能だろうかと考えてしまった。

 ここに挙げた5本以外で特に迷ったお芝居はこんな感じである。

「アケミ」@シアタートップス 1009.1.10
「ブラジル」@紀伊國屋ホール 2009.1.17
「関数ドミノ」@赤坂RED/THEATER 2009.5.15
「きらめく星座 ~昭和オデオン堂物語~」@天王洲銀河劇場 2009.5.23
「NINAGAWA十二夜」@新橋演舞場 2009.6.27
「マクベス」@紀伊國屋サザンシアター 2009.7.18
「リボルバー」@紀伊國屋ホール 2009.8.8
「jam」@東京芸術劇場小ホール 2009.12.10観劇

 そして、一番淋しかったのはTHEATER/TOPS閉館イベント「さよならシアタートップス 最後の文化祭」が開催されなければならなかったことで、一番嬉しかったのは、激戦を勝ち抜いて、東京サンシャインボーイズ「returns」を見られたことである。
 あれは、本当に淋しくて幸せな空間だった。

 来年もたくさんの楽しいお芝居を見られますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.29

「相対的浮世絵」の抽選予約に申し込む

「相対的浮世絵」
作 土田英生
演出 G2
出演 平岡祐太/袴田吉彦/安田顕/内田滋/西岡徳馬
2010年3月18日~3月28日 シアターコクーン
料金 S席 8400円 A席 6800円 コクーンシート 5000円

 十数年ぶりに再会した兄弟と同級生の物語だそうだ。
 作・土田英生と、演出・G2との顔合わせは一体どんな感じになるのだろう。想像がつかない。
 想像がつかないものは見てみたい。

 抽選予約に申し込んだ。

 G2プロデュースの公式Webサイト内、「相対的浮世絵」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.12.27

「東京月光魔曲」を見る

「東京月光魔曲」
作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 瑛太/松雪泰子/橋本さとし/大倉孝二
    犬山イヌコ/大鷹明良/長谷川朝晴/西原亜希
    林和義/長田奈麻/赤堀雅秋/市川訓睦
    吉本菜穂子/植木夏十/岩井秀人/長谷川寧 
    桜乃まゆこ/嶌村緒里江/森加織/吉沢響子
    渡邊夏樹/伊藤蘭/山崎一/ユースケ・サンタマリア
観劇日 2009年12月26日(土曜日)午後1時開演
劇場 シアターコクーン N列2番
上演時間 3時間30分(15分間の休憩あり)
料金 9500円

 ロビーでは、パンフレット、ポスター、Tシャツ、手ぬぐいなどが販売されていたのだけれど、どれも値段をチェックしそびれてしまった。
 また、シアターコクーンのカフェは、上演している作品にちなんだ食事やおやつを販売していることが多い(と思う)のだけれど、今回は「すいとん」や「シベリア(という名前のお菓子らしい)」が販売されていた。

 さて、私の2009年の観劇はこの作品で見納めである。
 年内に間に合うかどうかは判らないけれど、少なくとも2010年の最初の1本を見る前に「2009年の5本」を選んでみたいと思っている。

 シアターコクーンの公式Webサイト内、「東京月光魔曲」のページはこちら。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「東京月光魔曲」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.12.22

「ダイアログ クリスマスまっくらコンサート」を聞く

「ダイアログ クリスマスまっくらコンサート〜誰かの幸せを願う気持ち〜」
出演 ダイアログアテンド音楽家たち
    隊長こと松村道生(パーカッション)/はーちゃんこと大石亜矢子(ビアノ+ソプラノ)
    つなっちこと綱川泰典(フルート)/さとちゃんこと佐藤尋宣(CAJON)
    長澤晴浩(ピアノ)
曲目 おもちゃのチャチャチャ
    子守歌 作品15(ドップラー)
    ブエノスアイレスの冬(ピアソラ)
    チャールダーシュ(モンティ)
    コンドルは飛んで行く
    ベラノッテ(わんわん物語より)
    MERRY CHRISTMAS TO YOU(辛島美登里)
    どきどきっ(大石亜矢子)
    ココア(大石亜矢子)
    white Xmas
    クリスマスソングメドレー
    すてきなホリデー(竹内まりや)
    きよしこのよる(アンコール)    
公演日 2009年12月22日(火曜日)午後2時30分開演
場所 ダイアログTOKYO会場
料金 5000円
公演時間 1時間50分

 本当の真っ暗闇の中で演奏されるコンサートに行って来た。
 なかなか楽しい、得難い体験だった。

 感想は以下に。

 ダイアログ・イン・ザ・ダークの公式Webサイト内、「ダイアログクリスマスコンサート」のページはこちら。

続きを読む "「ダイアログ クリスマスまっくらコンサート」を聞く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.21

「クロノス・ジョウンターの伝説」のチケットを予約する

ハーフタイムシアター・ダブルフィーチャー「クロノス・ジョウンターの伝説」
~「ミス・ダンデライオン」「南十字星駅で」~ 演劇集団キャラメルボックス
原作 梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ」
脚本・演出 成井豊
「ミス・ダンデライオン」
出演 岡田達也/岡田さつき/西川浩幸/前田綾
    筒井俊作/石原善暢/阿部丈二/小林千恵/稲野杏那
「南十字星駅で」
出演 西川浩幸/坂口理恵/岡内美喜子/畑中智行
    三浦剛/左東広之/渡邊安理/多田直人/原田樹里
2010年3月12日~4月4日 サンシャイン劇場
料金 2作品券 8000円

 ここのところ、キャラメルボックスの作品で見ているのは原作がある作品ばかりのような気がする。
 でも、このシリーズは小説で読んだときにも好きだったし、「ミス・ダンデライオン」の初演は見逃しているし、ぜひ見て見たい。

 劇団の先行予約に申し込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.20

「jam」を見る

グリング第18回公演「jam」
作・演出 青木豪
出演 中野英樹/萩原利映/遠藤隆太/小松和重
    佐藤直子/澁谷佳世/永滝元太郎(劇団M.O.P.)/
    廣川三憲(ナイロン100℃)/松本紀保
観劇日 2009年12月19日(土曜日)午後3時開演
劇場 東京芸術劇場小ホール A2列6番
上演時間 1時間50分
料金 4000円

 グリングはこの公演をもって活動休止に入るそうで、もっと前から見ておけばよかったと思ったのだった。
 ロビーでは上演台本等が売られていたようで、最後の挨拶で「お買い上げの方には、主宰の青木がサインをさせていただくと申しておりますので、というよりも、サインをしたがっていますので」と言っていたのが可笑しかった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 グリングの公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「jam」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.19

「ダイアログ クリスマスまっくらコンサート」のチケットを予約する

「ダイアログ クリスマスまっくらコンサート〜誰かの幸せを願う気持ち〜」
出演 ダイアログアテンド音楽家たち
    隊長(パーカッション)/はーちゃん(ビアノ+ソプラノ)
    つなっち(フルート)/さとちゃん(CAJON)
公演日 2009年12月22日 ダイアログTOKYO会場
料金 5000円

 実はどんなコンサートなのか全く判らないのだけれど、多分、真っ暗な中でクリスマス・ソングが演奏されるのだと思う。
 たまにはクリスマスらしいこともいいかしらと思い、チケットを予約した。
 抽選予約に申し込んだ。

 ダイアログ・イン・ザ・ダークの公式Webサイト内、「ダイアログクリスマスコンサート」のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.17

「チェーホフ短編集1&2」の先行予約に申し込む

あうるすぽっとチェーホフフェスティバル2010参加作品「チェーホフ短編集1&2」
作 チェーホフ
脚本・演出 山崎清介
出演 伊沢磨紀/佐藤誓/戸谷昌弘
    山口雅義/三咲順子/山田ひとみ
    竹下明子/桂ゆめ/谷畑聡
2010年4月17日~4月25日 あうるすぽっと
料金 5000円

 山崎清介が作・演出をする、「もう一つの」シリーズである。
 ちなみに、一つはいわずと知れた「子どものためのシェイクスピア」シリーズだ。
 2008年に上演されたチェーホフ短編集を「1」として再演、全く新しい短編を編んだ作品を「2」として上演されるといわれれば、それは両方見てみたい。

 先行予約に申し込んだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.12.13

「おしゃべりなレストラン 」を見る

「おしゃべりなレストラン ~ア・ラ・カルト リニューアルオープン 準備中~」青山円形劇場プロデュース
出演  高泉淳子/山本光洋/本多愛也/中西俊博(violin)
    クリス・シルバースタイン(bass)/竹中俊二(guitar)/林正樹(piano)
日替わりゲスト 川平慈英
観劇日 2009年12月11日(金曜日)午後7時開演
劇場 青山円形劇場 Hブロック13番
上演時間 2時間50分(10分の休憩あり)
料金 6000円

 昨年20周年を迎えた「ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン」から、白井晃と陰山泰の2人が卒業し、来年のリニューアルオープンに向けて「ちょっとだけ開けてみました」のレストランである。

 ネタバレありの感想は以下に。

 青山円形劇場の公式Webサイト内、「おしゃべりなレストラン ~ア・ラ・カルト リニューアルオープン 準備中~」のページはこちら。

続きを読む "「おしゃべりなレストラン 」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

「TALK LIKE SINGING」のチケットを予約する

「TALK LIKE SINGING」Presented by TamaHome
作・演出 三谷幸喜
作曲・音楽監督 小西康陽
出演 香取慎吾/堀内敬子/新納慎也/川平慈英
2010年1月23日~3月7日 赤坂ACTシアター
料金 S席 10000円 A席 8500円

 私が知っている範囲で先行抽選予約の情報は皆無、一般発売初日の今日も電話受付のみということで、久々に「チケットを取るために電話を掛け続ける」ということをしてしまった。
 疲れた。
 しかし、苦節50分、流石に土日祝日の公演は諦めたけれど、平日夜の公演のチケットを予約することができた。
 昨日見た「ア・ラ・カルト」のゲストが川平慈英で、このミュージカルの話がトークで出ていたこともあり、とても楽しみである。
 間違いなく、忘れずにチケットを引き取らねば。

 赤坂ACTシアターの公式Webサイト内、「TALK LIKE SINGING」のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.10

「農業少女」の抽選予約に申し込む

野田秀樹芸術監督就任記念プログラム「農業少女」
作 野田秀樹
演出 松尾スズキ
出演 多部未華子/山崎一/江本純子/吹越満
2010年3月1日~3月31日 東京芸術劇場小ホール
料金 6500円

 「農業少女」の初演は見ている。芝居そのものの印象は薄かったりしているのだけれど(赤いタータンチェック風の衣装のインパクトが一番強かったかも)、一緒に見に行った人が「権力の話だ」と言い切ったのが印象に残っている。
 だから、私の中では「農業少女」は「権力」や「支配」の話である。
 できれば、それを確かめてみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

 東京芸術劇場の公式Webサイト内、「農業少女」のページはこちら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.12.06

「歌舞伎座さよなら公演 十二月大歌舞伎(昼の部)」を見る

歌舞伎座さよなら公演 十二月大歌舞伎(昼の部)
演目 一、操り三番叟
出演 勘太郎/松也/鶴松/獅童
演目 二、新版歌祭文 野崎村
出演 福助/孝太郎/秀調/彌十郎/橋之助
演目 三、新古演劇十種の内 身替座禅
出演 勘三郎/染五郎/巳之助/新悟/三津五郎
演目 四、大江戸りびんぐでっど
出演 染五郎/七之助/勘太郎/彌十郎/萬次郎
    市蔵/亀蔵/井之上隆志/獅童/橋之助
    扇雀/福助/三津五郎/勘三郎
観劇日 2009年12月5日(土曜日)午前11時開演
劇場 歌舞伎座 2階6列45番
上演時間 5時間15分(15分、30分、20分の休憩あり)
料金 16000円

 歌舞伎座さよなら公演を見たのは、これで2本目である。
 
 今回もまたイヤホンガイド(650円、保証金1000円)を借りて、パンフレット(とは言わない気がする。1200円)は購入しなかった。

 歌舞伎座の売店は楽しい。
 友人にちょっとしたお礼をしたくて、「歌舞伎座限定」のものがいいなぁと休憩時間にちょっと探し、結局、パッケージに歌舞伎座の外観をあしらった小豆と抹茶のチョコレートにした。
 こういう買い物も楽しい。

 ところで、今回は昼の部の終演時間が午後4時15分、夜の部の開演時間が午後4時30分から45分に変更ということで、昼と夜の部の間に余裕がほとんどない。しかも、昨日はその時間に雨が降っていたものだから、歌舞伎座前の地下鉄東銀座駅入り口は大混雑で、階段などちょっと危ないんじゃないかと思うほどだった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 歌舞伎座の公式Webサイト内、「歌舞伎座さよなら公演 十二月大歌舞伎」のページはこちら。

続きを読む "「歌舞伎座さよなら公演 十二月大歌舞伎(昼の部)」を見る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.12.01

「THE ハプスブルグ」に行く

 昨日(2009年11月30日)、2009年9月25日から12月14日まで、国立新美術館で開催されている「THE ハプスブルグ」展に、職場のお姉さんと2人してサボって行って来た。

 会期末も近いし、昨日は月曜日で他の美術館は閉館しているところが多いし、もの凄い混雑なのではないかと覚悟していたのだけれど、行ってみたらチケット売場も会場入口も行列はなく、展示室に入ってからも少しゆっくり待てば最前列で見られるくらいの混雑ぶりで、意外だった。
 でも、こういう予想の外れ方は悪くない。
 のんびりと見ることができた。

 「THE ハプスブルグ」は、私は「ハプスブルグ家の人物を描いた肖像画展」だと思い込んでいたのだけれど、実は、肖像画は集められた絵のほんの一部であった。
 「THE ハプスブルグ」は、ヨーロッパに長く続いた名家中の名家であるハプスブルグ家が代々集めた美術品(特に絵画)を集めた絵画展であり、その中に、ハプスブルグ家の人間を描いた肖像画も含まれる、というのが正しいようだ。どちらかというと、いわゆる「宗教画」の方が多かったように思う。
 今回展示された作品の多くが、ウィーン美術史美術館とブダペスト美術館に所蔵されている作品である。

 それでも「肖像画展である」という思い込みが強かったので、肖像画の印象が強い。
 中でも、アンドレアス・メラー作の「11歳の女帝マリア・テレジア」と、フランツ・クサファー・ヴィンターハルター作の「オーストリア皇妃エリザベート」、ディエゴ・ベラスケス作の「白衣の王女マルガリータ・テレサ」の3作の印象がやっぱり強い。
 これは、決してこの3枚の絵が池田理代子によってオマージュされていたからではない(と思う)。

 普通に考えれば、美女として名高いエリザベートが際立つところなのだけれど、私はどちらかというとマリア・テレジアに惹かれた。
 立場が為せる業なのか、「3割増し美人に描く」という当時の肖像画のお約束のためなのか、11歳とは思えない落ち着きと色香を見せている。たくさんの子供に囲まれた貫禄あふれる姿の肖像画の印象が強いので、この嘘のように細いウエストで、「美人だったんじゃん」と思わず呟きたくなる姿が意外だった。

 意外といえば、特にハプスブルグ家の人を描いた肖像画は注意して見ていたつもりなのだけれど、ブルーやグリーンの瞳の人物がいなかった(ように思う)のが不思議だった。ほとんどの人物はグレイの瞳だったのではなかろうか。
 ヨーロッパ人はブルーかグリーンの瞳という私の発想もそもそもステレオタイプだけれど、一人もいないというのも意外だったのである。

 それはともかくとして、マリア・テレジアの肖像画もエリザベートの肖像画も、どうしても絵としてよりも本人の姿として見てしまうのだけれど、マルガリータの絵は、ベラスケスという私でも知っている大物が描いた絵であるせいもあって、何となく「絵」として見てしまうところが、我ながら流されやすいというか、ミーハーなものである。
 マルガリータの絵は、正直に言うと、「皇太子フェリペ・プロスペロ」の絵よりも、マリア・テレジアやエリザベートの肖像がよりも、近づいてみるとかなり荒いタッチの絵に見える。
 でも、少し離れたところから見ると、その乱暴に見えたタッチが計算されていてマルガリータのドレスの一部だったり背景だったりに不可欠な一筆であることが判る。不思議である。

 イタリア絵画の収集室は、やはり、宗教画が多いように思う。
 その中で、ちょっと気になったのはジョルジョーネである。その名前に何となく聞き覚えがあるけれど絵を見てもピンと来ないなぁと思っていたら、何のことはない、篠田真由美の建築探偵シリーズに出てくる神代教授の研究対象がヴェネツィア派と呼ばれる画家達で、ジョルジョーネはその中の一人だった。
 確か、作品数の非常に少ない画家だった筈である。私が本物を見たのも、多分初めてだったろう。
 しかし、そういう背景があっても、正直に言って、あまり印象的ではなかったのも事実である。

 オランダ絵画の部屋では、やっぱりルーベンスの絵が印象深い。
 一緒に行ったお姉さんは、「暗くて嫌いなんて言っていて悪かった。ルーベンスはやっぱりお嬢渦だわ」という感想を漏らしていたからである。私なぞ、ルーベンスと言われても、「フランダースの犬で少年が最後に見た絵だよね」などと感想を述べる有様である。しかも、これは感想ではない。単なる記憶である。

 出品されていた宗教画では「聖母子と**」というマリアとキリストの親子とあと誰か、という絵や、十字架に貼り付けにされたキリストを下ろしたところ、というテーマの絵が多かった。
 馴染みがあるから印象に残っているだけかも知れない。
 前者はともかくとして、後者の絵を光あふれる感じで明るく描かれても困るだろうと私などは思うのだけれど、お姉さんが言うのはそういう「画面の暗さ」ではないらしい。
 素養と感性に欠ける私に説明するのはとても大変だったと思うのだけれど、描かれた人物の表情でもないし、画面自体の色味や彩度という話でもないようだ。
 つまるところ、「そこに込められたもの」のことだと理解したのだけれど、そうなると私にはお手上げである。

 そのお姉さんが好きなのは「ベラスケス」だという。ベラスケスの絵は明るい、と言う。
 ここで、ベラスケスの絵だってやっぱり暗いじゃん、と思ってしまう私は、何かを根本的に間違えている気がする。
 なので、私が気になったスペイン絵画の部屋の絵は、フランシスコ・デ・スルバランの「聖家族」である。理由は単純で、この絵に描かれたマリアが一番美人だったのだ。意外と心ここにあらずという表情をしていたり、威厳を表すためなのかイエスともども眉間にしわを寄せたような顔をしているマリアの絵が多い中で、このマリアは普通に若くて綺麗な女性である。そこがいい。

 ところで、絵画に比べると少ないけれど工芸品も出品されていて、その中には武具も含まれていた。
 その武具の一つである楯に、メデューサが浮き彫り(というよりも顔が飛び出ているように作られている)になっているのはどうなんだろう、という気がした。
 戦いの最中にその頭をメデューサだと認識することは不可能に近いだろうから、きっと鑑賞用とか、威厳を表す用にしか使われていなかったのだとは思う。

 正直に言うと、全体的に「思ったよりも凄くない」という印象なのだけれど、でも好き勝手なことを言いつつ、混雑している割にゆったりと見ることができて、意外とリラックスできた美術展だった。

 「THE ハプスブルグ」の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »