« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023.11.26

「無駄な抵抗」を見る

「無駄な抵抗」
作・演出 前川知大
出演 池谷のぶえ/渡邊圭祐/安井順平/浜田信也
    穂志もえか/清水葉月/盛隆二
    森下創/大窪人衛/松雪泰子
観劇日 2023年11月25日(土曜日)午後1時開演
劇場 世田谷パブリックシアター
上演時間 1時間55分
料金 8800円

 ロビーではパンフレットが販売されていた。
 終演後、パンフレット売り場に列ができていて、他にもグッズがあったかどうかチェックしそびれた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 世田谷パブリックシアターの公式Webサイト内、「無駄な抵抗」のページはこちら。

続きを読む "「無駄な抵抗」を見る"

| | コメント (0)

2023.11.19

「ねじまき鳥クロニクル」を見る

ホリプロ「ねじまき鳥クロニクル」
演出・振付・美術 インバル・ピント
脚本・演出 アミール・クリガー
脚本・作詞 藤田貴大
音楽 大友良英
出演 成河/渡辺大知/門脇 麦
    大貫勇輔/首藤康之(Wキャスト)/音くり寿
    松岡広大/成田亜佑美/さとうこうじ/吹越 満/銀粉蝶
    加賀谷一肇/川合ロン/東海林靖志/鈴木美奈子
    藤村港平/皆川まゆむ/陸/渡辺はるか
演奏 江川良子/イトケン/大友良英
観劇日 2023年11月18日(土曜日)午後0時30分開演
劇場 東京芸術劇場プレイハウス
上演時間 3時間5分(15分の休憩あり)
料金 11800円

 初演は、チケットを取ったときには忘れていたけれど、新型コロナウイルス感染症対策のため上演中止になった回のチケットを持っていて、見ることができなかった。
 今回見られて嬉しい。
 ロビーではパンフレットの他、グッズが色々と販売されていた。一部はすでに売り切れていたようだ。

 ネタバレありの感想は以下に。

 ホリプロの公式Webサイト内、「ねじまき鳥クロニクル」のページはこちら。

続きを読む "「ねじまき鳥クロニクル」を見る"

| | コメント (0)

2023.11.12

「ガラスの動物園」「消えなさいローラ」を見る

COCOON PRODUCTION 2023「ガラスの動物園」
作 テネシー・ウィリアムズ
翻訳 田島 博
上演台本・演出 渡辺えり
出演 尾上松也/吉岡里帆/和田琢磨/渡辺えり
演奏 川本悠自(コントラバス)/会田桃子(ヴァイオリン)/鈴木崇朗(バンドネオン)

COCOON PRODUCTION 2023「消えなさいローラ」
作:別役 実
上演台本・演出 渡辺えり
出演 尾上松也/渡辺えり
演奏 川本悠自(コントラバス)/会田桃子(ヴァイオリン)/鈴木崇朗(バンドネオン)

観劇日 2023年11月10日(金曜日)午後2時開演
劇場 紀伊國屋ホール
上演時間 ガラスの動物園 2時間30分(終演後15分の休憩あり)
     消えなさいローラ 1時間
料金 10000円

 ロビーでの物販はチェックしそびれてしまった。

 「ガラスの動物園」の上演後15分間の休憩を挟み、「消えなさいローラ」が上演される。
 「消えなさいローラ」は二人芝居で、尾上松也は全公演に出演し、相手役は、吉岡里帆・和田琢磨・渡辺えりの3人がトリプルキャストで演じる。私が見た回は、尾上松也と渡辺えりの二人だった。

 休憩時間に、客席後方に恐らくは修学旅行だろう高校生がいたことに気がついた。
 君たち、いいもの見たね、と思った。

 ネタバレありの感想は以下に。

 bunkamuraの公式Webサイト内、「ガラスの動物園」「消えなさいローラ」のページはこちら。

続きを読む "「ガラスの動物園」「消えなさいローラ」を見る"

| | コメント (2)

2023.11.05

「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」に行く

 2023年11月3日、国立近代美術館で2023年10月6日から12月3日まで開催されている「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」に行って来た。
 3連休の初日かつ「文化の日」で混雑するだろうと思い夕方16時半くらいに行ったところ、ゆったりと見ることができた。
 一部を除き写真撮影が許可されており、それほど待つことなく写真を撮ることができるくらいである。良かった。

 今年、国立近代美術館のガウディ展に行った際に、この棟方志功展が開催されることを知り、ぜひ行きたいと考えて早々にチケットは購入していた。
 とはいえ、棟方志功について考えてみると、特に知っていることがない。眼鏡をかけてもじゃもじゃ頭の風貌と、おおらかかつ豊満な楊貴妃の版画のイメージがあるくらいである。
 さらに言うと、私は棟方志功と山下清と芹沢銈介の区別があんまりついていない気がする。
 我ながら、かなり駄目な感じだ。

 棟方志功は自身の版画を「板画」と称していたそうだ。
 油絵も描いていたことや、日本画を「倭(やまと)画」と称し多くの作品を残していることを始め、民藝運動と関わりが深いこと、そもそも柳宗悦との関わりは(何かの)美術展に出品しようとして大きさが規定を超えて展示を拒否されようとしていたところに柳宗悦の助けが入ったことがきっかけだったこと、商業デザインも多く手がけていること、外国に何度も出かけていることなど、初めて知ることばかりだった。

 展示は「Ⅰ 東京の青森人」「Ⅱ 暮らし・信仰・風土−富山・福光」「Ⅲ 東京/青森の国際人」「Ⅳ 生き続けるムナカタ・イメージ」の4部構成で、そこにプロローグが加わっている。
 油絵を目指し、そこから板画に移る。文字(文章)と絵を組み合わせた作品を多く作成する。戦中の物資不足で彫るための板が手に入りにくくなり、肉筆画を手がけたり、小さな板に彫ったりすることが多くなる。
 最初は、白地に黒い線で表していたが、次第に、黒地に白く彫った線で表すことにより「彫った線」を後に残すことができるようになる。
 挿絵も多く手がけているし、商業デザインも気軽に引き受けていたらしい。
 戦後の復興期、建設ラッシュの中で大柄な作品も多く手がけるようになる。
 海外でも、ヴェネチア・ヴィエンナーレでの受賞などなど、高く評価されている。

 とにかく意外な感じがする。
 何というか、生前から評価され、縦横無尽に活躍した人だったんだなぁと思う。どうも画家の方々は生前は苦労し、死後に評価された人ばっかりという勝手なイメージから抜け出せない。

 作品の印象は、まずは宗教を題材にした作品が多いことが意外だった。神様仏様曼荼羅イエス・キリストに日本武尊などなど、かなり多くの作品が神様の誰かとか仏様の誰かとかを題材にしている。
 かつ、連作というのか、1枚に一人を描いてその全員を並べて展示したり、表装して掛け軸にしたり屏風にしたり、大柄な作品に仕立てていることが多い。
 これは、そうして「一つ」にしてしまえば大きさ制限や点数制限なく出展できるという現実的な理由もあったらしい。

 そもそも、それぞれの作品についている「**の柵」という言い方は、「巡礼のお遍路さんが寺々に納めるお札のことで、一点一点の作品を生涯のお札として納めていく、その想いをこの字に込めている」ものであるらしい。
 信心深い人だったのか、でも信心深いだけだったらこんなに広範囲の神様を描くことはないような気もするし、特定の宗教を信仰しているというよりは、日々の生活の中で八百万の神を意識しているというか、自然にその場その場に合った「神様」に沿う感じの人だったのかなぁと思う。

 一方で、非常に幾何学的な作品が多いなぁとも思った。
 一言で言うと、左右対称が好きなんだなぁということだ。
 複数の絵を組み合わせた作品では、概ね、左右対称になっていたのではなかろうか。それは表装にまで及んでいるから、柳宗悦の趣味なのかも知れないけれど、とにかく「バランス」を保とうとしているように感じられる。

 もちろん、光徳寺にあるというふすま絵「華厳松」のように全く左右対称ではない作品もあるけれど、そもそも並べた襖を1枚の画面として扱っているというだけのことのように思う。
 ちなみにこの「華厳松」の裏側はふすま1枚1枚を一つの画面として使っていて、やはり「並べ方」に意を用いているように見えて、何となく楽しくなった。

 また、棟方志功は裏彩色の技法を多く用いていたそうで、板画の色が淡く穏やかなのはその技法の賜でもあるように思う。
 1枚の板から、モノトーンだけの絵にしたり、裏彩色でカラフルにしたり、彫り直しというか彫り足ししてまた刷ったりということもあったらしい。
 確かに、同じ意匠の板画で背景の色が異なっているものを、掛け軸にして3枚並べたものがあったと思う。タイトルや絵面を覚えていないのに、黄色と緑と青の3色だったような・・・、と数と色しか覚えていないところが間抜けである。

 文字と絵の組み合わせ、文字だけの作品もありつつ、その「文字」が日本語だけでなく英語のものまであったのもちょっと驚いた。
 何故、英語? と思う。
 海外旅行に行った際の印象や思い出を彫ったということなのか、そもそも英語で語られた詩が好きだったということなのか、とにかく意外な組み合わせだった。

 棟方志功が使っていた眼鏡や彫刻刀が展示されていたり、講演の音声が流されていたり、NHKが取材した映像があったり、ほぼほぼトレードマークとも言えるようなカメラを真正面から見た満面の笑みの写真があったりする。
 そもそも、棟方志功は自画像をたくさん作って(描いて)いるし、自伝のような書籍も複数出版している。
 「自分」にももの凄く率直なというか、真っ直ぐな興味を持っていた人なんだろうなと思う。アピール好きなのかどうかまでは分からない。全くないということはあり得ないけれど、さて、どうなんだろう。

 珍しく1時間半近くかけて楽しんだ。

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »