« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012.10.29

「メトロポリタン美術館展 大地、海、空—4000年の美への旅」に行く

今日(2012年10月29日)、母がどこからか入手した内覧会のチケットで、東京都美術館で2013年1月4日まで開催されている、「メトロポリタン美術館展 大地、海、空—4000年の美への旅」に行ってきた。
 通常、メトロポリタン美術館展は月曜休室だけれど、普通にイヤホンガイドも借りられるようだったし、ミュージアムショップも開いていた。内覧会というのはそういう風に運営されているようだ。

 メトロポリタン美術館にはもちろん行ったことがないし、何というか、どういう美術館なのかというイメージも実はほとんど持っていない。
 だから、今回のメトロポリタン美術館展のイメージは、ひたすら、初来日だというゴッホの「糸杉」に尽きるところがあって、他にどんな作品が来ているのか全く知らないままに出かけてしまった。

 今回のメトロポリタン美術館展のテーマは、「自然」だそうだ。
 もっと言うと、「西洋の美術において、風景(大地、海、空)や動植物が、どのように捉えられてきたか」ということなのらしい。

 「第1章・理想化された自然」の「1-1 アルカディアー古典的な風景」では、何だか随分と似たような絵が並んでいるなという風に感じてしまった。17世紀から19世紀にかけて、ばらばらな年代に製作されているのにそういう風に感じたのは、どうやら、いずれも風景画で、かつ空の色味が似ている絵が多いためらしいということが判った。
 「1-2 擬人化された自然」に、レンブラントの「フローラ」という絵が含まれていた。花の女神(春の女神だったかも)の姿を描いた絵らしい。レンブラントというと、暗い背景から浮かび上がる人物像というイメージなのだけれど、この絵は不思議に明るい。

 「第2章・自然のなかの人々」の「2-1 聖人、英雄、自然のなかの人々」のトップにあったのは、「葉冠をつけた若者の頭部」という石灰岩の彫刻で、思わず「これを自然のなかの人々にくくるのは無理があるのでは・・・」と呟いてしまった。月桂冠のような冠を被っている(と思われる)のだけれど、これはどちらかというと「英雄」に当たるということなんだろうか。
 このコーナーは絵だけではなく、彫刻やガラス、お皿などもあってバラエティ豊かだ。
 そんな中に、ゴーギャンの「水浴するタヒチの女たち」という何を描いてもゴーギャンはゴーギャン(もっとも、この絵はゴーギャンらしい題材だと思うけれど)という絵と、ルノアールの「浜辺の人物」という盛装に近いような優雅な夫人が日傘を差して海辺でリラックスしている様子を描いた絵が並んでいると、やけに目立つ。随分とコントラストの激しい2人の絵を並べたものである。

 「2-1 狩人、農民、羊飼い」で印象に残ったのは、まずは、ミレーの「麦穂の山:秋」という、麦の穂をどーんと積んだ塚のようなものが大きく真ん中に3つでんと描かれた絵だ。隣にかけられた「草取りをする人々」という絵を描いたジュール・ブルトンと2人がよく比較されたということだったけれど、多分、ブルトンは「人」を描いているけれど、ミレーは「人」を描こうとはしていない(というのは私の勝手な印象である)というところが一番大きな違いなんじゃないかという気がした。
 そして、ゴッホがミレーの絵をお手本に(と言っていいのか判らないけれど、模写のようなものだと思う)描いた「歩きはじめ、ミレーに拠る」という絵が、薄いグリーンを基調に淡白なというか、私は「絵本の挿絵みたい」と思ったのだけれど、間違いなくゴッホの筆使いなのに何だかゴッホらしからぬ感じの可愛らしい絵だったことも印象深い。

 「第3章 胴部宇たち」の「3-1 ライオン、馬、その他の動物」では、「ライオンの頭の兜」が印象に残っている。金色で、でも思ったほどたてがみが立派ではなくて、兜としてはどう考えても実用的じゃないので儀式用かしらという感じの兜だったのだ。儀式用なら、どうせならもっと派手なたてがみにすればいいのにと間抜けなことを考えてしまう。
 マヌケといえば、「テーブルを組み立てる猿のガラス板」に描かれている猿は、やっていることは役に立たないというか無駄というか、そういうことなのだけれど、何だかひとまねこざるのジョージを思い出させて可愛らしかった。

 「3-2 鳥」では、エジプトの「ネクタネボ2世を守護するハヤブサの姿のホルス神を表す小像」が、やけに滑らかな黒い肌を見せていた。守護されているネクタネボ2世の小さい像がホルス神の足もとに彫ってあって、左足を出している。さて左足を出しているのは死んでいることの象徴だったか生きていることの象徴だったか思い出せなかったのだけれど、確認してみたところ、どうやら「生きている」という意味らしい。確かにファラオとしても生きている間に守護して貰いたいところだろう。

 「第4章 草花と庭」にあった、例えば「一角獣のテーブルカーペット」などは、何だかやけに既視感のある織物である。全体にグリーンの色調で、細かくて、反対色を効かせて刺繍してあって、モチーフには多く自然のものが選ばれかつ図案化されている。
 母などは「婦人雑誌でよく見るわね」と言うから情緒のないことおびただしい。

 「第5章 カメラが捉えた自然」では、その名のとおり、写真が展示されていた。もちろん、モノクロである。
 何より「あくびをするヒヒ」がユーモラスで笑ってしまった。絵はがきも用意されていて、買うかどうか一番迷ったものの一つである。

 「第6章 大地と空」の「6-1 森へ」に、待望のゴッホ「糸杉」があった。
 何というか、迫力のある糸杉である。恐ろしいくらいに厚塗りしてあり、厚塗りされた糸杉の枝や葉はとぐろを巻いていると言えばいいのか、呪いの樹のようにうねっていると言えばいいのか、「優美」とか「まっすぐ」といった、本物の糸杉の樹からはあまり思い浮かばない印象が浮かぶ。
 その糸杉が、これ以上ないくらい明るい空の下に、でも画面の半分近くを使って2本立っている。
 何というか、「青でも黄色でもないゴッホ」だった。

 「6-2 岩と山」、「6-3 空」と続く。ここにあったジョージア・オキーフの「骨盤 Ⅱ」という絵がかなりのインパクトだった。動物の骨盤の骨から空を見上げている構図なのだ。画面には(大ざっぱに言って)骨の白と空の青しかない。画家が女性だったことにも驚いたし、彼女が砂漠で動物の骨を拾うことを趣味にしていたということにはもっと驚いた。ちょっとおどろおどろしすぎる趣味ではなかろうか。しかし、画面は限りなく明るく、シンプルだ。

 「第7章 水の世界」でラストである。「7-1 水の生物」「7-2 海と水流」で最後だ。
 この辺りになると、イヤホンガイドも借りなかったのに2時間近く時間がたっていて、ちょっと疲れ気味だった。水生生物の大皿、という作品は、つまり大きなお皿で、その表面にトカゲやら魚やら、かなりの数の水の生き物が立体的に造られていて、かなりのインパクトだった。このお皿で食事はできないし、家に飾るのもイヤだなぁと私は思ったけれど、何の目的で造られたんだろうか。

 そんな感じで2時間を過ごし、ミュージアムショップにも立ち寄って帰路についたのだった。
 買わなかったけれど、やっぱりあくびをするヒヒの絵はがきが気になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.28

「ロックオペラ モーツァルト」 の抽選予約に申し込む

「ロックオペラ モーツァルト」
演出 フィリップ・マッキンリー
出演 山本耕史/中川晃教/菊地美香/AKANE LIV
    酒井敏也/コング桑田/湯澤幸一郎/北村岳子
    北原瑠美/上山竜司/栗山絵美/平田小百合
    鶴見辰吾/高橋竜太/大野幸人/青山航士
    田川景一/千田真司/永野拓也/橋田康
    東山竜彦/松之木天辺 /明日香/香月彩里
    清家とも子/塚越志保/丹羽麻由美/平井琴望
    松島蘭/松林篤美/キムラ緑子/高橋ジョージ/ほか
2013年2月9日~2月17日 東急シアターオーブ
料金 S席 12000円 A席 8000円 B席 5000円

 山本耕史と中川晃教の2人が、モーツアルトとサリエリを日替わりで演じるのだそうだ。
 それならモーツアルトが中川晃教でしょう、という感じがするのだけれど、どうだろう。

 抽選予約に申し込んだ。

 「ロックオペラ モーツァルト」 の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.10.22

「エッグ」を見る

「エッグ」
作・演出 野田秀樹
音楽 椎名林檎
出演 妻夫木聡/深津絵里/仲村トオル/秋山菜津子
    大倉孝二/藤井隆/野田秀樹/橋爪功
観劇日 2012年10月19日(金曜日)午後7時開演
劇場 東京芸術劇場プレイハウス O列**番
料金 9500円
上演時間 2時間5分

 「エッグ」2回目の観劇である。

 迷った結果、パンフレット(1000円)を購入した。

 ネタバレありの感想は以下に。

 野田地図の公式Webサイト内、「エッグのページはこちら。

続きを読む "「エッグ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.21

「リチャード三世」を見る

「リチャード三世」
作 W.シェイクスピア
翻訳 小田島雄志
演出 鵜山仁
出演 岡本健一/中嶋朋子/浦井健治/勝部演之
    立川三貴/倉野章子/木下浩之/今井朋彦
    吉村直/青木和宣/那須佐代子/小長谷勝彦
    森万紀/清原達之/城全能成/関戸将志
    篠原正志/川辺邦弘/松角洋平/津村雅之
    前田一世/浦野真介/梶原航
観劇日 2012年10月20日(土曜日)午後1時開演
劇場 新国立劇場中劇場 18列69番
料金 8400円
上演時間 3時間40分(20分の休憩あり)

 ロビーに、リチャード三世の遺骨発見の記事や、薔薇戦争当時の歴史年表、人物相関図、舞台模型などが展示されていて有り難かった。
 「リチャード三世」は、シェイクスピア劇の中で比較的回数を見ているので、パンフレットの解説なしでもついて行けるかしらと思ったので、パンフレット(800円)は、迷ったけれど、購入しなかった。

 これほど有名な芝居にネタバレもあったものじゃないと思うけれど、とりあえずネタバレありの感想は以下に。

 「リチャード三世」の公式Webサイはこちら。

続きを読む "「リチャード三世」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.18

「傀儡女~時の男最終章」を見る

リリパットアーミーII「傀儡女~時の男最終章」玉造小劇店 配給芝居vol.10
作・演出・出演 わかぎゑふ
出演 コング桑田/野田晋市/うえだひろし/谷川未佳
    西岡香奈子/粟根まこと(劇団☆新感線)/八代進一(花組芝居)
    みやなおこ/浅野彰一(あさの@しょういち堂)/船戸慎士(Studio Life)
    小林大介(花組芝居)/森崎正弘(MousePiece-ree)/谷山知宏(花組芝居)
    岡田朋也(kurukuru on parade)/平尾なつみ
観劇日 2012年10月17日(水曜日)午後7時開演(千秋楽)
劇場 スペースゼロ L列2番
料金 4500円
上演時間 2時間25分

 ロビーではパンフレット(1000円)や匂い袋(500円)などが販売されていた。
 また、この回もパンフレットへのサインは、みやなおことわかぎゑふのひらがな女性コンビだった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 玉造小劇店の公式Webサイはこちら。

続きを読む "「傀儡女~時の男最終章」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.14

「ボクの四谷怪談」を見る

騒音歌舞伎(ロックミュージカル)「ボクの四谷怪談」
脚本・作詞 橋本治
演出 蜷川幸雄
音楽 鈴木慶一
出演 佐藤隆太/小出恵介/勝地涼/栗山千明
    三浦涼介/谷村美月/尾上松也/麻実れい
    勝村政信/瑳川哲朗/青山達三/梅沢昌代
    市川夏江/大石継太/明星真由美/峯村リエ
    新谷真弓/清家栄一/塚本幸男/妹尾正文 ほか
観劇日 2012年10月13日(土曜日)午後1時開演
劇場 シアターコクーン L列2番
料金 9500円
上演時間 3時間30分(15分、10分の休憩あり)

 ロビーで張り出され、またアンケート等と一緒に配布されていた髪に、新川將人が10月2日の公演中に怪我をし、3日から妹尾正文が出演する旨の案内があった。

 ロビーでパンフレット等が販売されていたけれど、チェックしそびれてしまった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 シアターコクーンの公式Webサイト内、「ボクの四谷怪談」のページはこちら。

続きを読む "「ボクの四谷怪談」を見る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.10.09

「音のいない世界で」の抽選予約に申し込む

新国立劇場演劇「音のいない世界で」
出演・劇作・脚本・演出 長塚圭史
出演・振付 近藤良平
出演 首藤康之/松たか子
2012年12月23日~2013年1月20日 新国立劇場小劇場
料金 S席 5250円 A席 3150円

 曰く「「こどもに開かれた」大人の演劇」だそうだ。見てみたい。
 出演者陣も魅力的である。
 抽選予約に申し込んだ。

 新国立劇場の公式Webサイト内、「音のいない世界で」のページはこちら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.10.07

「TOPDOG/UNDERDOG」 の抽選予約に申し込む

シス・カンパニー公演「TOPDOG/UNDERDOG」
作 スーザン=ロリ・パークス
翻訳・演出 小川絵梨子
出演 堤真一/千葉哲也
2012年11月30日~12月28日 シアタートラム
料金 6800円

 題材としては苦手そうなのだけれど、この2人の顔合わせ、しかも二人芝居となれば見てみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

 シス・カンパニーの公式Webサイト内、「TOPDOG/UNDERDOG」 のページはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.10.06

「樹海-SEA of THE TREE-」を見る

「樹海-SEA of THE TREE-」
作・演出・出演 鈴井貴之
出演 岡田達也(キャラメルボックス)/佐藤めぐみ/井之上隆志
    石井正則/納谷真大/鈴井貴之
観劇日 2012年10月6日(土曜日)午後2時開演 初日
劇場 ル・テアトル銀座 24列13番
料金 6500円
上演時間 1時間50分

 ロビーでパンフレット等々が販売されていたと思うのだけれど、うっかりチェックしそびれてしまった。
 Tシャツが売っていて、赤いきつねと緑のたぬきに引っかけてあるらしい、ということだけしかチェックしていない自分が少し悲しい。

 「樹海-SEA of THE TREE-」の公式Webサイはこちら。

続きを読む "「樹海-SEA of THE TREE-」を見る"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012.10.02

「バカのカベ -フランス風-」 のチケットを予約する

加藤健一事務所 VOL.84「バカのカベ -フランス風-」
作 フランシス・ヴェベール 
訳・演出 鵜山 仁 
出演 風間杜夫/加藤健一/新井康弘/清水明彦(文学座)
    西川浩幸(演劇集団キャラメルボックス)/日下由美/加藤忍 
声の出演 平田満
2012年11月15日~12月2日 本多劇場
料金 5000円

 この出演者陣は相当に魅力的である。
 劇団のサイトでチケットを予約した。

 加藤健一事務所の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.01

「ア・ラ・カルト2 ~役者と音楽家のいるレストラン」 のチケットを購入する

青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2 ~役者と音楽家のいるレストラン」
演出 吉澤耕一
出演・劇作・脚本 高泉淳子
出演 山本光洋/本多愛也/中山祐一朗
    中西俊博(vl) / クリス・シルバースタイン(b)
    竹中俊二(g) /林正樹(p)
日替わりゲスト ROLLY/春風亭昇太/池田鉄洋
2012年12月7日~12月25日 青山円形劇場
料金 6300円

 2014年度一杯でこどもの城が閉館になることが決まったけれど、青山円形劇場もやはり閉館になってしまうのだろうか。
 この年末というよりもクリスマスシーズンの風物詩の舞台はぜひ続いてもらいたいものである。

 チケットを予約した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »