« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.31

「YMO〜やっとモテたオヤジ〜」のチケットを予約する

ラッパ屋「YMO〜やっとモテたオヤジ〜」
作・演出 鈴木聡
出演 おかやまはじめ/三鴨絵里子/俵木藤汰/岩橋道子
    福本伸一/木村靖司/大草理乙子/宇納佑
    熊川隆一/岩本淳/武藤直樹/中野順一朗
2010年12月18日~12月26日 紀伊國屋ホール
料金 4800円

 私の中では、西のM.O.P.に東のラッパ屋、和のラッパ屋に洋のM.O.P.というイメージだ。
 そのラッパ屋の公演を見逃すわけには行かない。

 劇団の先行予約でチケットを確保した。

 ラッパ屋の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.30

「じゃじゃ馬馴らし」を見る

彩の国シェイクスピア・シリーズ第23弾「じゃじゃ馬馴らし」
作:W.シェイクスピア
演出 蜷川幸雄
翻訳 松岡和子
出演 市川亀治郎/筧利夫/山本裕典/月川悠貴
    磯部勉/原康義/廣田高志/横田栄司
    妹尾正文/岡田正/清家栄一/飯田邦博
    宮田幸輝/田島優成/川口覚/石橋直人/荻野貴継
観劇日 2010年10月29日(金曜日)午後6時30分開演
劇場 彩の国さいたま芸術劇場 O列16番
上演時間 2時間50分(15分の休憩あり)
料金 9000円

 ロビーでは、パンフレット(2000円、だったと思う)や、Tシャツ、缶バッジなどが販売されていた。
 また、蜷川幸雄の文化勲章受章をお祝いするメッセージがあったように思うけれど、ちゃんと見ていない。しかし、公演中にこういったおめでたい話があるというのは何よりである。

 ネタバレありの感想は以下に。

 彩の国さいたま芸術劇場の公式Webサイト内、「じゃじゃ馬馴らし」のページはこちら。

続きを読む "「じゃじゃ馬馴らし」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.27

「鋼鉄番長」のチケットの払戻しを依頼する

 2010年10月26日に、サンライズプロモーション東京から、「鋼鉄番長」についてのお知らせメールが届いた。

 主演の橋本じゅんの体調不良のため、何公演か休演になったのは知っていたのだけれど、私が持っているチケットの上演日は通常通り上演する予定だということで、その後は特にチェックしていなかった。

 このメールによると、橋本じゅんの復帰が遅れており、代役に三宅弘城を迎えるということだ。
 リンクが張られた案内ページに飛んでみると、さらに、池田成志も右アキレス腱断裂により降板したという。

 私が持っていたチケットは代役による上演再開後のものだったのだけれど、一度見ているということもあるし、「やっぱりこのお芝居の主役は橋本じゅんでしょう」という気持ちもあったので、チケットの払い戻しをお願いすることにした。

 上演日の前日までに届くようにチケットを送らなければならないということで、慌てて今日(2010年10月27日)、Webサイトの案内に従ってまずは電話し、宅急便の着払いで送付した。
 電話に出たお兄さんは、上演再開後の公演のチケット払い戻しをお願いしたからだと思うのだけれど、少々、不本意そうに対応してくれた。申し訳ない。思わず謝ってしまった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.10.26

「大人は、かく戦えり」の抽選予約に申し込む

シス・カンパニー公演「大人は、かく戦えり」
作 ヤスミナ・レザ
演出 マギー
翻訳 徐賀世子
出演 大竹しのぶ/段田安則/秋山菜津子/高橋克実
2011年1月6日~1月30日 新国立劇場小劇場
料金 S席 7500円 A席 4500円

 元はフランスの戯曲なのだそうだ。二組の夫婦が子どものケンカの後始末のために集まった筈が・・・、というお芝居らしい。
 その二組の夫婦をこの4人が演じたら、一体どうなるのか、それは見てみたいに決まっている。

 抽選予約に申し込んだ。

 シス・カンパニーの公式Webサイト内、「大人は、かく戦えり」のページはこちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.10.24

「ジョアンナ」を見る

わかぎゑふ 新神戸オリエンタル劇場 芸術監督就任記念「ジョアンナ」
脚本・演出 わかぎゑふ
出演 安寿ミラ/葛山信吾/宮本大誠/野田晋市
    千田訓子/美津乃あわ/斉藤レイ/原川浩明/有馬自由
観劇日 2010年10月23日(土曜日)午後5時開演(千秋楽)
劇場 シアター1010 4列3番
上演時間 2時間25分(15分の休憩あり)
料金 7500円

 ロビーでは、パンフレット(1000円)が販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

続きを読む "「ジョアンナ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.23

「LOVE LETTERS ラヴ・レターズ」のチケットを購入する

「LOVE LETTERS ラヴ・レターズ」20th Anniversary Christmas Special
作 A.R.ガーニー
訳・演出 青井陽治
出演
 2010年12月10日 中川晃教/神田沙也加
 2010年12月11日 野村萬斎/若村麻由美
 2010年12月13日 市川団治郎/木村多江
 2010年12月14日 ユースケ/サンタマリア/永作博美
2010年12月10日~12月14日 パルコ劇場
料金 5000円

 今年は「LOVE LETTERS ラヴ・レターズ」の上演20周年に当たるのだそうだ。
 6月にも見ていて、そのカップルも含めると、これまでに私が見たことがあるのは「長野里美 上杉祥三」と「中嶋朋子 佐々木蔵之介」と「大竹しのぶ 松尾スズキ」である。
 我ながら、なかなか渋い選択だ。

 先行発売されているのを見つけ、つい、もう1カップルこのラインアップに足すことにしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.21

「愛と青春の旅だち」のチケットを取ってもらう

宝塚星組公演 「愛と青春の旅だち」
脚本・演出 石田昌也
「宝塚花の踊り絵巻ー秋の踊り」
作・演出 酒井澄夫
出演 柚希礼音/夢咲ねね 他
2010年11月26日~12月26日 東京宝塚劇場
料金 SS席 11000円 S席 8500円 A席 5500円 B席 3500円

 少し前のことになるのだけれど、宝塚を見に行きませんか、と職場の方に声をかけていただき、チケットも取っていただいた。
 生涯2回目の宝塚である。
 前回は少し不完全燃焼気味だったので、今回、もっと楽しめるといいなと思っている。

 宝塚歌劇の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.20

「ろくでなし啄木」の抽選予約に申し込む

「ろくでなし啄木」
作・演出 三谷幸喜
音楽 藤原道山
出演 藤原竜也/中村勘太郎/吹石一恵
2011年1月5日~1月23日 東京芸術劇場中ホール
料金 S席 10000円 A席8500円

 三谷幸喜が描く石川啄木。
 激しくミスマッチな感じがするけれど、だからこそ見てみたい。

 抽選予約に申し込んだ。

 ホリプロの公式Webサイト内、「ろくでなし啄木」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.10.18

230000アクセス達成!

 気がつくのが遅くなってしまったのだけれど、昨日(2010年10月27日)の午後1時台に、どなたかが230000アクセス目を踏んでくださっていた。

 これまでの経過は以下のとおりである。
 開始 2005年1月8日
 10000アクセス 2005年5月17日
 20000アクセス 2005年9月12日
 30000アクセス 2005年12月26日
 40000アクセス 2006年4月15日
 50000アクセス 2006年7月23日
 60000アクセス 2006年11月25日
 70000アクセス 2007年4月25日
 80000アクセス 2007年8月3日
 90000アクセス 2007年10月19日
100000アクセス 2008年1月20日
110000アクセス 2008年4月10日
120000アクセス 2008年7月4日
130000アクセス 2008年9月20日
140000アクセス 2008年12月1日
150000アクセス 2009年3月10日
160000アクセス 2009年6月14日
170000アクセス 2009年9月15日
180000アクセス 2009年11月27日
190000アクセス 2010年2月20日
200000アクセス 2010年4月26日
210000アクセス 2010年6月29日
220000アクセス 2010年8月26日
230000アクセス 2010年10月17日

 さらに出来すぎの感じにアクセスしていただいているのはもちろん有り難いのだけれど、同時に、申し訳ないような、ちょっと恐ろしいような、そんな感じもする。

 ただ自分が見たお芝居の感想を書いているだけのこのブログに、遊びに来ていただいて、読んでいただいてくださっている方々のおかげです。ありがとうございます。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.16

「ポテチ」を見る

「ポテチ」BS-TBSプロデュース
原作 伊坂幸太郎
作・演出 蓬莱竜太
出演 星野真里/加藤晴彦/岡本麗
    山本亨/伊藤毅/梨澤慧以子
観劇日 2010年10月16日(土曜日)午後2時開演
劇場 青山円形劇場 Aブロック5番
上演時間 1時間35分
料金 6500円

 伊坂幸太郎の原作を未読のまま見に行った。「フィッシュストーリー」という短編集に収録されているらしいので、これから読んでみようと思う。

 ロビーでは、星野真里が最近出版したエッセイ集が販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「ポテチ」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「ポテチ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.14

「今の私をカバンにつめて」を見る

ミュージカル「今の私をカバンにつめて」
脚本・作詞 グレッチェン・クライヤー
音楽 ナンシ-・フォード
翻訳・上演台本 三谷幸喜
演出 G2
出演 戸田恵子/入絵加奈子/麻生かほ里/植木豪(Pani Crew)/石黒賢
演奏 千葉一樹(ベース)/江草啓太(ピアノ)
    松宮幹彦(ギター)/野呂尚史(ドラム)
観劇日 2010年10月9日(土曜日)午後7時開演
劇場 青山円形劇場 Fブロック35番
上演時間 1時間50分
料金 7500円

 すでに記憶があやふやなのだけれど、ロビーではパンフレット(1500円、だったような気がする)が販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「今の私をカバンにつめて」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「今の私をカバンにつめて」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.13

「十二夜」の抽選予約に申し込む

「十二夜」
作 W.シェイクスピア
演出 串田和美
出演 松たか子/石丸幹二/りょう/荻野目慶子
    大森博史/真那胡敬二/小西康久/酒向芳、
    内田紳一郎/片岡正二郎/目黒陽介/小春
    片岡亀蔵/串田和美/笹野高史
2011年1月4日~1月26日 シアターコクーン
料金 S席 9500円 A席 7500円 コクーンシート 5000円

 串田和美演出・松たか子主演の舞台を前に一度見たことがあると思うのだけど、あれは何だったろう・・・。
 やはり主役の双子は、松たか子の一人二役だろうか。
 前に見たそのお芝居も、松たか子が一人二役を演じたか、役柄として女の子なのに男装して周囲を欺くかしていたような気がする。

 抽選予約に申し込んだ。

 シアターコクーンの公式Webサイト内、「十二夜」のページはこちら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.10.12

「愛知のオンナ」を見る

Theatre劇団子 24th act「愛知のオンナ」
作・演出 石山英憲
出演 斉藤範子/田中千佳子/沢城みゆき/阿部英貴
観劇日 2010年10月9日(土曜日)午後2時開演
劇場 座・高円寺2 G列7番
上演時間 1時間15分
料金 2500円

 観客全員に配られるフライヤーというのか、出演者紹介などなどが入ったチラシがA3サイズの裏表カラー印刷で、お金をかけているんだな、というのが第一印象だった。
 過去の上演作品のDVDやTシャツなども販売していて、その辺りは「シアター!」で描かれていたままである。
 パンフレットを販売していたかどうかはチェックしそびれてしまった。

 上演後、出演者4人によるアフタートークがあった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 Theatre劇団子の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「愛知のオンナ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.11

「鋼鉄番長」を見る

2010年劇団☆新感線三十周年興行【秋】豊年漫作チャンピオンまつり「鋼鉄番長」
作・演出 いのうえひでのり
出演 橋本じゅん/坂井真紀/池田成志/高田聖子
    粟根まこと/田辺誠一/古田新太
    右近健一/逆木圭一郎/河野まさと/村木よし子
    インディ高橋/山本カナコ/礒野慎吾/吉田メタル
    中谷さとみ/保坂エマ/村木仁/川原正嗣/前田悟 ほか
観劇日 2010年10月8日(金曜日)午後6時開演
劇場 サンシャイン劇場 1階13列6番
上演時間 3時間10分(20分の休憩あり)
料金 10500円

 思わず3000円也のパンフレットを購入してしまったくらい、楽しかった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「鋼鉄番長」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「鋼鉄番長」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

「ア・ラ・カルト 〜役者と音楽家のいるレストラン」の抽選予約に申し込む

「ア・ラ・カルト 〜役者と音楽家のいるレストラン」
台本 高泉淳子
演出 吉澤耕一
音楽監督・出演 中西俊博(violin)
出演  高泉淳子/山本光洋/本多愛也/中山祐一郎(レギュラーゲスト)
    クリス・シルバースタイン(bass)/竹中俊二(guitar)/林正樹(piano)
日替わりゲスト 今井清孝/川平慈英/今拓哉/近藤良平
    篠井英介/巻上公一/山寺宏一/ROLLY
2010年12月4日~12月25日 青山円形劇場
料金 6300円

 昨年の「リニューアルオープン 準備中」から、再びタイトルを「ア・ラ・カルト 〜役者と音楽家のいるレストラン」に戻している。
 内容というか路線としては、昨年の形式を引き継いだようで、日替わりゲストが出演する趣向もそのままだ。

 この舞台を見なければやはり年は越せない。

 抽選予約に申し込んだ。

 遊機械オフィスの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.10.02

「抜け穴の会議室」の抽選予約に申し込む

PARCO PRESENTS Team申「抜け穴の会議室」
作・演出 前川知大
出演 大杉漣/佐々木蔵之介
2010年12月18日~12月31日 パルコ劇場
料金 7500円

 「抜け穴の会議室」の初演は見ている。
 そのときは、仲村トオルと佐々木蔵之介が兄弟を演じていた。
 大杉漣と佐々木蔵之介というキャストに変わって、雰囲気もきっと変わるに違いない。

 抽選予約に申し込んだ。

 パルコ劇場の公式Webサイト内、「抜け穴の会議室」のページはこちら。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »