2021.05.05

「世界はもっと!ほしいモノにあふれてる ~バイヤーが教える極上の旅~ 2」を読む

 2021年5月、少し前に購入した「世界はもっと!ほしいモノにあふれてる ~バイヤーが教える極上の旅~ 2」を読んだ。
 NHK総合で毎週木曜日の22時30分から放映されている世界は欲しいモノにあふれてるの制作班が監修している書籍である。

 最近は番組を見ることはほとんどなく、この本で取り上げられている6人のバイヤーさん、六つの旅のうち、見覚えのある旅は一つもなかった。当たり前である。

 イギリスで郷土菓子を探したり、パリとベツレヘムでヴィンテージの牡丹を探したり。
 フィンランドの北欧食器は新しくオリジナル商品を作ったり、己で仕上げるべく宝石のルースを捜し回ったり。
 「コスパのいい」ワインを探して(結構たくさん)飲んだり、「人生を変える」メガネを提供すべく日本人にもあうメガネを探しまくったり。

 旅するときにはテーマを決めるとより楽しい面白い旅ができるという。
 バイヤーさん達の旅は究極のテーマ旅だ。
 それぞれ、買い付け以外の話はほとんど出てこない。
 メガネの回の小川氏が、「この店がなくなったらパリには来ないかも」くらいに言うカフェでタルトタタンを食べたのが、もしかして唯一の「買い付け以外」のエピソードなんじゃないかという気がするくらいだ。

 紙上旅行も楽しい。
 しかし、こういうその場の空気を強烈に発散している旅本を読み写真を眺め、益々、海外旅行に行きたくなった。

| | コメント (0)

2021.05.01

「ニッポン47都道府県正直観光案内」を読む

 2021年5月、宮田珠己著「ニッポン47都道府県正直観光案内」を読んだ。
 タイトルは観光案内だけれど、アクセス等々の紹介を放棄しているところからして「案内」ではない。
 著者が日本全国行ったり行かなかったり行っていなかったりする観光地を都道府県別に紹介している本である。

 宮田氏の著作なので、ご本人は「王道を狙って書いた」的なことをまえがきで主張しているものの、読んでみればかなり「個人的」かつ「マニアック」な基準に則って選別されているように見える。
 極く希に自分も行ったことのある観光地が登場すると、若干、複雑な気分になるくらいだ。

 キーワードは「アトラクション」と「奇観」ではなかろうか。

 この本を読んで「ぜひ**県の**を見に行ってみよう」とはなかなか思わない。
 そこを狙っているのではないと思う。

 旅先で「予定のスケジュールを全てこなしてしまったけれども時間がまだある」というときに思い出せると、自分からは決して出かけなかったような場所で趣深い(?)体験ができそうである。
 あるいは、私の一生の野望の一つが「47都道府県全てに泊まりがけの旅行に行く」ことなので、その野望達成に近づいた暁に貴重なヒントが得られるかも知れないと思った。

| | コメント (0)

2021.03.07

「京都深掘りさんぽ」を読む

 2021年3月、グレゴリ青山著「京都深掘りさんぽ」を読んだ。
 2017年に出版され、2020年秋に文庫化された際に情報がアップデートされているようだ。

 京都市出身亀山市在住のグレゴリ青山が「京都に詳しい」大学教授やベラルーシ人写真家や伝統工芸のライターや京町家の自宅をイベントスペースとして活用しようという女性ら「京都に詳しい」方々に、一歩踏み込んだ京都を案内してもらった記録のエッセイ漫画である。

 京都は好きだし行けば楽しいしいつか京都一周トレイルを歩ききるのが人生の目標の一つではあるものの、全く以て詳しくないので、読んでいて「こんなところもあるんだねー」という感じで楽しかった。
 東寺に歯の神様がいるなんて知らなかったよとか、みやこめっせってちょっと行ってみたいとか、鳥岩楼で親子丼が食べてみたいとか、京都駅周辺って意外と焼き物のお店が少なかったんだよね等々、「次に行くときにはぜひ」という情報もたくさんあった。

 楽しくふらふらと国内旅行できるようになる日を待ち望みつつ、予習に励もうと思う。

| | コメント (0)

2021.02.23

「世界はもっと!ほしいモノにあふれてる ~バイヤーが教える極上の旅~」を読む

 2021年2月、少し前に購入した「世界はもっと!ほしいモノにあふれてる ~バイヤーが教える極上の旅~」を読んだ。
 NHK総合で毎週木曜日に22時30分から放映されている世界は欲しいモノにあふれてるの制作班が監修している書籍である。

 ここに書くまでずっと「世界は欲しいモノ”で”あふれてる」だと思っていた。
 この一文字の差は結構大きいと思う。

 番組で拝見した記憶があったのは、ローカルチョコレートを求め歩く木野内さんという方の回で、他の四方は書籍で初めてお目にかかった。

 旅の本というよりは、バイヤーという仕事の本、という感じだ。
 しかし、「**を探し求める旅」というのは究極のテーマ旅でもある。
 ストイック過ぎて、あるいは情熱的過ぎて、とてもとても真似をしようとか参考にしようとか思うことはない。
 その分、自分が決して経験しそうにない旅を追体験できるのは嬉しい。

 バイヤーさんの旅は、「買い付けをする旅」というよりは「人と会う旅」なんだなと改めて思った。

| | コメント (0)

2021.02.13

「サンティアゴ巡礼の道」を読む

 2021年2月、檀ふみ(女優)、池田宗弘(彫刻家)、五十嵐見鳥(西洋美術史家)の三人が、それぞれの視点からサンティアゴ巡礼の道を語った本である。

 檀ふみは、テレビ番組の企画で「星の巡礼」を書いたパウロ・コエーリョ氏とともに、サンティアゴ・デ・コンポステーラから巡礼の道を逆に辿った際のあれこれをエッセイに綴っている。

 他のお二人の職業からしても分かるとおり、この本の主眼は「歩く」ところにもないし「巡礼路」自体にもない。
 サンティアゴ巡礼の道沿いにある、数々のロマネスク美術・建築の逸品たちを紹介するところにあると思う。
 巡礼の道だから、そこに宗教色が色濃く出るのは当然のことながら、やはり感心の中心は「美術」「造形」というところにあるように読める。
 写真も、道中の景色等々よりは、教会などの建築物に力を入れているように感じられる。

 そうと最初から割り切って読むと、「サンティアゴ巡礼の道」のある一つの楽しみ方、視点の持ち方という意味で参考になり楽しめる本だと思う。
 色々な人が色々な楽しみ方をする。それを受け止めて有り余る大きさが巡礼の道にはある。それでいいじゃないかと思う。

 歩く参考になるかと言われると多分ならないのだけれど、歩いている途中、この本で取り上げられていた教会等々にふと立ち寄ってこの本の写真や記述を思い出せたら、それは豊かな時間になるのじゃないかと思った。

 とりあえず、買ったまま読んでいない「星の巡礼」を読んでみようと思う。

| | コメント (0)

2020.12.29

「ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山」を読む

 2020年12月、「ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山」を読んだ。
 なかなか国内旅行もままならない昨今、「日本の温泉を楽しむ」テーマの本に手が伸びる。
 こちらは、「温泉」に加え、一人で飲むお酒(というよりもお酒も飲みつつ食べるごはん)と、一人での山登りについても書かれている。

 それを「女」一人でやるところがポイントだ。
 とはいえ、ここまで肩肘張らなくても大丈夫なのでは? とも思う。
 そこは、著者とこちらの年齢差故だろう。

 こちらも年齢差故だと思いつつ、語尾が「〜のです」「〜ですよね」であることが多いところが若干気になった。
 そこは「〜です」でもいいのでは? とか、そこで同意を求められてもなぁ、とか、揚げ足取りみたいで申し訳ないと思いつつ、気になると内容に集中できなくなってしまい、残念である。

 何だかんだ言いつつ、具体的なお店や温泉や山の話も出てきており、楽しく読んだ。
 著者のブログも拝見し、さらにお店や温泉の詳細を知りたければ著者のブログを見れば良いということね、と納得した。

 早く「実践」したいなぁと思いながら再読している。

| | コメント (0)

2020.12.20

宿をキャンセルする(山中温泉)

 2021年最初の三連休に母と山中温泉旅行をする計画を立てていた。

 2020年11月下旬に宿の予約を入れたものの、その頃から新型コロナウイルス感染症の陽性者数がじわじわとと言うよりはもっと大きく増えてきて、母は「やっぱり止めよう」「行けないよ」と言い出していた。
 私の方は「直前まで様子を見ようよ」と言っていたところ、12月14日、GOTOトラベルの全国一斉停止が決定された。

 GOTOトラベルが使えないだけで、旅行や県境を越えることが禁止されたり自粛要請されたりしている訳ではない(と理解しているがどうなんだろう)ものの、こうなると「旅行に行っても心から楽しむことはできない」だろうことは想像がつく。

 17日、宿の予約をお願いしていた旅行社さんから、GOTOトラベルが停止されたため、GOTOトラベル分の金額を追加で入金するか、全体をキャンセルするかどちらにしますかという電話が入った。
 申込みをした支店自体は定休日であるにも関わらず、どうやら予約者全員に電話をかけて連絡を取っているらしい。

 申し訳ないことながら、キャンセルをお願いした。

 母も「温泉に行きたい」とは言っている。
 また近いうちに心おきなく旅行出来る日が来るよう願っている。

| | コメント (0)

2020.12.12

次の旅計画(海外編 覚え書き その5)を考える

 2020年は、3年振りに海外脱出ができなかった。
 2019年末から2020年始にかけてカンボジアに行っているけれど、気分としては「2020年は海外脱出できなかった」という感じだ。

 新型コロナウイルス感染症が終息し、気軽に海外旅行に出かけられる日が来るよう願いを込めて、久しぶりに「今行きたいところ、やってみたいことの覚え書き」の海外編を更新した。

 今現在の、私の行ってみたいところ海外編(順不同)。そしてその後の状況である。

その1(2007.7)より
・ヨルダン(ペトラ遺跡に行って、死海に浮かぶ)
  ->2010年9月に達成
・グアテマラ(できればティカル遺跡のピラミッドに上ってみたい。)
  ->2012年12月、マヤ暦が切り替わるその日にティカル遺跡に行けた
・シルクロード(中国も、中央アジアも)
  ->2011年9月、ウズベキスタンもSILK ROADの一部だ
・カナダ(星野道夫ファンではないけれど、クィーンシャーロット島へ)
  ->2013年6月、念願のクィーンシャーロット島に行って来た
・オーロラ(カナダでも、アラスカでも、北欧でも)
  ->2012年3月、イエローナイフでオーロラを見た!
・ニュージーランド(トレッキングする体力があるかどうかが問題)
  ->2018年1月、世界で一番美しい散歩道 「ミルフォード・トラック」を3泊4日で歩いて来た
・カンボジア(アンコールワットが崩れないうちに)
  ->2019年末から2000年始にかけてアンコール遺跡に行って来た
・チュニジア(モロッコよりも何故か郷愁を誘われる)
・チベット(青蔵鉄道に乗ってみたい)
・台湾(新装なった故宮博物院へ)
  ->2013年10月、職場の友人と台湾旅行
・エジプト(ナイル川クルーズでゆったりと)
  ->2007年から2008年にかけての年末年始にエジプト旅行を決行
   ただし、ナイル川クルーズはしなかったので、達成できたかどうかは微妙
・ベネズエラ(エンジェル・フォール!)
  ->2009年8月に決行

その2(2009.9)より
・南アフリカ共和国(本家のオリエント急行は廃止が決定してしまった)
・ハワイ島(キラウエア火山とか、すばる望遠鏡とか)
・アラブ首長国連邦(30年前とどう変わっただろう)
・スペイン(サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩いてみたい)

その3(2015.5)より
・ウユニ塩湖
・フェルメールの絵を見に世界各地の美術館へ

その4(2017.12)より
・オーストラリア(THE GHANに乗って大陸縦断)
・アラスカ(デナリ国立公園の最奥に泊まってマッキンリー山を見る)

その5(2020.12現在)
・香港(香港トレイルを歩く)
・ネパール(ヒマラヤ展望を楽しみながら軽めのトレッキング)
・ベリーズ(ブルーホールとマヤ遺跡とATM洞窟)
・オマーン(赤い砂漠とキャニオニングとオアシスでのハイキング

 また、思いついたら(思い出したら)追加しようと思う。

| | コメント (0)

2020.12.10

行き帰りの足を確保しそこねる(山中温泉)

 2020年12月9日と10日にえきねっとで事前申し込みをしていた往復の新幹線のチケットについて結果メールが入った。

 往復とも、「満席のため、ご用意できませんでした」という結果だった。
 自分もその一人ではあるけれど、年明けに新幹線で移動しようという人がこれほど多いのかと驚いた。

 えきねっとにログインしてみたところ、前後の新幹線も含めれば10%割引の分には若干の残があるようだった。残というよりはキャンセル分なのかも知れない。

 確認してみたら、東京ー金沢間には新幹線回数券の設定がないようだ。
 だとすると、金券ショップでも販売されていない可能性が高い。
 このところ、新型コロナウイルス感染症の陽性者数が増えていて、母は旅行に行く気分でもなくなってきている模様だ。
 旅行自体のキャンセルもありそうだし、割引率の高い分までキャンセルが出ないものか、しばらく様子を見てみようと思う。

| | コメント (0)

2020.12.06

行き帰りの足の予約申込みをする(山中温泉)

 母と年明けに温泉に行こうという話になり、2020年11月下旬に宿を予約した。
 そのとき、母に「飛行機でも行けるよ?」と聞いてみたところ、「飛行機は面倒臭い。電車が良い。」という回答だった。

 それならばと新幹線のチケットを取るべく久々にえきねっとを見てみたところ、50%と破格の割引のチケットがあったり、トクだ値で購入するチケットはeチケットのみになっていたり、色々と変化があったらしい。
 50%割引と言われれば、「eチケットって何よ? 面倒臭い!」というココロも引っ込もうというものである。

 行きと帰り、それぞれ1ヵ月前の平日10時に申し込むことはなかなか難しいので、今日のうちに予約申込みを入れた。
 概ね帰りの電車はその場で決めることが多いので、最初から決まっているのはちょっと厳しいものの、予約変更も可能だし、母と二人だし、何とかなるだろう。

 準備を進めつつ、新型コロナウイルス感染症が落ち着いて、旅行できる状況になることを願っているところである。

| | コメント (0)

«大府平温泉旅行記の入口を作る