« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.30

「ベッジ・パードン」の抽選予約に申し込む

シス・カンパニー公演 「ベッジ・パードン」
作・演出 三谷幸喜
出演 野村萬斎/深津絵里/大泉洋/浦井健治/浅野和之
2011年6月6日~7月31日 世田谷パブリックシアター
料金 S席 9000円 A席 7000円

 これまた、かなり贅沢な布陣のお芝居である。
 できれば、三谷幸喜生誕50周年記念のお芝居は全部見たいのだけれど、可能だろうか。

 抽選予約に申し込んだ。

 シス・カンパニーの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011.03.29

「血の婚礼」の抽選予約に申し込む

大規模修繕劇団 旗揚げ公演「血の婚礼」
作 清水邦夫 
演出 蜷川幸雄 
出演 窪塚洋介/中嶋朋子/丸山智己/田島優成
    近藤公園/青山達三/高橋和也/伊藤蘭 ほか
2011年6月24日~7月31日 にしすがも創造舎体育館 特設劇場
料金 8000円

 大規模修繕劇団とは、「2011年7月から大規模修繕に入るBunkamuraで、この改修期間に、Bunkamuraが手掛ける舞台公演のクオリティーとエンターテイメント性をそのまま各地へ持ち出そうというコンセプトから立ち上げられたカンパニー」なのだそうだ。

 その旗揚げ公演なら見てみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

 Bunkamuraの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.03.28

「シングルマザーズ」を見る

二兎社「シングルマザーズ」
作・演出 永井愛
出演 沢口靖子/根岸季衣/枝元萌/玄覺悠子/吉田栄作
観劇日 2011年3月26日(土曜日)午後7時開演
劇場 東京芸術劇場小ホール1 H列10番
上演時間 2時間10分(10分の休憩あり)
料金 5000円

 ロビーではパンフレット(500円)等が販売されていた。

 12日の公演チケットを持っていて、もっと早く振り替えたかったのだけれど、結局この日になってしまった。昼に中ホールでお芝居を観る予定だったので、そちらに行く前に受付で夜公演への振り替えをお願いした。
 本来は、事前に電話でお願いした方がよかったらしい。
 昼公演の開演前の忙しい時間に、受付に押しかけて申し訳なかったけれど、とてもいい席を用意してもらった。感謝である。

 開演前には、作・演出の永井愛氏から上演に当たっての決意表明(でいいと思う)と、避難に関してのお知らせがあった。

 また、カーテンコールで沢口靖子、吉田栄作から短い挨拶とロビーに募金箱を設置したことの案内があり、終演後、携帯を構えた人が集まっている一角があると思ったら沢口靖子本人が募金箱を持ってロビーに立っていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 二兎社の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「シングルマザーズ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.03.27

「南へ」を見る

野田地図 第16回公演「南へ」
作・演出・出演 野田秀樹
出演 妻夫木聡/蒼井優/渡辺いっけい/高田聖子
    チョウソンハ/黒木華/太田緑ロランス
    銀粉蝶/山崎清介/藤木孝
観劇日 2011年3月26日(土曜日)午後2時開演
劇場 東京芸術劇場中ホール P列17番
上演時間 2時間10分
料金 9000円

 ロビーでは、パンフレット(1000円)や、過去公演のDVD等が販売されていた。パンフレットは少し迷ったけれど、その分を場内の募金箱で募金することにした。

 開演前、恐らく公演を再開した最初の公演で野田秀樹が行った挨拶の録音が流されていた。野田地図のWebサイトにも同じ挨拶文が掲載されていた。
 ろうそく1本の明かりがあれば演劇公演は打てる、というのは三谷幸喜の挨拶とほぼ同じ台詞だけれど、それを「実際にそうなったらプロデューサーと相談する」と落とした三谷氏と、ろうそく1本を灯すことすら恐れている(た)と続けた野田氏と、恐らく問題意識は近いところにあるのだろう。二人ともこんなときだからこそ、劇場の明かりを消してはいけない、と言っていた。

 また、「お帰りをお急ぎの方もいらっしゃるでしょうから」ということでカーテンコールは2回、募金をお願いします、と最後に野田秀樹が挨拶した。

 ネタバレありの感想は以下に。

 野田地図の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「南へ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

「〆(しめ)」を見る

「〆(しめ)」自転車キンクリートSTORE
作・演出 飯島早苗
出演 瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ)/星野園美
    和田ひろこ(oneor8)/松坂早苗/平塚真介
観劇日 2011年3月21日(月曜日)午後2時開演
劇場 赤坂RED/THEATER C列4番
上演時間 1時間35分
料金 3800円

 ロビーで物販は行われていなかったと思うけれど、ちゃんと確認はしていない。

 開演前、非常口の案内があった。そこでトチった案内の方が「私が慌ててどうする」と自分にツッコんでいたのがちょっと可笑しかった。

 ところで、終演後に「ぜひ呟いてください」という挨拶が入るのは最近の定番なのだろうか。

 ネタバレありの感想は以下に。

 自転車キンクリーツカンパニーの公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「〆(しめ)」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.22

「凄い金魚」を見る

ラッパ屋第37回公演「凄い金魚」
作・演出 鈴木聡
出演 福本伸一/おかやまはじめ/木村靖司/弘中麻紀
    岩橋道子/俵木藤汰/大草理乙子/宇納佑
    熊川隆一/岩本淳/中野順一朗/ともさと衣
    冨田直美/遠藤留奈/浦川拓海
観劇日 2011年3月21日(月曜日)午後2時開演
劇場 座・高円寺1 B列5番
上演時間 2時間
料金 4500円

 ロビーでは、「凄い金魚」を含めたラッパ屋公演の上演台本が販売されていた。

 開演間、主宰の鈴木聡と制作(と名乗っていらしたと思う)の女性とが舞台前に現れて、注意事項等の説明があった。
 曰く、「座・高円寺はフリースペースなので客席も可動式であり、地震が起きなくても同じ列の人が笑っただけで揺れる」、「しかし、座・高円寺は新しい劇場なので耐震性能も高く、11日の地震の際も上演していたが、舞台セットは飾られていた花瓶も含めて一切損傷はなかった」、「地震の場合は、舞台上の照明機器が揺れたり音を立てたりするので、それ以外は地震ではない、慌てないでもらいたい」、「地震の際には客電が点灯するので、それまで落ち着いてその場で待ってもらいたい」ということだった。

 併せて、追加公演として今日の18時の回を設けたが、急遽決定したのでアナウンスが行き届かず、昨日の朝の段階では4人しか予約がなかった。今朝には何とか二桁に乗せたが劇団員が青くなっているので、公演が終わったらすぐさまツィッターで呟いてもらいたい、という話もあった。
 カーテンコールで福本伸一が全く同じことを言っていたから、かなり本気で青くなっていたということだろう。実際のところはどうだったのだろうか。

 ネタバレありの感想は以下に。

 ラッパ屋の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「凄い金魚」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.21

「日本人のへそ」を見る

井上ひさし追悼ファイナル「日本人のへそ」
作 井上ひさし
演出 栗山民也
音楽・出演 小曽根真
振付 謝珠栄
出演 辻萬長/石丸幹二/たかお鷹/久保酎吉
    山崎一/明星真由美/町田マリー/植本潤
    笹本玲奈/吉村直/古川龍太/今泉由香/高畑こと美
観劇日 2011年3月19日(土曜日)午後1時30分開演
劇場 シアターコクーン 2階D列13番
上演時間 3時間5分(15分の休憩あり)
料金 8400円

 ロビーではパンフレット(1400円、だったと思う)や、Tシャツ、書籍などが販売されていた。
 また、「国民の映画」のロビーにもあったし、ここにも義援金を募る箱がロビーに置かれていた。ただし、特に上演するに当たっての挨拶のようなものは、このお芝居ではなかったと思う。

 ネタバレありの感想は以下に。

 こまつ座の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「日本人のへそ」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.20

「水平線の歩き方」「ヒア・カムズ・ザ・サン」のチケットを予約する

演劇集団キャラメルボックス 2011ハーフタイムシアター
「水平線の歩き方」
脚本・演出 成井豊
出演 岡田達也/岡田さつき/前田綾/左東広之
    小多田直樹/井上麻美子/鍛冶本大樹/原田樹里

「ヒア・カムズ・ザ・サン」
脚本・演出 成井豊
出演 阿部丈二/西川浩幸/大森美紀子/岡内美喜子
    三浦剛/渡邊安理/多田直人/小林千恵

2011年6月2日〜6月19日 サンシャイン劇場
料金 各4000円

 キャラメルボックスのハーフタイムシアターで、それぞれ1時間くらいの上演時間のお芝居を一気に見せる。
 久々に見てみたいと思って、劇団の先行抽選予約に申し込んだ。

演劇集団キャラメルボックスの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.19

「国民の映画」を見る

パルコ・プロデュース公演「国民の映画」
作・演出 三谷幸喜
出演 小日向文世/段田安則/白井晃/石田ゆり子
    シルビア・グラブ/新妻聖子 /今井朋彦
    小林隆/平岳大/吉田羊/小林勝也/風間杜夫
観劇日 2011年3月17日(木曜日)午後2時開演
劇場 パルコ劇場 M列19番
上演時間 3時間10分(15分の休憩あり)
料金 9000円

 開演前に三谷幸喜が舞台上に登場した。

 上演を決めた公演があり、中止を決めた公演もある。どちらも迷った末の決断だし、どちらも正しい決断である。自分はこういうときこそ劇場の明かりを消してはいけないと思う。自分は停電しても舞台は続けるつもりである。役者がいてお客さんがいれば舞台はできる。
 そう言い切った後で、実際にそういうことになったらプロデューサーと相談させてもらいますが、と落とすところは三谷流だ。

 客席は、2/3から1/2くらいの入りだろうか。
 このときに私が思ったのは、昨日ののわかぎ座長も、三谷幸喜も、上演は当然のことではなく、特別に何か言わなければと思ったんだな、ということだった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 パルコ劇場の公式Webサイト内、「国民の映画」のページはこちら。

続きを読む "「国民の映画」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.18

「音楽の時間」を見る

リリパットアーミーII「音楽の時間」
作・演出・出演 わかぎゑふ
出演 コング桑田/千田訓子/上田宏/谷川未佳
    祖父江伸如/三上市朗/岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)
    美津乃あわ/森崎正弘(MousePiece-ree)/久野麻子(スイス銀行)
    木下智恵(北区つかこうへい劇団)/江戸川卍丸(劇団上田)
    伊藤えりこ(Aripe)/八代進一(花組芝居)/佐藤心(スタジオ・シン)
観劇日 2011年3月16日(水曜日)午後7時開演(東京千秋楽)
劇場 ザ・スズナリ H列1番
上演時間 2時間25分
料金 4500円

 私も莫迦だなぁと思いながら、家族や友人に呆れられたり笑われたりしながら、見に行って来た。
 3月5日から上演していたこのお芝居が、11日夜も上演されたことは劇団のホームページで知っていたけれど、開演前にわかぎゑふ氏と舞台監督氏らが現れて「緊急の場合の注意事項 補足」をされた際に、11日夜公演に6人(だったと思う)のお客様がいらっしゃったというお話をされていて、「強者が6人もいた」としみじみしてしまった。
 上には上がいる。

 そして、この千秋楽も私の目分量で客席の四分の三は埋まっていたのではなかろうか。
 何だか嬉しかった。

 電車が心配だったので、物販のチェックはせずに早々に劇場を後にした。

 ネタバレありの感想は以下に。

 玉造小劇店の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「音楽の時間」を見る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.03.13

チケットの払い戻しを確認する

 この週末に、二兎社の「シングル・マザーズ」と、野田地図の「南へ」の観劇を予定していた。
 いずれも東京芸術劇場での公演で、2011年3月11日から13日まで劇場が閉館したため、上演が中止された。

 確認したところ、別の公演への振り替えやチケットの払い戻しが始まっているようだ。

 二兎社の「シングル・マザーズ」のチケットについては 「シングル・マザーズ」公式ブログの情報が判りやすい。

 野田地図の「南へ」のチケットについては 野田地図の公式Webサイト内の該当お知らせページで詳しく案内されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.10

「散歩する侵略者」の抽選予約に申し込む

イキウメ「散歩する侵略者」
作・演出 前川知大
出演 浜田信也/盛隆二/岩本幸子/伊勢佳世
    森下創/窪田道聡/大窪人衛/加茂杏子 他
2011年5月13日~5月29日 シアタートラム
料金 4000円

 イキウメのお芝居は、かなり好きである。

 抽選予約に申し込んだ。

 イキウメの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.08

「黒い十人の女~version100℃~」の抽選予約に申し込む

NYLON100℃ 36th SESSION「黒い十人の女~version100℃~」
オリジナル脚本 和田夏十(映画『黒い十人の女』市川崑監督)
上演台本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 峯村リエ/松永玲子/村岡希美/新谷真弓
    植木夏十/安澤千草/皆戸麻衣/廣川三憲
    藤田秀世/吉増裕士/眼鏡太郎/みのすけ
    中越典子/小林高鹿/奥村佳恵/緒川たまき他
2011年5月20日~6月12日 青山円形劇場
料金 6900円

 「黒い十人の女」という映画がどんな映画なのか全く知らないのだけれど、何だかこれは出演者陣からしても見てみたい。
 いっそのこと、本当に黒い十人の女優さんだけで上演すればいいのにと勝手に思ったりするのだけれど、きっとそういう物語ではないのだろう。

 抽選予約に申し込んだ。

 NYLON100℃の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.03.06

「ロング・ロスト・フレンド」を見る

西荻の会「ロング・ロスト・フレンド」
作・演出 G2
出演 伊東四朗/角野卓造/佐藤B作/松金よね子
    市川勇/あめくみちこ/窪塚俊介/岩佐真悠子
観劇日 2011年3月5日(土曜日)午後1時開演
劇場 本多劇場 K列24番
上演時間 2時間10分
料金 7000円

 開演時間を勘違いしていて、開演から10分くらいたったところから見始めることになった。
 大失敗である。
 通路から一番奥の席だったので、並びの方々にも大迷惑をおかけしてしまった。申し訳ない。

 帰りがけにちらっと見たところでは、パンフレット、湯吞み、出演者の方々の過去公演のDVDなどが販売されているようだった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 G2プロデュースの公式Webサイト内、「ロング・ロスト・フレンド」のページはこちら。

続きを読む "「ロング・ロスト・フレンド」を見る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.03.03

「たいこどんどん」の抽選予約に申し込む

「たいこどんどん」
作 井上ひさし
演出 蜷川幸雄
出演 中村橋之助/古田新太/鈴木京香/宮本裕子
    大石継太/大門伍朗/市川夏江/大林素子
    飯田邦博/塚本幸男/立石凉子/六平直政/瑳川哲朗
2011年5月2日~5月26日 シアターコクーン
料金 S席 10000円 A席 8500円 コクーンシート 5000円

 井上ひさしと蜷川幸雄ってヘンな感じと最初に思ったのだけれど、「天保十二年のシェイクスピア」、「藪原検校」、「道元の冒険」、「表裏源内蛙合戦」とそういえば連続して見ていたのだった。
 それにしても「こまつ座」で上演される井上ひさし作品とはやはり全く違うお芝居になっている。
 こちらも、ぜひ見てみたい。

 抽選予約に申し込んだ。

 シアターコクーンの公式Webサイト内、「たいこどんどん」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »