« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019.12.27

「ピサロ」のチケットを予約する

PARCO劇場オープニング・シリーズ 第1弾「ピサロ」
作 ピーター・シェーファー
翻訳 伊丹十三
演出 ウィル・タケット
出演 渡辺謙/宮沢氷魚/栗原英雄/和田正人
    大鶴佐助/首藤康之/小柳友/田中俊介
    菊池均也/浅野雅博/亀田佳明/金井良信
    下総源太朗/竹口龍茶/松井ショウキ
    薄平広樹/中西良介/広島光/羽鳥翔太
    加藤貴彦/萩原亮介/鶴家一仁/王下貴司
    前田悟/佐藤マリン/鈴木奈菜/宝川璃緒
    外山誠二/長谷川初範
2020年3月13日~4月20日 パルコ劇場
料金 13000円

 かなり迷っていて一般発売日も過ぎてしまった今になって、ピサロってインカ帝国を征服したスペインの将軍のあのピサロか! と気づき、やっぱり見ようとチケットを予約した。

 パルコ劇場の公式Webサイト内、「ピサロ」のページはこちら。

| | コメント (0)

2019.12.22

2019年の5本を選ぶ

 2019年の観劇は12月20日の「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ」で完走となった。
 今年見たお芝居は42本だ。昨年に引き続き「漸減」という感じだ
 今年もチケットを取ったのに観に行くことができなかった芝居が数本あって、悔しいし、本当に申し訳ない。

 少しばかり早いけれど、「2019年の5本」は以下のとおりである。

「化粧二題」@紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA 2019.6.15
 女座長版は見たことがあったものの、男座長版は初めだ。「化粧二題」も初観劇である。
 女座長は、男座長を捨てた母親ではなく、男座長は、女座長が捨てた(かも知れない)息子ではない。
 完全に裏表になっている訳ではないのに、この二つの一人芝居はやはり「ひとつのお芝居」であったのが不思議だし、そのずれが舞台に面白みと緊張を生んでいた、と思う。

「キネマと恋人」@世田谷パブリックシアター 2019.6.15
 今年の6月15日は随分と濃い1日を過ごしたものである。
 初演のときから評判になっていたお芝居。チケットが取れずに涙を飲んでいたところ、今回見ることができて嬉しい。
 そして期待と評判に違わぬ、分かりやすそうに見せて色々なものが詰め込まれた密度の濃い舞台だった。
 ラストシーンでは「ハッピーエンドで良かったじゃない!」と心の中で叫んだ。

「骨と十字架」@新国立劇場小劇場 2019.7.27
 キリスト教の基礎教養に欠ける私には難解すぎる内容で、登場人物達の会話もよく分からない。「どうしてそうなる!」と思えればまだしも、「何を言っているのか分からない・・・。」という感じだった。
 信仰は徹頭徹尾個人のものであり、同じ神を信じているからといって相互理解が可能とは限らない。
 登場人物の誰にも共感できなかったからこそ、芝居の力を感じた。

「治天ノ君」@東京芸術劇場シアターイースト 2019.10.13
 台風で上演中止になった回のチケットを振り替えてもらって観劇した。見られて良かったと思う。
 劇団チョコレートケーキの公演は初見。
 こういう「不幸だったけどがんばった君主の話」「ダメだと言われているけれど実はできた君主の話」は、ずるいしあざといと思っているにも関わらず、見ていて涙が止まらなかった。
 やっぱり、ずるくてあざとい。しかし、ここまで確信犯だともはや何も言うことはない。

「ハケンアニメ!」@紀伊國屋ホール 2019.11.9
 辻村深月原作の舞台化作品。
 小劇場の芸達者かつ顔なじみの方々ががっしりと基礎を固め、若者二人を主演の町田マリーが引っ張る。王道といえば、この芝居が私にとっての一番の王道だったように思う。安心かつ楽しい。おじさんの底力ここにあり、である。
 観劇後、原作の小説も購入して一気読みした。

 「2019年の5本」を選ぶとき迷ったのは以下の5本である。

 「イーハトーボの劇列車」@紀伊國屋ホール 2019.2.9
 「喝采」@本多劇場 2019.3.13
 「御披楽喜」@本多劇場 2019.9.14
 「相対的浮世絵」@本多劇場 2019.11.1
 「終わりのない」@世田谷パブリックシアター 2019.11.3

 来年もまた楽しいお芝居に出会えますように!

| | コメント (2)

2019.12.21

「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ」を見る

「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ」
原作 漫画 宮崎駿
脚本 丹羽圭子/戸部和久
演出 G2
出演 尾上菊之助/中村七之助/尾上松也/中村歌昇
    坂東巳之助/尾上右近/中村種之助/中村米吉
    中村吉之丞/市村橘太郎/嵐橘三郎/片岡亀蔵
    河原崎権十郎/市村萬次郎/中村錦之助/中村又五郎
    中村歌六 ほか
観劇日 2019年12月20日(金曜日)午前11時開演/午後4時30分開演
劇場 新橋演舞場
上演時間 3時間35分(35分・20分の休憩あり)
     4時間10分(35分・20分・10分の休憩あり)
料金 各17000円

 劇場には「一部、演出を変更して上演します」の張り紙があった。
 グッズも販売されていて、「風の谷のナウシカ」のグッズはほとんど作られていないと聞いたことがあったような記憶があったので、ちょっと驚いた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ」を見る"

| | コメント (0)

2019.12.20

「メアリ・スチュアート」のチケットを予約する

「メアリ・スチュアート」
作 フリードリヒ・シラー
上演台本 スティーブン・スペンダー
翻訳 安西徹雄
演出 森新太郎
出演 長谷川京子/シルビア・グラブ/三浦涼介/吉田栄作
    山本亨/青山達三/青山伊津美/黒田大輔/星智也
    池下重大/冨永竜/玲央バルトナー/鈴木崇乃
    金松彩夏/鷲尾真知子/山崎一/藤木孝
2020年1月27日~2月16日 世田谷パブリックシアター
料金 S席 8000円 A席 4800円

 かなり迷っていて一般発売日も過ぎてしまった今になって、やっぱり見ようとチケットを予約した。

 世田谷パブリックシアターの公式Webサイト内、「メアリ・スチュアート」のページはこちら。

| | コメント (0)

2019.12.18

1250000アクセス達成!

 本日(2019年12月18日)、どなたかが1250000アクセス目を踏んでくださった。
 これまでの経過は以下のとおりである。

 開始 2005年1月8日
 10000アクセス 2005年5月17日
 50000アクセス 2006年7月23日
100000アクセス 2008年1月20日
200000アクセス 2010年4月26日
300000アクセス 2011年10月25日
400000アクセス 2012年12月6日
500000アクセス 2013年9月11日
600000アクセス 2014年3月20日
700000アクセス 2014年9月29日
800000アクセス 2015年6月29日
900000アクセス 2016年3月29日
1000000アクセス 2017年2月17日
1100000アクセス 2018年1月28日
1200000アクセス 2019年4月1日

1210000アクセス 2019年6月6日
1220000アクセス 2019年7月22日
1230000アクセス 2019年9月10日
1240000アクセス 2019年11月1日
1250000アクセス 2019年12月18日

 今年4月に職場が替わってから心身共に「何となく不調」な感じが続いていて、観劇ペースが落ちています。
 それでもこうしてブログを続けていられるのは、遊びに来て、読んでくださる方のおかげです。
 ありがとうございます。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019.12.15

「私たちは何も知らない」を見る

二兎社公演43「私たちは何も知らない」
作・演出 永井愛
出演 朝倉あき/藤野涼子/大西礼芳/夏子
    富山えり子/須藤蓮/枝元萌
観劇日 2019年12月14日(土曜日)午後1時30分開演
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
上演時間 2時間45分(15分の休憩あり)
料金 6000円

 ロビーではパンフレットや永井愛の著作が販売され、ご本人がサインをしてくださっていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 二兎社の公式Webサイト内、「私たちは何も知らない」のページはこちら。

続きを読む "「私たちは何も知らない」を見る"

| | コメント (0)

2019.12.11

「新 陽だまりの樹」の抽選予約に申し込む

「新 陽だまりの樹」
原作 手塚治虫
脚本 中島かずき
演出 宮田慶子
出演 上川隆也/中村梅雀/葛山信吾/緒月遠麻
    山田菜々/風間杜夫/佐野大樹/森山栄治
    鷲尾昇/土屋佑壱/朝倉伸二/斉藤レイ
    鈴木健介/幸村吉也/伊藤あいみ/山下真実子
    望⽉祐治/⾼⽥紋吉/太⽥達也/澤⽥圭佑/下あすみ ほか
2020年4月3日~4月19日 東京建物Brillia HALL
料金 S席 11000円 A席 7500円 B席 5500円

 2012年の「陽だまりの樹」を私は見ているようだ。
 そのときに良庵を演じていた上川隆也が、今度は万二郎を演じるそうだ。見てみたい。

 それに、東京建物Brillia HALLにも行ってみたい。

 抽選予約に申し込んだ。

 「新 陽だまりの樹」の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (1)

2019.12.10

「あれよとサニーは死んだのさ」を見る

月影番外地その6「あれよとサニーは死んだのさ」
作 ノゾエ征爾
演出 木野花
出演 高田聖子/池谷のぶえ/川上友里
    大鶴佐助/竹井亮介/入江雅人
観劇日 2019年12月7日(土曜日)午後1時開演
劇場 ザ・スズナリ
上演時間 1時間45分
料金 5500円

 久々の月影番外地だった、と思う。
 ネタバレありの感想は以下に。

 「あれよとサニーは死んだのさ」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「あれよとサニーは死んだのさ」を見る"

| | コメント (0)

2019.12.07

「劇団朱雀 復活公演」を見る

「劇団朱雀 復活公演」
総合プロデュース・演出 早乙女太一
脚本 中島かずき/横内謙介/中屋敷法仁/早乙女太一
出演 早乙女太一/早乙女友貴/富岡晃一郎/久保田創
    安田桃太郎/小川智之/岩崎祐也/藤原儀輝
    関根アヤノ/高畠麻奈/重咲なお/鈴花あゆみ
    鈴花奈々/千葉さなえ/蓮城まこと/葵陽之介
    木村了 ほか
観劇日 2019年12月6日(金曜日)午後6時30分開演
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
上演時間 3時間(15分、15分くらい?の休憩あり)
料金 6500円

 なるほど、これが大衆演劇か、と思った。
 グッズの販売に力が入っていて、ロビーではもちろん、幕間に座長自ら出てきてグッズ販売を行っていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「劇団朱雀 復活公演」の公式Webサイトはこちら。

続きを読む "「劇団朱雀 復活公演」を見る"

| | コメント (2)

2019.12.02

「罪のない嘘」のチケットを予約する

「罪のない嘘」 ~毎日がエイプリルフール~ 三谷幸喜作「アパッチ砦の攻防」より
作 三谷幸喜
演出 モトイキシゲキ
出演 佐藤B作/辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)/小林麻耶/菅原りこ
    あめくみちこ/黒田こらん/小林美江
    山本ふじこ(Wキャスト)・星野園美(Wキャスト)
    中西良太/まいど豊/佐渡稔
    鈴木杏樹/片岡鶴太郎
    日替わりゲスト=石井愃一/佐藤銀平/梅垣義明
2020年1月9日~1月19日 ヒューリックホール東京
料金 8900円

 豪華なのか豪華じゃないのか、よく分からない出演者陣がなかなか楽しそうである。
 チケットを予約した。

 ”「罪のない嘘」 ~毎日がエイプリルフール~ 三谷幸喜作「アパッチ砦の攻防」より”の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0)

2019.12.01

「鎌塚氏、舞い散る」を見る

M&O plays プロデュース「鎌塚氏、舞い散る」
作・演出:倉持裕
出演 三宅弘城/ともさかりえ/片桐 仁/小柳 友
    広岡由里子/玉置孝匡/岡本あずさ/大空ゆうひ
観劇日 2019年11月30日(土曜日)午後2時開演
劇場 本多劇場
上演時間 2時間10分
料金 7000円

 ロビーではパンフレットやTシャツ等が販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 M&O plays プロデュースの公式Webサイト内、「鎌塚氏、舞い散る」のページはこちら。

続きを読む "「鎌塚氏、舞い散る」を見る"

| | コメント (2)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »