« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013.02.28

「オセロ」の抽選予約に申し込む

「オセロ」
原作 ウィリアム・シェイクスピア
構成・脚本・演出 白井晃
出演 仲村トオル/山田優/赤堀雅秋/加藤和樹
    高田聖子/水橋研二/有川マコト/他
2013年6月9日~6月23日 世田谷パブリックシアター
料金 S席 6500円 A席 5000円

 シェイクスピアばかり見ていてどうする、もっと冒険しなくちゃと思いつつ、抽選予約に申し込んだ。

 世田谷パブリックシアターの公式Webサイト内、「オセロ」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.02.27

「マクベス」を見る

「マクベス」
原作 ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 河合祥一郎
構成・演出 野村萬斎
出演 秋山菜津子/小林桂太/高田恵篤/野村萬斎/福士惠二
観劇日 2013年2月26日(火曜日)午後7時開演(初日)
劇場 世田谷パブリックシアター K列25番
料金 6500円
上演時間 1時間40分

 ロビーでパンフレット等が販売されていたけれど、値段はチェックしそびれた。
 ちらしが折り紙のようになっていて、見本とちらしがたくさん置かれている。ちょっと洒落た感じでいいなと思ったけれど、もらいそびれてしまったのが残念だ。

 ネタバレありの感想は以下に。

 世田谷パブリックシアターの公式Webサイト内、「マクベス」のページはこちら。

続きを読む "「マクベス」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.24

「教授」を見る

アトリエ・ダンカン プロデュース 「教授」
構成・演出 鈴木勝秀
音楽監督・弾き語り 中村中
 五木寛之作「わが人生の歌がたり」より
出演 椎名桔平/田中麗奈/高橋一生/岡田浩暉
    坂田聡/伊達暁/佐々木喜英/上條恒彦/中村中
観劇日 2013年2月23日(土曜日)午後2時開演
劇場 シアターコクーン B列19番
料金 8500円
上演時間 1時間50分(終演後、トークと歌のコーナー25分あり)

 ロビーではパンフレット等が販売されていたけれど、チェックしそびれてしまった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 アトリエ・ダンカンプロデュースの公式Webサイト内、「教授」のページはこちら。

続きを読む "「教授」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.23

「デキルカギリ」を見る

G2produce最終公演「デキルカギリ」
作・演出 G2
出演 山内圭哉/大和田美帆/片桐仁
    菅原永二/吉本菜穂子/岩井秀人
    中川智明/久ヶ沢徹/久保酎吉
観劇日 2013年2月22日(金曜日)午後7時開演
劇場 本多劇場 B列19番
料金 6500円
上演時間 2時間

 ロビーではパンフレット(1500円)と、G2プロデュースの過去作品のDVDが販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 G2produceの公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「デキルカギリ」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.19

「あかいくらやみ ~天狗党幻譚~」の抽選予約に申し込む

「あかいくらやみ ~天狗党幻譚~」
作・演出:長塚圭史
原作 山田風太郎「魔群の通過」
出演 小栗旬/小日向文世/白石加代子/原田夏希
    小松和重/古舘寛治/横田栄司/福田転球
    武田浩二/駒木根隆介/斉藤直樹/六本木康弘
    木下あかり/中山祐一朗/伊達暁/長塚圭史
    中村まこと/大鷹明良/小野武彦/他
2013年5月5日~5月26日 シアターコクーン
料金 S席 9000円 A席 7000円 コクーンシート 3500円

 この豪華役者陣とこの題材はぜひ見てみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

 シアターコクーンの公式Webサイト内、「あかいくらやみ ~天狗党幻譚~」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.02.18

420000アクセス達成!

 昨日(2013年2月17日)、どなたかが420000アクセス目を踏んでくださった。ほぼ1ヶ月で10000アクセスなんて凄い。自分でもびっくりである。
 これまでの経過は以下のとおりである。

 開始 2005年1月8日
 10000アクセス 2005年5月17日
 50000アクセス 2006年7月23日
100000アクセス 2008年1月20日
150000アクセス 2009年3月10日
200000アクセス 2010年4月26日
250000アクセス 2011年2月6日
300000アクセス 2011年10月25日
350000アクセス 2012年6月12日

360000アクセス 2012年7月15日
370000アクセス 2012年8月24日
380000アクセス 2012年9月28日
390000アクセス 2012年11月4日
400000アクセス 2012年12月6日

410000アクセス 2013年1月16日
420000アクセス 2013年2月17日

 このブログにお越しいただきましてありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.16

「ロックオペラ モーツァルト」 を見る

「ロックオペラ モーツァルト」
演出 フィリップ・マッキンリー
出演 山本耕史/中川晃教/菊地美香/AKANE LIV
    酒井敏也/コング桑田/湯澤幸一郎/北村岳子
    北原瑠美/上山竜司/栗山絵美/平田小百合
    鶴見辰吾/高橋竜太/大野幸人/青山航士
    田川景一/千田真司/永野拓也/橋田康
    東山竜彦/松之木天辺 /明日香/香月彩里
    清家とも子/塚越志保/丹羽麻由美/平井琴望
    松島蘭/松林篤美/キムラ緑子/高橋ジョージ/ほか
観劇日 2013年2月16日(土曜日)午後0時開演
劇場 東急シアターオーブ 2階4列4番
料金 12000円
上演時間 2時間45分(20分の休憩あり)

 ロビーではパンフレットやTシャツ、「ノートルダムの鐘」のチケットが販売され、ライブCDの予約受付が行われていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「ロックオペラ モーツァルト」 の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「ロックオペラ モーツァルト」 を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.14

「ブライダル」 の抽選予約に申し込む

3軒茶屋婦人会第5回公演 「ブライダル」
作・演出 G2&3軒茶屋婦人会
出演:篠井英介/深沢敦/大谷亮介
2013年4月20日~5月2日 東京芸術劇場 シアターイースト
料金 5800円

 このお三方の女芝居は好きである。
 抽選予約に申し込んだ。

 ところで、G2プロデュースは最終公演が決まっているけれど、こちらはどうなるのだろう。
 今後も公演されることを望む。

 G2プロデュースの公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.02.12

「テイキング サイド~ヒトラーに翻弄された指揮者が裁かれる日~ 」を見る

「テイキング サイド~ヒトラーに翻弄された指揮者が裁かれる日~ 」
作 ロナルド・ハーウッド
演出 行定勲
出演 筧利夫/福田沙紀/小島聖/小林隆/鈴木亮平/平幹二朗
観劇日 2013年2月11日(月曜日)午後1時開演(千秋楽)
劇場 天王洲銀河劇場 C列17番
料金 9000円
上演時間 2時間45分(15分の休憩あり)

 ロビーではパンフレット等が販売されていた。
 劇場のロビーで東日本大震災の募金箱を見たのは久しぶりのような気がする。ただ私が気がつかなかっただけだろうか。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「テイキング サイド」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「テイキング サイド~ヒトラーに翻弄された指揮者が裁かれる日~ 」を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.02.11

「テーブルウエア フェスティバル2013」に行く

「テーブルウエア フェスティバル2013」
2013年2月4日〜2月11日 東京ドーム
東京ドームシティのサイト内、「テーブルウエア フェスティバル2013」のページはこちら。

 招待券をいただいて、生まれて初めて、「テーブルウエア フェスティバル」に行って来た。

ジノリ まず足を踏み入れたのは海外特集のコーナーである。
 その最初にリチャード・ジノリのコーナーがあった。
 2013年に入って破産宣告がされたリチャード・ジノリからの出品があって、ちょっとほっとする。その後の状況は知らないのだけれど、どうなっているのだろう。
 それはそれとして、ジノリと言えばベッキオホワイトだと思うのだけれど、そのラインを活かしたテーブルセッティングがあった。
 春らしくて素敵である。

大賞 第21回テーブルウエア大賞受賞作品はこちらである。
 これまた、春らしい、そして繊細な食卓である。
 このテーブルウエア大賞の応募要領がよく判らないのだけれど、壁面やテーブルそのものについてはどうやって評価されているのだろう。そこまで含めて審査の対象なんだろうか。
 応募作品は結構和風のしつらえが多い印象だったので、その中で洋風ど真ん中を突破したこのテーブルセッティングが大賞というのはちょっと意外だった。

お気に入り また1時間後とか1日後とかくらいに行くと変わるような気もするのだけれど、この日の私のお気に入りはこちらのテーブルである。
 逆に和風ど真ん中、素朴な印象を受ける。
 こんな風にすることはまず無理なのだけれど(それは大賞受賞作品も同じである)、でも、このテーブルにならそんなに緊張せずにつけるような気がする。

 意外とこのテーブルウエアの展示に私がハマらなかったのは、「いや、自分でやるのは無理だし」とか「この方々だっていつもこんなテーブルでお食事されている訳じゃないだろうし」とか思ってしまうかららしい。というよりも、ハマったら大変なので、防衛反応で「興味がありません」ということにしているのかも知れない。
 こうした展示スペースは全体の1/3くらいで、あとの2/3はひたすらショップのブースが並んでいるのだ。陶磁器はもちろんのこと、漆器やわっぱもあったし、お箸やカトラリーもあったし、テーブルクロスなどの布製品も多い。なるほど、帰る方とすれ違ったけれど大きな荷物を持っている方も多かったし、コインロッカーが軒並み使用されている訳である。
 最初から「**焼のお皿が欲しい」とか狙いを定めて来るといいのかも知れない。

今田美奈子 著名人が提案するテーブルセッティングというコーナーもあった。
 こちらはもう一段豪華に、「コーナー」ではなく「部屋」が作られている感じである。
 多くの方は、お食事を4人でいただくというシチュエーションのしつらえだったのだけれど(子供のお誕生パーティーのセッティングもあったけれど)、今田美奈子氏のテーブルだけは違う。
 丸テーブルの真ん中に花瓶(だったと思う)を置き、周りにはティースプーンを並べ、あとは小さめのカップ(デミタスカップ?)でテーブルを埋め尽くしている。
 テーブルクロスに淡いグリーンを選んでいることもあって、ほーうという溜息が聞こえてくるようなテーブルだった。

和のモノトーンスイーツ この2つはノリタケのコーナーで見たように記憶しているのだけれど、自信がない。大倉陶器だったかも知れない。
 屏風はともかくとして、こういう感じなら作れるかもしれない。
 お茶会のセッティングならもの凄く無理してがんばればできるかも。
 そう思って写真を撮った。

 大きなカメラでバシバシ撮っていらっしゃる方も大勢いて(もちろん、スマートフォンで撮っている方はもっと大勢いて)、写真を撮ろうという方と、お買い物をしようという方と、両方を集めてかなり盛況な感じだった。
 次ぎに行く機会があったら、事前に食器棚をチェックして「こういうお皿が欲しい」と狙いを定めてお買い物を楽しみたいと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.10

「遠い夏のゴッホ」を見る

「遠い夏のゴッホ」
作・演出 西田シャトナー
出演 松山ケンイチ/安蘭けい/石川禅/田口トモロヲ
    手塚とおる/福田転球/保村大和/吉沢悠 他
観劇日 2013年2月9日(土曜日)午後1時開演
劇場 赤坂ACTシアター M列29番
料金 9800円
上演時間 2時間40分(15分の休憩あり)

 あまり物販のコーナーが混雑していなかったのが意外だった。パンフレットは(多分)1500円だったと思う。その他にTシャツやクリアファイルなどが販売されているようだった。
 赤坂ACTシアターはもう少しロビーに椅子があるといいのになと思う。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「遠い夏のゴッホ」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「遠い夏のゴッホ」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.06

「木の上の軍隊」 の抽選予約に申し込む

こまつ座&ホリプロ公演「木の上の軍隊」
原案 井上ひさし
作 蓬莱竜太
演出 栗山民也
出演:藤原竜也/山西惇/片平なぎさ
2013年4月5日~4月29日 シアターコクーン
料金 S席 10000円 A席 8500円 コクーンシート 5000円

 「木の上の軍隊」は確か、井上ひさしの未完の遺作だったと思う。
 見てみたい。
 抽選予約に申し込んだ。

 こまつ座の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.02.02

「レミング~世界の涯まで連れてって~」の抽選予約に申し込む

寺山修司没後30年/パルコ劇場開場40周年記念公演「レミング~世界の涯まで連れてって~」
作 寺山修司
上演台本 松本雄吉(「維新派」主宰)/天野天街(「少年王者舘」主宰)
演出 松本雄吉
出演 八嶋智人/片桐仁/常盤貴子/松重豊/他
2013年4月21日~5月16日 パルコ劇場
料金 8400円

 とにかく、この出演者の顔合わせは面白いと思う。
 抽選予約に申し込んだ。

 パルコ劇場の公式Webサイト内、「レミング~世界の涯まで連れてって~」のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »